FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
19年度 松ヶ丘教室 無料体験授業 【1】 
2008年03月25日 (火) | 編集 |
3月 
松ヶ丘教室は 通常の授業を休講にして 4月から始まる新年度入室希望の子供達に無料体験授業を受けて頂いております 
自由アート教室開室以来・・・桜が丘教室でも 松ヶ丘教室でも 
体験授業では 自由アート教室オリジナルカリキュラム【 文章からの創造画 】にチャレンジしてもらっています 

【 文章からの創造画 】とは・・・
とっても短い物語・詩などを聴き 自分が感じたままを 画用紙に表現する絵の描き方です。
頭の中で最大限にイメージして描く!
2、3回聴く間に どんどんイメージが変化し また自分の気持ちが出てくる・・・ 
初めて授業をする私達と授業を受ける子供達にとって一番大切なものとは コミュケーション 
子供達は 今までの気持ちを無にし 目をつぶり 私達が心を込めて読む文章の世界に どっぷりと入り込んで 頭の中に描いていく・・・・・・・・
これが 自分の心を出す 絵の描き方 
開室当時 一番最初に考えたオリジナルカリキュラムで 私達が最も愛おしく思っているカリキュラムかもしれない・・・
ねっ!!薦田先生もたぶん そうだと思います 
教える者が心をみせ 学ぶ者がそれに応え 心を開く
これが通い合った時・・・・・ 自分の気持ちを遠慮なく出した 作者らしい作品が生まれる 
自由アート教室は ここを最も大切に ずっと貫いていく・・・
教える者が 心をみせることは・・・何より大切 
今までにたくさんの文章を 読んできました 
松ヶ丘教室では 今回の無料体験授業で 4つの文章を用意しました 
この回は 昨年度も起用した 阪田寛夫さんの≪ へびのあかちゃん ≫の 【 文章からの創造画 】 を描いた子供達を紹介します 

≪ へびのあかちゃん  ≫   阪田寛夫
へびのあかちゃん
めがさめた
おめめは さめたが
しっぽは ねむい
まだ ねむい

へびのあかちゃん
こえたてた
しびれが とれたら
しっぽが くすぐったい
おお くすぐったい


さぁ~ 初めてのコミュケーションが始まります・・・・

クレヨンを持った手は・・・もはや自分の描きたいへびのあかちゃんを自信を持って表わしていますね 
自分の描いた絵を自宅に持ち帰り 『 スゴイでしょ! 』 と嬉しそうに見せてくれるそうです 
大きな画用紙に思いっきり描いたその自信は お母さんを驚かせました 

DSCF1958bokasi.jpg


文章にはないイメージした花たちが画面を彩っています 
これこそが 自分の気持ちをプラスするってことですね 
細い筆を使ってへびのあかちゃんに模様をつけるなど たくさん工夫してくれました 

DSCF1973.jpg


この子は・・・描き始め 不安になって涙ぐみました・・・
でも どうでしょう 
この描きっぷり  
『 大丈夫! 先生が次 来る時までに たくさん描いて驚かしてね! 』 と・・・
この言葉にみごと応えてくれたんです 
子供ってすごい  子供って 素敵 

DSCF1988bokasi.jpg


この子は 画面の中央にど~んと描いてくれました 
これには 本当にビックリしました 
その後 このへびのあかちゃんは 夜空に浮かびました・・・・
なんて 素敵な創造力でしょう 

DSCF1960bokasi.jpg


この子は 初めて絵の具を使いました 
クレヨンの上から絵の具を塗って 弾く面白さを発見しました 
体験することは いろんなことを発見して 興味を持つ事だね 
夢中で描いていた姿が可愛かったです 

DSCF1998bokasi.jpg


初めての体験に緊張もあったと思いますが・・・・
これも ほんの僅かな時間・・・
子供達は とっても柔軟性があって 自分の心をすぐ開いてくれました 
同じ文章を聴いても 感じるイメージは 無限!
だからこそ 初めてのコミュケーションで見出す方法として 私達は このカリキュラムをずっと大切にしていきます・・・  
これから 数回に分け 体験授業の様子をお伝えしていきます・・・
お楽しみに・・・・・

☆HITOMI☆
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック