FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
【1day art 〈アメリカの子ども達を招いて〉 ① ≪北越谷教室≫】
2017年08月11日 (金) | 編集 |
夏休みが始まってすぐの土曜日 7月22日にアメリカの子ども達を招いて 1day artを行いました

教室に通って頂いている小学4年生りゅうきくんと小学2年生えいすけくんのご家族が 
3日間のホストファミリーをされることになり、 企画の中で 私に依頼がありました

先に感想を述べますが
私自身にとって スケジュールを調整してでも 1day artをやって良かった!!と思える1日でした

このお話を戴いてから 外国の子ども達にどんなアートをしてもらおうかと考えてみました

もし英語が上手く伝わらなくても
同じ人間だから いつも通り 私らしく! 授業をしよう
とにかく 楽しくアートすること
そして・・・表現することの楽しさを思い存分 感じてもらおう

日本らしいアイテムを使ってアートする
ダイソーには、和のアイテムのコーナーがあるほど ジャパーニーズアイテムがたくさんありました
和のアイテムのシールやステッカー、そして小物造形もバライティーに富んでいる 

風神雷神・写楽・招き猫・鯉・相撲・忍者・だるま・般若・かぶと・・・・・・・
アメリカの子ども達も 和のアイテムに興味を持ってくれるだろうと
選んでいる私が ワクワクしてしまいました
1dayアートブランドン・オリバー1


1dayアートブランドン・オリバー2


1dayアートブランドン・オリバー3


1dayアートブランドン・オリバー4


今回の1day artに参加してくれるメンバーは・・・
教室に通ってい頂いているホストファミリーの小学4年生りゅうきくんと小学2年生えいすけくんとお父さんとお母さん
その家族の家にホームステイするアメリカ人16歳ブランドンくんとアメリカ人15歳オリバーくん
ホストファミリーと仲良しのお友達の小学4年生じげんくんと幼稚園年長べにちゃんとお母さん
合計9名です

どの和のアイテムからアートしていくか それぞれ思案中です・・・
1dayアートブランドン・オリバー5


今回のアートは、とにかく 日本のものでアートしていくのがポイントです

筆ペンを使い 下書きなしで 思いっきりアートしていく体験をしてもらいました

私が最初に唯一アドバイスしたのは・・・
筆ペンで描く時 一気に描かないで
筆先を『アップ! ダウン! アップ! ダウン!』をして 筆の太さに変化させることと
筆先を揺らして  無理に形に変化をもたらすと 
画面に動きや風合いが出て オリジナル感を出すことが出来る
後は・・・自分らしく 工夫して描いていくことです
1dayアートブランドン・オリバー6


アメリカ人のブランドンくんとオリバーくんも ちゃんと理解してくれ 
筆ペンを上手く使って 大きく表現してくれました
初めてアートするお父さんとお母さん達も 素晴らしい表現力です
1dayアートブランドン・オリバー7

絵を描いている時は・・・みんな素晴らしい集中力です
自分と向き合うと心が落ち着きますね

通常の授業の時も 16歳の愛犬りゅうは、子ども達のことを見守っていますが
この日も 同じくみんなの頑張りを見守っていました
みんなが素敵な作品を作り上げていく この過程が大好きなりゅうです

世界共通なのは・・・
みんな好奇心旺盛で 表現する事を 素直に楽しめるということだと感じました
1dayアートブランドン・オリバー8

次回は、みんなの作品を紹介していきます
お楽しみに・・・

 HITOMI