FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
第2回アートライティング教育研究会 参加
2007年03月14日 (水) | 編集 |
abs_P1010033.jpg
3月11日に 筑波大学総合交流会館マルチメディアルームで行われた 【第2回アートライティング教育研究会】 に参加して参りました!
当日 薦田先生の都合が悪くなり 急遽 主人と参加することになりました。
つくばセンターまで車で行き 駐車場に止めて 筑波大学まで約10分間バスに乗り(大人190円)会館に着きました。
夫婦でこのような研究会に参加するのは 初めてです!!
《学ぼう!》 と意気込んだ私の気持ちより・・・ 
アートの話で主人が退屈な時間になって付き合わせただけにならないか・・・内心 心配でした・・・

アートライティングとは・・・
作品を通して 自分が見たり 聞いたり 感じたしたことを 言葉のメッセージにして わかりやすく人々の心に伝えること。


研究会の内容は 文部科学省教育課程調査官の奥村高明先生が子供たちの学ぶ姿とアートライティングの可能性を現状の教育現場をベースに講演して下さいました。
奥村高明先生のお話は 学ぶことが多く 納得しながら 一つひとつを素直に聞き入っておりました。
奥村先生は 実に お話が上手く 的確にこちらに入ってきます。
現場で子供たちに接する自分にとって 子供が感じるピュアな気持ちを見落とさないよう 心がけたいと思いました!

アートライティング教育を実践されている高校の先生方と生徒達による取り組みの報告も 生の声で アートライティングが与えるプラス効果を感じることが出来ました!
実に どの先生も 自分の生徒を愛し 仕事の域を超えて 子供たちに接しておられる・・・
伝えることが ご苦労あっての 喜びを体験されていると感じました!

私達が指導している子供たちにもこのアートライティングを実践したい!!
作品を制作するだけではなく 自分の心と人の心を結ぶメッセージを書いて 作品への想いをもっと 前に出していきたい・・・

ART → HEART → WRITE 

『 アートって 書けるんだ。 』 

講演終えて アートには 関わりを持たない主人ですが・・・
アートとしてではなく 人と関わる主人の生活にも活かす所は たくさんあったようでした・・・

もちろん今回は 第2回アートライター大賞の募集告知もありました!
高校生の応募に限りますが・・・

アートライター大賞HPはありますが こちらにアップできませんでした・・・
ご覧になりたい方は・・・【アートライター大賞】で検索して下さいね。 

                           ☆HITOMI☆