FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
平成20年度 子供の作品紹介 【21】
2008年07月10日 (木) | 編集 |
7月6日は・・・
自由アート教室の創立記念日でした 
この創立記念日は あまり皆様に知られていませんが・・・
今年は なんと  
10年目を迎えた特別な記念日でした 
色んな想いを込めて スタートを切った自由アート教室が 今もこうしてたくさんの子供達を迎えて 運営出来ていることは・・・
自由アート教室を温かいお気持ちで支えて 応援して下さってる皆様のたくさんのお力があったからだと思い 心から感謝致しております 
いつもありがとうございます 
ちょうど10年前 薦田先生と熱い想いを持って開室し ここまでやってきました・・・
私たちのモットーというものがあり いつもそこだけは 大切に育ててきました・・・ 
<たくさん感動をしていこう! 困難な時も 心は 笑顔でいこう!>
楽しい時の笑顔は 自然と出ますが・・・
自分達にとっての困難は 自分達の成長時だと思い 良いイメージをして 乗り越えよう 
これも10年間で学んだ大切な体験でした 
子供達や保護者の皆様と共に喜ぶ経験もたくさん与えて頂きました 
初心時の熱い想いをいつまでもいつまでも・・・心に刻み 
大切な大切な自由アート教室
をこれからも皆様に愛して頂けるよう 独自のカリキュラムで発展していきたいと思います 
これからも 応援宜しくお願致します  

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

幼稚園年長 O・花羽ちゃん 【おはな だーいすき!!】
 花羽ちゃんから一言・・・『 気に入っているところは おはなをきれいにかけたところところです! 絵の具を使ってかいたのが たのしかったよ!』
花羽ちゃんは 今期入室の女の子です 
体験時に 絵の具を初めて使い 絵の具の面白さを知ったのかもしれません 
意欲も満々で 描くこと・塗ることをとっても楽しんで 取り組んでいますね 
自分が考えたアイディアを描いたり塗ることで 形がはっきりして素敵になっていく・・・
小さい子供でも この体験をしっかり頑張って 達成感を味わっていっているのだと思います 
今回の作品は 自信をたっぷり持って堂々と表現できましたね 
お花が生き生き咲いています 
バックグランドの赤色は・・・
花羽ちゃんの直感のセンスの赤です 
小さい子だからこそ 計算して選んでないから 面白い  
自分で塗りたい色をパレットに出した時の 直感が面白い 
花羽ちゃんは 今 その直感を楽しんで 制作しています 
筆の動きにも 迷いがないのが 素敵だと思います 
今期からスタートして これからたくさんのことを学びながら 進んでいきますので・・・
この原点の作品は ある意味とっても貴重な作品となるはずです 
小さい子の作品には 《今》の大切さが たっぷりあることを気づいてくださいね 
これからの花羽ちゃんの成長も 新たな楽しみとなっていくはずです 
たくさん感動していきたいと思います 

DSCF2380.jpg


小学3年生 S・真優ちゃん 【地球は みんなの宝物】
 真優ちゃんから一言・・・『地球が大すき!というようにかきました!』
真優ちゃんは 描いて表現することを 存分に楽しんでいます 
《楽しい!》が画面から表れてくるモチーフとして 必ず 《人物》を加えて楽しさを表現してくれています 
幼い時から 《人物》を作品に盛り込んで表現してきた子供は・・・
小学校高学年になっても 《人物》の表現を進化させ成長するので 《人物描きの苦手意識》が比較的ないように思います 
画面に動きを出して表現するには 《人物》・《動物》などのモチーフを起用するのが多い 
しかし 《人物》の動きは 《動物》より 難しく考える子供がかなりいます 
変な先入観があるのですが これを予防するには・・・
幼い時から 《人物》を描く事を恐れない環境を作ってほしいと思います 
真優ちゃんは 積極的に《人物》を描いていますので 小学校高学年になった時 今の試みが活きてくるのでは・・・と楽しみにしています 
《人物の動き》の表現は 少しずつ成長しますので 今は チャレンジ出来ることを 褒めてあげたいと思っています 
今回の作品も 地球がみんなの宝物であることを 思いっきり表現したかった真優ちゃんの意気込みが溢れた作品となりましたね 
地球がみんなに守られている!ことが伝わってきますね 
地球をぐるっと1周取り巻く生き物達が 地球大好き!を表しているので・・・ 
《宝物》って感じがしますね 
これからも 真優ちゃんのチャレンジ精神を大切にしていきたいと思います 

