FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
エコを考えていきます☆ ご協力下さい♪
2008年04月21日 (月) | 編集 |
地球環境などを考える絵画コンクール 【 地球大好き絵メール 】 を只今取り組んでいます 
その制作にあたり 《 地球という素敵な星に住んでいる感謝 》・《 守らなければならない状態の事実 》・《 今 私達に出来る事は何か? 》・《 他の星にはない地球の魅力 》 などを話し カリキュラムのスタートを切っています 
こちらの問いかけに 子供達もたくさんの意見を出してくれ 制作前の貴重な時間を有意義に過し 今 生きる地球をもっと大好き  になったように感じます 

新年度のスタートにあたり 新クラスになっていますので 一人ひとり自己紹介もしてもらいました   
その後 子供達と地球についてじっくり考えてみました 
《 地球を想う時間 》 を持てた分 一人ひとりの感じる想いが はがき大の大きさに凝縮されていると思います 

見てください  この静寂の時・・・
話し合っている間も 個々の頭の中にアイディアが浮かんでいたのでしょう 
『 今 想う地球の事・地球の素敵なところ 思いっきり描いてごらん  出来るだけたくさんアイディアを出してごらん  』 この言葉に皆が自分の世界に入り始めました 
作品は アイディアが決まった段階で 60パーセントの出来上がりになっていると言っていいほど この時間は とっても大切なんです 
個性が生まれる  まさにその瞬間の時なのです 
この時間に 皆の頭と心から溢れる想いが出てくるように セッティングしていくことが 私達の力の見せ所だと・・・必死で頑張ります 
  

自分のアイディアを彩色することにより 形づけていきます・・・
ハガキ大の大きさなので 作業もとっても大変 
でも それは・・・自分が考えた大切なアイディアを最後まで出していく!という強い作者魂  が頑張る自分にエール  を送っているようです 

DSCF2126.jpg


ちょっとここで注目してくださいね 
絵の具を出している場所が・・・画材のパレットでは ありませんね 
そうなんです  
これは・・・牛乳パックを使っています 


以前より 子供達の使用したパッレットに 必要以上に残ってしまっている絵の具を見て・・・
これをどのように指導していこうかと考えておりました 
せっかく今 【 地球を大切に想うこと 】 をみんなで考えたところなので 子供達にこの姿勢のまま自然な流れができるだろう  と 薦田先生と話し合ってみました 

あえて区切られていない牛乳パックを使うことで 自分で使う量を調節出来るように訓練してみよう 
訓練というと・・・堅苦しいですが・・・
1番いいのが 終わった時 自分が残した絵の具を 目の当たりにできるということ 
親に買ってもらった大切な絵の具を無駄使いをしていないか 一目瞭然に 小さい子にもわかる 
普通のパレットだと区切られているから 小さい子は 一つのブースで混ぜ込んでしまい はっきりと残った量がわからないので 罪悪感もないまま 水に流してまた綺麗なパレットにリセットされてしまいます 
今までは 使わなかった絵の具を洗って処理していましたが・・・・
これは 地球とって 良い訳がない 
むしろ とっても悪いかも 
地球を守るメッセージ画を描いているなら  自分達に出来る事を実践していこう 
その気持ちが 物を大切にすることにも繋がり 地球を守るためになると 考えました 
実は 先週より実践しています 
制作後 使い終わった牛乳パックパレットを見て・・・『 もうちょっと 使う量だけ出そうっと・・・』
 とか 『 仕切りがないから 自分で 考えて絵の具出すようになったぁ~ 』 とか 『 前は 絵の具出す時 あんまり考えなかったけど 今日は頑張ったかも?! 』 なんて 声が上がっていました 
子供達は すごい  出来ています  地球を守る1歩を踏み出しましたよ 


そこで・・・保護者の皆様にご協力お願いします 
子供達がやる気を出している今だからこそ 自由アート教室では この牛乳パックパレットを採用して制作に役立てていきます 
今は 各教室の自宅で集めた牛乳パックを使っていますが もうすぐ無くなってしまいます 
ご家庭で牛乳パックを濯いで開いた後 上記写真のように 3分割して持ってきていただければ嬉しいです 
小さい四角の部分は たくさんの水で絵の具を溶かす場合に使いますので こちらも宜しくお願いします 
子供達やご家庭の皆様に定着した段階で 各人で用意して頂くようにお願い致しますが しばらくの間 教室で集めて皆で使っていきますのでご協力お願い致します 
子供達の柔軟な心と行動は 何かが変わる良いチャンスと思っています 
宜しくお願い致します 

☆MIWA☆  ☆HITOMI☆
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック