FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
個性ある本選び
2007年01月17日 (水) | 編集 |
as_P1010005.jpg
1月・2月のカリキュラムは読書感想画です!
取り組みを開始しているクラスは お正月モードから抜け出し 個性ある作品作りにかかっています!

作品展後のプリントで告知していましたので お気に入りの本を選び 
描きたい場面を選んで来室してくれています。

自分の描きたい本を選ぶ時から 製作が開始している事を気がついているでしょうか??
でも 実に個性ある本選びをしてくれています 

有名な童話が圧倒的に多いかな?と予想していましたが・・・子供達は様々な本を読んでいる!と感じました 
学校の取り組みで 朝の読書時間を体験している子供達は 物語的な児童書や小説にも触れ 年齢より少し上の内容にも挑戦している子もいました 

私が知らない内容の本もありますので 子供達一人ひとりから 自分の描きたい場面の内容を話してもらっています!
自分の描きたい場面を口に出して説明するのも 大切な製作過程 
どの子も 一生懸命説明してくれています!!

小学2年生のHちゃんが持ってきた本を見ると 漢字に鉛筆でふりがなが書いてあり 尋ねるとお母さんが書いてくれたとの事。 
お母さんに尋ねると 「どうしても読みたいって 言うので・・・三冊ふりがな書きました~」  
すごい 

そして こんなお話もありました!
小学1年生のMちゃんは個性的な発想の持ち主です。
このMちゃんのお気に入りの本は 学校で推薦図書になっている人気の本! 
しかし ふりがながなく 一人で読めない・・・
借りてきてお母さんが読んであげていると・・・
これもすばらしい 

児童図書には すべてふりがな書いてあれば もっと 子供達の読書意欲は深まるかも!
でも そうやって お母さんが関わっておられるのを聞かせて頂くと 素敵だな~  と感じてしまいます。
                           ☆HITOMI☆