DSCF2382.jpg


小学5年生 S・真奈ちゃん 【自然の優しさを伝えていこう!】
 真奈ちゃんから一言・・・『きれいな自然の楽しさをみんなに伝えて 自然をいっぱい楽しみたいと思いました! 』
真奈ちゃんは いつも落ち着いて制作しています 
その落ち着きが 作品にも表れています 
作品を取り組む前に行うカリキュラムの説明も 真剣に聞いてくれています 
小学5年生になりましたので 色の塗り方にも光と影のことを考えて 丁寧に仕上げることに頑張ってくれています 
微妙に色の変化を出すことによって 画面に奥行きが表現できたり 今までと違った作品に仕上がったりしていますね 
真奈ちゃん自身が変化を感じ 次回の作品にも学んだことを実践できる学習能力を見せてくれています 
今回の作品は ハガキを縦型に使って 《大自然の楽しさ》を描いてくれました 
実は・・・私は 青い空と生き生きとした緑の風景を見ていると ホッとして・・・  大好きなんです 
まさしく 真奈ちゃんが描いてくれたこの風景を目の当たりにすると・・・
とっても幸せを感じますね  
どんなに便利で流行の発信地であっても 心が癒されないところは・・・疲れてしまいますね  
車を運転していても・・・大きな空と多くの木々や田んぼが視界に入ってくると・・・
『あ~この風景いいわ~』なんて思っちゃうくらいですから・・・
これが・・・真奈ちゃんが提案する 【自然の楽しさ】なんでしょう 
この作品を眺めているだけでも 癒されました 
真奈ちゃんらしい 優しいアートは 視覚的に 人の心を癒す力があって素敵だなぁ~と思います 

DSCF2384.jpg


中学2年生 T・采也華ちゃん 【Sakura】
 采也華ちゃんから一言・・・『この作品は 《春の妖精》が桜の花を咲かしている所を描いています。 妖精の手から 桜の花を出している表現に頑張りました! いつまでも日本に素敵な季節の《春》が訪れてほしいと願って描きました!』
采也華ちゃんは 特訓専攻科になって2年目です 
中学2年生ですので とっても忙しい毎日を送っていますが 制作意欲は 素晴らしいものがあります 
どんなときにも休まない  テスト前日は むしろこちらが 『休んでいいよ!』 と言いますが・・・
自ら頑張って 制作に取り組んでいます 
もちろん 両立出来るよう時間を上手く使っていますので 素晴らしいと思っています 
制作するリズムやカリキュラムを与えられることへの挑戦は 自分でコントロールできるようになっていますので こちらも安心して 采也華ちゃんを応援し 成長をしていく過程を見させて頂いています 
采也華ちゃんの作品は 自他とも認める 《ピンク色の起用》があります 
ピンク色を使って その色の魅力を最大限に伝えるアーティストかもしれません 
今までも ピンク色を中心に 他の色の力を使いながら 采也華ちゃんらしく 魅力的な作品を誕生させてきました 
今回の作品は ほぼピンク色をベースに 《春の妖精》に挑戦しています 
優しい気持ちを発信して またもや ピンク色の魅力を違った形で表現し 大成功を成し得た作品となりました  
特訓専攻科は アート感がはっきり見えてきた子供達が 色んな表現方法で自分らしい作品を生み出すコースといっていいでしょう 
これからも 色の魅力を伝えるアーティストであってほしいと思います 

DSCF2385.jpg


☆HITOMI☆


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック