FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
沼津御用邸公園・沼津魚河岸【しぶき】バイキング・箱根あじさい電車日帰り旅行
2010年07月12日 (月) | 編集 |
前回の日帰りバス旅行プランと一緒に申し込んでおいた もう一つの日帰りバス旅行に 先週の日曜日 夫と出掛けて参りました

プラン名は【ズワイガニ・ホタテ・マグロ豪華三大食材食べ放題!「沼津魚河岸しぶき」の60種以上バイキングと箱根あじさい電車】です

春日部駅に7時40分に出発して 首都高・東名道でまず最初に【沼津御用邸公園】へ

大正天皇のご静養のために 造営された駿河湾に面した庭園を見ました
御用邸廃止後の昭和45年から 一般公開されています

中は カメラ撮影可能でしたので 色々撮ってきました

入ってすぐ 昭和天皇が学習院初等科時代に お乗りになっていた自転車が複製されていました
DSCF7535.jpg

≪調理室≫・・・ 皇族の食事を作っていた部屋で 今でも当時のままの流し台やかまど 換気と採光のための天窓などが残っています
火を使う調理室なので 火事を避けるため 床が土間仕様になっています
DSCF7537.jpg

≪御座所≫・・・ いわゆるリビングです  畳敷きに 西洋家具が配置されています
DSCF7542.jpg

≪御寝室≫・・・ 寝室には 蚊帳吊り金具などがあり 生活が見えてきます
DSCF7544.jpg

≪御玉突所≫・・・ 西附属邸では最も新しく増築されたビリヤード室
こちらでは 唯一の洋館 
玉突き台や付属品は 当時のまま復元されている
DSCF7546.jpg

女官室では 籐の作品展が披露されていました
DSCF7548.jpg

一回りりして玄関に戻ってくると・・・ボランティアの観光カイドの人が 数名いらっしゃいました

他の観光客の方々は・・・暑さに疲れて 売店のある休憩場所に流れていきましたが・・・
私は 夫に『ガイドお願いしようよ~』と誘ってみました
もちろん庭園を巡る予定では あったのですが・・・
わからないまま巡るより ポイントや雑学を知りたい私・・・
『いいよ!』と夫から返事が返ってきたので ガイドをお願いすることにしました
ガイド役は 辻さんというとっても気さくで 熱心な方です
DSCF7571.jpg

ここからは 観光ボランティアガイドの辻さんに同行して参ります

御用邸の西庭は 白砂青松の素晴らしい景観を いかしたものになっています
潮の影響で 松林が斜めに傾斜するぐらい 自然の力の強さを感じます
DSCF7560.jpg

普通 御用邸には 庭に池があるようですが・・・こちらには 池がありません
『何故だか わかりますか?』とガイドの辻さん

私も夫もわかりません

『それはですね・・・! 御用邸の前に大きく広がる駿河湾の景色そのものまでも 庭づくりに取り込んだスケールの大きいものなのです! だから 庭に池がなかったんです!』

『ほぉ~ なるほど~ スケールが大きいですね!!!』
DSCF7568.jpg

昼食前に 沼津港周辺にたくさんある 海の幸のお店で 買い物をしました
各種いろいろな干物が 新鮮な姿で誘います
金目鯛の立派さに惹かれ 店員さんに声を掛けました
とっても大きく脂がのって・・・
お味は 最高~ でした
DSCF7577.jpg

さぁ~ 待ちに待った昼食です
【魚河岸しぶき】さんで塩ゆでズワイガニ・殻付きホタテ・本場沼津水揚げマグロを含む 海の幸などを網焼きで戴きます
その他握り寿司や各種どんぶり新鮮野菜などが 90分食べ放題
このお店は テレビにも かなり出ており 芸能人の色紙がたくさん飾ってありましたね
とっても美味しく戴きました
鯵の干物を 網焼きしましたが 身がプリプリで最高でした
DSCF7581.jpg

お腹がいっぱいになって 眠くなってしまう時間・・・
バスで 強羅駅に向かいます

添乗員のTさんが 移動時間を利用して 素敵なハーモニカを披露してくださいました
ご年配の男性の添乗員さんですが このような素敵な余興をして下さって ハーモニカの音色で 穏やかな時間が バスの中に流れていました

さぁ~ここ強羅駅より 箱根登山鉄道で急勾配が続く沿線を彩る1万株のあじさいを 車内から鑑賞致します
自由席で42分乗車します
進行方向右側の座席が あじさいの株をたくさん見ることが出来ると 添乗員さんに聞きました
夫が 右側の座席を確保してくれたので とっても間近であじさいのパレードを観ることが出来ましたよ
DSCF7595.jpg

強羅駅より 箱根湯本駅に降りていく間のあじさいは 見所の時期が異なります
高地でもありますので 気候と天候で1ヶ月ぐらい 花の開期にタイムラグがあるんですよ
特に 今年は 強羅駅辺りは まだ開花していない感じでしたね
DSCF7600.jpg

電車から観るあじさいは なんだか情緒があります
あじさいのこんもりとした形が 絵本の中の素敵な風景にマッチして 別世界にいるみたいな感じもします
DSCF7612.jpg

この高貴な紫色を 自然界が作り出したのだと思うと 神秘的だなと感心してしまいます
私は この色のあじさいが一番好きです
DSCF7617.jpg

DSCF7623.jpg

最後のコースは【小田原鈴廣】でお買い物です
こちらは 蒲鉾が有名なお店ですが・・・ 店内は スィーツや雑貨もあり 店内ですぐ食べれる熱々の蒲鉾も販売されていました
試食をして美味しかったので 蒲鉾のセットを購入しました
DSCF7629.jpg

すべての行程を終えて・・・ 埼玉県へ帰ります

小田原厚木道・東名高速・首都高を通って帰路に向かいました

途中2つの事故渋滞があり 到着が予定より 1時間30分遅れましたが 無事に帰って参りました
当たり前かもしれませんが ドライバーさんが 安全運転を心掛けてくれたこと感謝致します
また 添乗員さんが 一生懸命説明して下さったり 演出にも工夫して下さったこと ありがとうございました
今回のバス旅行も 楽しい旅になりました
まだまだ近場であっても 見たこと行ったことがないところが たくさんあるんだなぁと感じています
またいつか 時間が取れれば 出掛けたいと思います
楽しい日帰りバス旅行でした

☆HITOMI☆