FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
平成20年度 子供の作品紹介 【45】
2008年09月17日 (水) | 編集 |
【ペットセラピー】 ●心を素敵にチェンジ!● 【3】

ペット飼育によって 人間に良い効果が出ていることをご存知でしょうか?
今 大変注目されている【ペットセラピー】・・・
いろんな研究結果のもと 立証されていますが 動物に触れ合うことで人間はどんな変化があるのでしょうか?
≪ペットが人間の心を癒し 人間の健康増進にも深く関わっているのではないだろうか?≫という疑問を科学的に研究・検証されています。

★ストレスを感じている人やうつ症状の孤独感を感じている人を癒してくれる。
(ペットと触れ合うことで 投与される向精神薬が減少するケースがある)

★体を撫でると 血圧が低下する。

★体を撫でると 脳派にアルファ波が多く出現する。

★ペットを飼うことで 自信がつき人間関係が円滑になる。

★循環器を患っている患者の退院後は ペットを飼っている人の方が 生存率が高かった。

★幼児の情緒発達を促進してくれる。
(日本動物病院福祉協会が中心になり ボランティアの方々が保育園にもを訪問している)

★老人ホームのお年寄りの心理状態をよくしてくれる。
(日本動物病院福祉協会が中心になり ボランティアの方々が犬や猫を連れて訪問しています)
(動物と過ごすと・・・副交感神経活性値が高く 交感神経活性値が低くなる)
○副交感神経・・・体を緊張から解きほぐし休息させるように働く神経
○交感神経・・・活動的なときに活躍する神経

★飼い主がペットと散歩・運動することで健康への効果

上記に挙げた研究結果の他にも 今現在更なる研究がなされ 人間と動物との間には 【共存して高め合う】が生まれてきています。
人間だけが与えられているのではなく 動物が人間から受ける愛情で 心地よく生きる事ができる!
どの関係にも 【相乗効果】が生まれてくると・・・ 
幸せは・・・2倍にも3倍にも・・・ もっと拡大して 良いコミュニケーションが生まれてくるのだと思います☆
実際 我が家には・・・ビーグル犬(リュウくん)・亀・金魚がいます☆
モルモット(ジャック)が4年前に老衰で亡くなった時は 家族全員悲しみ泣きました・・・
今は ジャックの意思を受け継いで 現在のペット達と日々楽しく生活しています!!

みなさんも 動物とのコミュニケーションで 心を豊かにしてみませんか?


 ≪第32回 こども絵画コンクール≫ 
テーマ【たいせつにしたいもの】 実際の作品の大きさ・・・八つ切りサイズ

幼稚園年長 Y・鈴ちゃん 【おとうさんとおかあさんとこどものかぞく】
 鈴ちゃんから一言・・・『パンダのおやこが たのしくあそんでいるところをかいたよ!  だいすきなささのまわりをカラフルにぬったよ! 絵の具の金色もつかったよ!』

DSCF2509.jpg


小学2年生 K・日那ちゃん 【おさかないっぱい】
 日那ちゃんから一言・・・『海の中がいつもきれいで魚たちが楽しくおよいでほしいなぁとおもいました! みんなとっても楽しくおよいでいるよ!』

DSCF2538.jpg


小学3年生 O・彩ちゃん 【ハートの中がいっぱい】
  彩ちゃんから一言・・・『ハートの中は 楽しいことがいっぱい! 楽しいから外も ハートがいっぱい! 外のハートは赤い点々でかきました! 見てください!』

DSCF2549.jpg


小学4年生 Y・友梨ちゃん 【大切なのは みんなのいのち】
 友梨ちゃんから一言・・・『みんなには大切ないのちがあります! 大切にしていきたいから 明るい色でぬる工夫をしました!』


小学4年生 M・みいづちゃん 【大切な自然】
 みいづちゃんから一言・・・『おいしい空気を吸うことができる自然を大切にしたいです! 雲や木を立体的にかきました! 見てください!』

DSCF2570.jpg

小学5年生 S・真奈ちゃん 【蜂の巣作り】
 真奈ちゃんから一言・・・『蜂が大切な巣作りをがんばっている所を描きました。 葉っぱの葉脈を細かく描きました。 空はいろんな色で青空を表現しました!』

DSCF2589.jpg

【第32回 こども絵画コンクール】HP
http://www.sumitomolife.co.jp/kodomo/

☆HITOMI☆
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック