FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
自由アート教室卒業生から嬉しい報告が!
2010年08月16日 (月) | 編集 |
先日、一本の電話が・・・
自由アート教室を数年前に卒業したY・香哉くんのお母様からでした

香哉くんは今春現役で多摩美術大学に合格した大学1年生
今年度の多摩美術大学の入試ガイドのパンフレットに香哉くんの作品が昨年度の実技問題の参考作品として掲載されたという嬉しい報告をいただきました

私もさっそくパンフレットを取り寄せてみました
久しぶりに美術大学のパンフレットを手に取り、今はどんな実技問題が出題されているのか興味深くみました
鉛筆デッサンや色彩構成、立体造形など受験する学部学科により様々ですが、掲載されている作品はどれも学生のパワーを感じることができました
入試では自分の感性をどのように表現するか、限られた時間内に仕上げることが絶対条件なので受験生の必死さが伝わってきます
日頃接している児童画とはまた違いますが、芸術家のタマゴたちはいつの時代も情熱を持って制作しているんだな~と自分の受験時代を懐かしく思いました

それでは香哉くんが臨んだ実技問題と作品をご覧下さい

多摩美術大学 
美術学部 情報デザイン学科 情報芸術コース

2010年度 入学試験
●視覚表現(5時間)【54cm 角 イラストボード】

人間のゲノム(全遺伝情報)は約30億の塩基の対からなる。
「30億」という数の大きさを与えられた用紙に視覚的に表現しなさい。

IMG_5583.jpg

『数多い作品の中で、まず大胆な色彩が目に飛び込んでくる。目を近づけると非常に細かい描きこみに驚かされ、その抽象的な世界と具体的な人間の姿との関係について考えさせられる。
印象に残る力強い作品になった。』
*パンフレットに掲載されている≪評価のポイント≫を抜粋


香哉くん、素晴らしい評価をいただきましたね
改めておめでとう
小学生の頃から香哉くんだけの独特の世界を表現していましたよね
大学では、貪欲に様々なことを学んでください
将来どんなアーティストになるかとっても楽しみです

自由アート教室卒業生の成長を陰ながら応援してます
また、報告待ってます

                    ☆MIWA☆