FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
日帰りバス旅行【江戸時代の宿場町・新緑の大内宿散策と福島さくらんぼ狩り】
2010年06月16日 (水) | 編集 |
先日 夫と2人で初めて 日帰りバス旅行に 行ってきました

それぞれ忙しい毎日を送っていますので
たまには いろんなものを見たり 体験したりするのも大切だと思い 思いきって 早めに予約を入れていました

日帰りバス旅行だと 車の運転で疲れることもないし 予定がしっかり決まっていて みどころがピックアップされているのでその中で楽しめる

ここが 決め手でしたね

今回は 読売旅行のプランより 【江戸時代の宿場町・新緑の大内宿散策と福島さくらんぼ狩り】を選びました

朝8時に 南越谷を出発し 東北道で郡山へ向かいました
日曜日ということもあり 添乗員さん含めて45席すべて埋まるという 人気ぶりでした
ご年配のご婦人のお友達同士・20歳代のお友達同士・外国人のお友達同士・私達のような子どもたちが手を離れた40代~50代のご夫婦など 様々な方々がご参加されていました

途中 トイレ休憩を入れ 時間通りに郡山ドライブインに着き ちょっと早い昼食です

【せいろ栗入り古代米と三春町の郷土料理として知られる油揚げの《ほうろう焼き》御膳】を戴きました

一見 お赤飯と見間違う古代米のせいろも 食べやすく優しい甘味があるお味でした
ほうろう焼きは 厚揚げの中に刻みねぎが入っており 一人ずつ焼きながら食べるので香ばしくて美味しかったです

ここのドライブインは お土産物を買うことが出来ます
DSCF7278.jpg

次は・・・
磐越道で会津さくらんぼ農園【がぶりガーデン】に向かいます
ここでは さくらんぼ狩り 園内30分食べ放題を体験します
しかし バスの中でお詫びのお話・・・

今年は 豊作なのですが
まだ収穫するには あと一日足りないとのこと
今年の天候が 影響したようですね

さくらんぼは 皿盛りで食べ放題に変更
そして 急遽一人800円の《紅さやか》のお土産さくらんぼを戴きました
DSCF7298.jpg

しかし 到着したら・・・さくらんぼの収穫体験が 出来ることになりました
夫は 脚立に登って 太陽の光を出来るだけ浴びたさくらんぼを 採ってくれました
さくらんぼの色は・・・ あともう少しですが お味は 甘くて美味しかったですよ
DSCF7289.jpg

さくらんぼが たくさん実る光景って やはりかわいいですね
DSCF7291.jpg

さぁ~ 次は・・・
このバスツアーのメインである【茅葺き屋根の家屋が並ぶ・江戸時代の宿場町を散策!90分散策】です
これが楽しみだったんです

1981年(昭和56年)4月18日に 重要伝統的建造物群保存地区に選定された宿場町です
宿場町としては 長野県の妻籠宿・奈良井宿に次いで 全国で3番目だそうです
まずは バスを降りて 一番奥にある展望地に向かいます
まずは この宿場町を上から見て 町並みの散策と致しましょう

上から見ると・・・
なんだかミニチュアの世界を見ているかのようです
タイムスリップしてしまうかのような 茅葺き屋根の美しい並びに 感動です
DSCF7322.jpg

現代人が楽しく馴染む 町並みは やはり観光地化されていますが・・・
今も標高650メートルの山村で 生活されているんですから 大切な保存地ですね
DSCF7317.jpg

建ち並ぶ情緒ある店先に 美味しい誘惑がたくさん

じゅうねんみその焼きだんごは 甘いお味噌が 焼かれて香ばしい
DSCF7312.jpg

通りは 塗装のない砂利道 
路傍を流れる用水路の水は とってもきれいで冷たいので 飲み物などが冷やされているんです
元祖 エコ冷蔵ですね
ラムネ 飲みましたよ
情緒ある風情の中で飲むと・・・すっごく美味しいね
DSCF7336.jpg

店先では・・・ 素敵な花達がお出迎えしてくれます
DSCF7345.jpg

お煎餅を食べながら 歩こうと
お店のおじさんに お願いして パチリ
DSCF7333.jpg

このお煎餅は かなり大きいです
なので・・・一枚だけ買いました
炙ったお煎餅は これまた香ばしい
DSCF7335.jpg

水路には 何気ない涼しい演出もあり 水の音にも癒されます
DSCF7308.jpg

コデマリが 満開です
小さな花が 一まとまりに咲く姿がかわいくて パチリ

関東内陸部より1ヶ月ぐらい 咲くのが遅いのは やはり高地と気候が関係しているんですね
DSCF7346.jpg

大内宿には・・・変わった蕎麦がある

この蕎麦 箸の代わりに 細めのネギ一本で食べるもの
つまり ネギが箸代わり 
蕎麦をたぐり 蕎麦を食べつつ ネギをかじるという食べ方らしい

蕎麦は 地粉の手打ちで 上には大根おろしと鰹節

食べたかったけど・・・いろんな食べ歩きをしようということになり こちらは・・・店頭の看板でイメージのみ
DSCF7344.jpg

艶やかなピンクが 町並みに目立ちます
DSCF7318.jpg

茅葺き屋根の軒の裏は こんな感じになっています

通気性と断熱性に優れているみたいですが・・・
火事になった時を想像すると ちょっと怖いなぁって
DSCF7332.jpg

町並み展示館で 宿のイメージを見学しました
もちろん 今もこの地で お店を営みながら生活されているので 宿の雰囲気がわかります
この展示館は 大名の宿舎となる本陣で 防備の工夫もされていたようです
DSCF7342.jpg

すべての行程を終え 帰路へ
帰りは 甲子トンネルを通って 東北道で帰ります
途中 2回のパーキングエリアで トイレ休憩を取り びっくりするぐらいの予定時間ぴったりの7時50分に南越谷に着きました

バスガイドさんは 付かないツアーですが ベテラン添乗員Tさんのガイドは ポイントをついた楽しいガイドで 旅慣れたご婦人たちも絶賛でした

仕事とはいえ 遠方のドライブを安全運転してくださったベテランドライバーさんにも感謝です

お陰で 初めて夫婦で出掛けた 日帰りバス旅行は とっても楽しかったです

これからも時間が取れれば まだ行ったことない素敵な場所がたくさんあるので 日帰りで出掛けていきたいと思います

☆HITOMI☆