FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
平成20年度 子供の作品紹介 【23】
2008年07月22日 (火) | 編集 |
子供たちにとっての・・・待ちに待った夏休みが始まりましたね  
でも 今年の夏は・・・猛暑が予想され 連日暑い日々が続いています 
子供たちに出された宿題も出来るだけ早くに取り掛かり この暑い夏を素敵に過ごしてほしいと思います 
私たち講師にも 毎年この時期に重大な宿題があるんですよ 
それは・・・コンクール作品の出品準備です 
自由アート教室では 新年度の4月から7月まで各種コンクールに取り組み 子供たちらしいキラキラ輝く作品たちが生まれきています 
作品数は・・・かなりのもので  すべての作品の出品準備が終わらないと・・・私たちの夏休みはやってきません・・・
子供たちの気持ちがたっぷり詰まった作品を 私たちがその気持ちを理解し 大切なままコンクール先に届けなければならない責任ある宿題なので 頑張っています   
だから 毎日朝から作業を始めています 
まずは・・・作品の提出チェック  作品の状態チェック  コンクールごとに出品表製作  作品に貼る出品個表製作 <必要事項記入>  写真撮影 <全作品>  写真データをパソコンに入力  すべての項目チェック  各種コンクール先に作品を出品 
今期は 5つのコンクールに出品致します! 
このプロセスをすべて完了して 私たちの夏休みがやってきます~ 
私たちも頑張っていますから 子供たちのみんなも暑い夏を乗り切って頑張っていってね 
子供たちを見守る保護者の皆様も いつもと違う生活のリズムに順応しながら 楽しく乗り切っていきましょう  

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

小学1年生 S・楓ちゃん 【とっても たのしい みっきぃー】
 楓ちゃんから一言・・・『みっきぃーのくちばしをがんばってかきました。 お花をたくさんかきました! 1番がんばったのは みっきぃーの体です!』
楓ちゃんは  小学1年生になり ますます頑張る3人姉妹の真ん中の元気な女の子です 
前期まで お姉ちゃんの葵ちゃんと一緒に来室していましたが 葵ちゃんが専攻科に進級したのをきっかけに 独りで教室に来てくれていますよ 
それが 全然心配する必要ないぐらい  何でも一人で頑張れる自信をしっかりつけてくれています 
カリキュラムの説明も 真剣な眼差しで  聞いてくれています  
だから 作品の取り掛かりが早く その上 楓ちゃんらしく自由な発想で作品作りが出来ているので  出来上がった作品は 楽しんで描いていった足跡が残っているんですよ 
今回の作品は 楓ちゃんがみっきぃーと呼ぶ可愛い鳥が 楽しさを運んできてくれましたよ~
お花をいっぱい描くことによって 画面がとっても華やかになり みっきぃーがより可愛く表現されていますね 
楓ちゃんの作品は 色の組み合わせが いつも新鮮で 自分のアイディアをより引き立たせるテクニックが身に付いているかのように感じる時があります 
知識として学んでいなくても この色とこの色が隣り合わせだと・・・面白いかも を怖がることなく出来る自由さが とっても素敵な成長をさせていると思います 
冒険心を持てなくなったら どんなに上手く描く技術があっても 魅力あるその人らしさが前にでなくなってしまいます・・・
だから 私は 画一的な表現は面白いと思わない 
冒険心いっぱいでダイナミックに表現できる今があるなら・・・ずっとずっと 大人まで持ち続けてほしい・・・
楓ちゃんが持っている素敵な冒険心をこれからも 大切にしていって下さいね 

