FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
第16回 かまぼこ板絵国際コンクールゆうまくんの授賞式 ≪北越谷教室≫
2015年12月16日 (水) | 編集 |
去る11月1日(日) 第16回 かまぼこ板絵国際コンクールの授賞式が行われました

北越谷教室より 銅のすず賞に輝いた保育園年少 ゆうまくんが出席してくれました
同じく 小田原市長賞に輝いた小学5年生のさやちゃんは ご都合がつかず欠席致しました
受賞者の皆さんおめでとうございます

今回 授賞式にご出席頂きましたゆうまくんのお母さんから 授賞式の様子などのコメントを戴きました
撮影戴いたお写真と共に ゆうまくんのお母さんのコメントをご紹介致します



表彰式は家族四人で行ってきました。
ずっと前から楽しみにしていた授賞式の当日、朝からゆうまはまさかの高熱‥。
自分の番になるまで ずっと椅子でぐったり、どうなることか、とても心配していました。
IMG_4306.jpg


いざ ゆうまの番になり起こしてみると、スクリーンに映っている自分の作品を見たとたん、なんとパッチリと目が覚めました。
IMG_4307.jpg


 受賞作品 

 銅のすず賞 
 保育園年少 ゆうまくん 【くるくる足のタコさん】 
DSCF8749a.jpg

DSCF8748a.jpg



初めての授賞式がちゃんと理解できていたようで、にこにこして一人で舞台に上がりました。
IMG_4308.jpg


受賞者の中で 一番年下で 一番体が小さかったのですが、
なんと 一番大きな声で 質問に返事ができて、賞状を受け取った際も 
全会場に響き渡る声で
「ありがとうございました」と言えました。
普段の恥ずかしがり屋な姿が一変し、母の私が一番驚かされました。

きっと 彼の中で彼なりに 自分の一番のファンである一つ年下の妹と両親の期待に応えようと 頑張ったんだと思います。
その姿に 涙が出るほど感動しました。
ゆうまにとって貴重な経験でした。
IMG_4309.jpg


受賞者の中には、親子で受賞されている方や、三回目の受賞になられる方、海外からの受賞者もおられました。
本当に素晴らしい経験ができて、感無量でした。
IMG_4310.jpg

IMG_4311.jpg


ゆうまにとって貴重な経験でしたが、安心したのか自分の受賞が終わった後は、高熱で顔が真っ赤になり、
ずっと私の膝の上で寝ていました。

ゆうまの代わりに、私がしっかり皆様の作品を見てきました。
どの作品にも皆様各々の熱意や創意工夫が込められており、その思いをかまぼこの板にうまく表現できていて、
本当にどの作品も素晴らしかったです。
かまぼこの板はとても小さいですが、そこにはアートの世界が目一杯広がっていました。

今回賞を頂けたのも、一から丁寧にご指導してくださった大西先生はもちろん、
一緒に作品を作り、たくさんの刺激を与えてくれた教室のみんなのおかげです。
心より感謝申し上げます。
また、今後とも宜しくお願いします。
IMG_4312.jpg

ゆうまくんのお母さんへ
この度は ゆうまくんが銅のすず賞 受賞され おめでとうございます
お忙しい中 ゆうまくんの授賞式の様子などを丁寧な文章にして下さり ありがとうございました
ゆうまくんの晴れ舞台の様子や会場の様子など とってもよく伝わりました
これからも ゆうまくんの作品を楽しみにしていてくださいね

 かまぼこ板絵国際コンクールHP 

 HITOMI