FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
『芸術の都市 パリの100年展』
2008年05月02日 (金) | 編集 |
ゴールデンウイークいかがお過ごしですか
ここ数日は天気に恵まれてましたね

今日の上野公園はここちよい風がふき、すがすがしい気分で公園を散策できました
現在、東京都美術館で開催されている『芸術の都市 パリの100年展』を観てきました

フランスの首都パリは世界の芸術的中心地です
そのパリが絶頂期を築いたのはロマン派登場の1830年代からパリ万博を経て、国際的に若い芸術家を集めた1930年代、第二次世界大戦前の約100年間ということです
今年2008年は日仏修好通商条約が締結されて150周年の年にあたり、それを記念してパリをテーマとした近代フランス約100年の優れた作品が約150点展示されてます

パリには学生時代に行った研修旅行と○○年前の新婚旅行の二回訪れたことがあります
今回は絵画作品だけでなく、パリのシンボル『エッフェル塔』の当時の建設の様子の写真なども展示されてます
いまさらですがエッフェルさんが設計したからエッフェル塔なんですね(笑)

懐かしいパリの風景を描いた作品や写真・彫刻を比較的ゆっくり鑑賞できました

時間があったので『チェコへの扉』~子どもの本の世界~も観てきました。
上野に『国立国会図書館 国際子ども図書館』があるのをご存知でしたか?
私は初めて入館しましたよ
チェコの絵本はやはり日本の絵本とは色使いが微妙に違いイラストも独特でした
図書館自体がとても綺麗で、機会があったら一度子供達とふらっと寄ってみてはいかがでしょう

土曜日からは子供達も4連休が待ってます
どうぞご家族で楽しいゴールデンウイークをお過ごし下さい

東京都美術館
芸術の都市 パリの100年展
国立国会図書館 国際子ども図書館
チェコへの扉

                                  ☆MIWA☆
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック