FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
【クワガタと少年】の朗読CDを流してみました!
2008年02月19日 (火) | 編集 |
松ヶ丘教室は 今日から各クラスのお楽しみ会が始まります 

お楽しみ会の準備で忙しい毎日ですが・・・
新年度のクラス編成もほぼ確定し 20年度の教室日も出し終えました 
薦田先生と打ち合わせを何度かして 20年度自由アート教室オリジナルカリキュラムを決定しました 
来期のカリキュラムも魅力的なものが揃ったと思います 
ここ何日間は 薦田先生と私の頭の中を柔軟にして アイディアを出し合い オリジナルカリキュラムで制作するワクワク感も出てきています 

3月は 無料体験月です  
入室希望で すでに席を確保された子供達が 自由アート教室の体験を受けることになっています   
体験を受ける子供達に会って 作品を制作することがとっても楽しみです 

ちょっと ここで ある本を紹介したいと思います 
冬休み中に本屋で見つけた 【クワガタと少年】という朗読CD付きの絵本 
大村あつしさん著者・トミナガマキさんの消しゴム版画のかわいいイラストでゴマブックスから出版されている感動本・・・・
2007年6月に出版された【エブリ リトル シング 】
15万部を超えるヒットになったその中から特に人気の作品【クワガタと少年】をフジテレビ系 めざましどようび キャスター 高橋千佳子さんが朗読しているCDがありがたい 

内容は・・・店頭に売られているクワガタの値段の付け方に疑問を持った少年と その値段設定の訳を説明する店員とのやり取り。 
≪300円≫と≪3000円≫に値段設定されたクワガタ達には 考えさせられる背景があった 

そこに 何を考えるかは それぞれの思いがある。
教室の子供達にも 何かを感じて欲しいと朗読CDを流してみました 
今回は 絵本を見せず 朗読CDだけを流したので耳からの情報だけでした・・・
その為か 小学2年生以下は あまり理解できないよう・・・・
というよりも 作品を制作しながら聴いてもらったので 集中できなかったのかな・・・・
絵本を見せながら 朗読CDを流せば 内容を理解できたかもしれない・・・
しかし 小学3年生以上は・・・しっかりとした感想を述べてくれました 
少年の思いを読み取ったり クワガタの気持ちを読み取ったりと 教室の子供達は自分らしく感じることが出来ていました 
小学2年生以下の子供達が多い火曜日クラスには 聴かせていません・・・

何気ない日常の中・・・ ふと立ち止まって 人を想うきっかけになるかもしれません 
ゆっくり読んでも 15分あれば充分です 

DSCF1716.jpg


本の内容を人ごとと思うか 自分の考えを照らし合わせてみるかでは 大きな違いが出てくるように思います・・・
とっても短い絵本でしたが 最近で最も感動し 忘れていた想いを再確認できた出逢いだったので ここに記しておきます 

【クワガタと少年】
http://fushicho.com/kuwagata/

☆HITOMI☆
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック