FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
恩師を目標に・・・
2007年01月07日 (日) | 編集 |

『貴女のように打ち込める事がある人は 幸せです。私も負けずにがんばります。』

この一文を添えて年賀状を送ってくれたのは 私の小学校5年生の担任齋藤先生です。
《えっ?!小学5年生って何十年前?》
聞こえてきます!  そんな疑問!  考えるのも恐いんですが・・・  本当にそうなんです!
実は・・・ずっと 何十年も年賀状のやり取りをさせて頂いていた訳ではなく 約2年前に あるきっかけがありました 

それは・・・恩師である齋藤先生は 当時からとても熱い気持ちと行動力で私達に接してくれていました。
勉強も遊びも クラス全員が力を発揮できる環境があり その環境は子供達が協力して作るよういつも導いてくれました!
クラス全員に毎日 日記を書かせ それを読んで 先生がコメントをくれる。ちょっとしたコメントでも嬉しくて 気取らず 書いたことを思い出します。
そして 何でも 怖がらずチャレンジして 必ず 乗り越えた喜びを実感させる!それは 自分だけの力ではなく 周りの友達が支えてくれたことも 気付かせる!クラス全体が友達と関わる!
これは 齋藤先生の技だと思います。
だから今でも 大切に覚えているんだと思います。

その頃に 学んだ 友達の大切さ・楽しく取り組む事の素晴らしさ・協力して成し得た物のあったかさ すべて 今生きるベースになっています
そのベースがあったから 今 こうして自由アート教室をやっていける!!
この事を恩師である齋藤先生に伝えたい 

ここから 齋藤先生探しを始めました。
きっとまだ 教師をやって頑張ってくれていると思い 当時の管轄の教育委員会に電話をし 先生の名前・学校名・どうして 探しているかを丁寧に話しました。
そうすると 対応して下さった方が  「見つかるよう頑張りますね!待っていて下さいね。」とおしゃって下さいました 
それから約3時間後・・・電話のベルが鳴りました!!

『お~ たっちゃんか~!』(当時みんなから呼ばれていた呼び名)
『あ~ 齋藤先生!!』
すごく嬉しかった   すぐ 小学5年生に戻っていました・・・
知らせを聞いた齋藤先生が お昼休みに携帯電話でかけて来てくれました。
本当に 嬉しかったです  
今の自分を知らせることが出来た・・・ 
先生は 今も教育に携わっていた・・・
そして 突然のお願いに 一生懸命に探して下さった教育委員会の皆様・・・大変感謝致します 

後日 先生から素敵なプレゼントが届きました!
今現在は 先生達の教育をされている齋藤先生。
30年小学校の担任をした齋藤先生が出版された 『元担任のよもやま話』という本を戴きました。  <文芸社発行>
そこには 先生の足跡があり どんな困難も乗り越えてきたパワーがここにもありました  
読ませて頂いて 改めて 齋藤先生に教わった誇りを感じました 

こんないきさつがあり 今 小学校5年生の担任の先生から年賀状を戴いております。

子供達に接する仕事をしてる 今 
何を教え 何を伝えていかなくてはいけないのか 
新年にあたり もう一度 考えてみたいと思います!

私が体験して 自信を持って言える事は・・・・・
人に関わって生きること!  人のあたっかさを知ること!
これは きっと小学校時代に学んだことなんだと思います・・・ 

                           ☆HITOMI☆