DSCF2426.jpg

小学2年生 K・日那ちゃん 【虫たちの運動会】
 日那ちゃんから一言・・・『虫たちをいっぱいかきました! お花のところがむずかしかったですが がんばってかきました!』
偶然ですが・・・前に紹介した楓ちゃんと同じく 日那ちゃんも 3人姉妹の女の子です 
日那ちゃんも 面白い魅了的な部分をたくさん持っている女の子なんですよ 
ちょっとマイペースだけれど・・・そのペースを無理に改善してスピードを上げてしまっても 日那ちゃんの魅力は減っていくのかな って思っています 
たまに のんびりムードになっている時は・・・背中をポン!と後押しする声掛けは必要かもしれませんが・・・
日那ちゃんは スピードが出てないときも ちゃんと考えているんですよ  
結構 魅力的なことを・・・
こうだったら・・・みんなが楽しいよな~とか 
こうだったら・・・みんながニコニコするかも~とか 
日那ちゃんのスピードで・・・ みんながワクワクすること 
今回の作品は 虫の世界の運動会を 楽しく描いてくれました 
見逃してはいけないのが・・・画面の右端の象の鼻です 
現実に考えれば 虫と象の大きさは かなり違います 
でも 何故 ここの画面に動物の中で1番大きい象を描いたのかな?って ところに日那ちゃんの魅力があると思うんです・・・
虫の運動会をもっともっと盛り上げるために 大きい象は 心優しい象として登場したんですよね 
日那ちゃんにしかわからない・・・それに そんな意図なんてないからこそ 日那ちゃんの本来持っている大事なものが外に出てくるんですよね 
この象を見たとき 今回もちゃんと自分出してるな  って嬉しくなりました 
これからも 決して自分を誇張しないそんな控えめな 日那ちゃんをずっと応援していきます 

DSCF2427.jpg

小学4年生 K・侑加ちゃん 【みんなと学ぶ時間は 楽しい時間だよ!】
 侑加ちゃんから一言・・・『すべての学校が楽しくなればいいなと思ってかきました!』
今回の地球を思う気持ちのコンクールで学校の授業に視点を持っていったのは 侑加ちゃんただ一人でした  
子供たちが1日の大半の時間を過ごす学校の授業が 地球の大切なところと取り上げられたことを素晴らしいと思います 
地球には 学校がない国だってあります 
みんなと学びたくっても みんなと遊びたくっても そんな時間を取れない子供たちがいるんですよね 
決して 勉強は楽しいばかりじゃないけれど みんなと一緒に学べる ってことは 実は・・・とっても感謝しなくちゃいけないことなんだよね 
侑加ちゃんは 毎日 学校に行って 大切な友達と過ごせる時間が大好きなんだと思います 
そして その時間をとっても大切にしているんだと思います 
そんな侑加ちゃんは 今期から 専攻科に進級し 新しいことにチャレンジして ここでも学ぶ時間を楽しくまた大切にしてくれていますよ 
専攻科のカリキュラムは 難しいこともありますが 学ぶことを楽しんで頑張れる侑加ちゃんは 次々素敵な作品を仕上げていますよ 
今現在も 画材の特性も活かし チャレンジ中です 
以前 ちらっと・・・将来の夢を聞いたことがあります 
その時・・・学校の先生  って言っていましたが 今もその夢に向かって 頑張っているかな 
きっと 【みんなと学ぶ時間は楽しい時間だよ!】と考えられる侑加ちゃんなら きっと素敵な先生になれると思います 
頑張ってね  応援します 

DSCF2428.jpg

小学6年生 A・拓紀くん 【地球を見つめ直そう】
 拓紀くんから一言・・・『陸の部分に木を1本1本描きました! 海には 波を描いて 立体感を出しました!』
拓紀くんは 実に元気な男の子 
真っ黒に焼けた野球少年です 
いつも 拓紀くんが来室しただけでわかる ぐらい 元気に来てくれています 
でも この元気さある意味貴重なこの世の中 
元気に来室してくれると・・・
とっても嬉しいです 
挨拶って とっても大切ですからね 
拓紀くんには お手本になってほしいなぁ~と思っています 
宜しくお願いします  拓紀くんのとってもいいところ 
小学6年生になって 作品に取り組む集中力がぐーーーんと高まってきています 
専攻科カリキュラムの最終を迎えていますので 1作品1作品 仕上げるごとに大切なことも学んでいます 
拓紀くんの元気さがベースになって 作品のアイディアも実に個性豊かです 
今回の作品も 地球の全体を縮小サイズで身近に感じることが出来る 地球儀を起用して 作品を仕上げてくれました 
簡潔に伝えるアイディアとして面白いと思います 
こういうところが 拓紀くんらしさなんです 
ポスターにするとしたら・・・みんなにすぐに伝わるので とってもいい作品です 
色の使い方も 人の目にどーーーんと飛び込んでくるね 
元気いっぱいの拓紀くんらしい作品は 拓紀くんそのものだね 
これからも みんなを元気にする作品作り期待しています 

DSCF2429.jpg


☆HITOMI☆

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック