FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
【第19回まごころふれあい絵手紙展 授賞式】 ≪北越谷教室≫
2015年09月13日 (日) | 編集 |
【第19回まごころふれあい絵手紙展 授賞式】 が去る8月22日(土)に東京中国文化センターで行われました

北越谷教室より埼玉新聞社賞を受賞したまあちゃんが出席してくれました

私も会場に行く予定でしたが・・・急遽 用事が重なってしまい・・・まあちゃんの勇姿を見ることが出来ませんでした

まあちゃんのお母さんが 会場の様子を撮って来てくださったので
ブログに使わせて頂きます
ありがとうございました

会場には 受賞者の子ども達や大人の方々が 設置された椅子に座り 厳かに授賞式を待っておられます

まあちゃんもドキドキだったでしょうが・・・
授賞式には凛とした表情で 立派な姿です
IMG_0670.jpg

 作品テーマ 自由 ≪サブタイトル:たいせつなもの≫ 

 埼玉新聞社賞  
 小学4年生 まあちゃん
【担任の早坂先生へ 待ってました!! 大きな心をもつ熱血先生! これからもよろしく!!】

受賞作品について・・・
≪たいせつなもの≫から まあちゃんが考えたことが この作品に詰まっていますね

『担任の早坂先生が すっごくね!! 熱血なんだよ~ クラスのみんなを守るというか・・・とにかく熱血!! 学校の先生には大切だよね?! こんな先生!!!』こんな話を私にしてくれました

『うん!! そういう先生は 絶対に大切よね~クラスのみんなをしっかり守る先生って 当たり前だけど・・・絶対に大事!みんなも信頼できるよね!』

アイディアを聴いた時 こんな会話をしました

普段のいろんな会話の中で まあちゃんには 感受性の強さを感じます
思ったこと感じたことを自分らしく表現出来る 素直な女の子だと思います

受賞おめでとうございます

DSCF8589c.jpg

会場には・・・受賞作品がまとめられて展示されています
IMG_0667.jpg


≪まあちゃんのお母さんからコメントを戴きました≫

娘は 前日からとても緊張した様子でしたが当日は、返事も姿勢も良く緊張は解けたかなと思いました。
後から聞くと本人は、「カチコチだったけど、表彰式が終わったら、嬉しい気持ちがすごく大きくなった」と言っていました。
それと 「海外の子供の絵手紙の書き方も勉強になった」そうです。

緊張を解いてくれるような、型破りなお話しをされる方もいて、最後は 会場内大笑いとなりました。

このような機会を作って下さった大西先生には本当に感謝致します。
本当に本当にありがとうございました。



 佳作 
 小学2年生 りょうせいくん
【おじいちゃん おばあちゃんへ ダイナミックな花火 またいっしょに見ようね!】

受賞作品について・・・
≪たいせつなもの≫から りょうせいくんは 思い出をチョイスしてくれました

少し離れたところに住んでいるおじいちゃんとおばあちゃんと一緒に見た
大きな花火が りょうせいくんの目に焼きついているんでしょうね・・・

子どもの頃の思い出は 五感で感じることが素直に出来るので
素敵な思い出は ずっと! 鮮明に記憶に刻まれます

りょうせいくんが おじいちゃんとおばあちゃんと見た大きな大きな大輪の花火は・・・
大きさだけでなく その時の花火のダイナミックな音も いっしょに行った時の光景も すべて
≪たいせつなもの≫となったんですね

幼稚園の頃からお姉ちゃんと一緒に通っているりょうせいくんは・・・
いろんなテーマにじっくり考えて 自分の思い出を自分らしく表現することをしっかり持って取り組んでいます

ハガキサイズにこの花火のダイナミックさは・・・りょうせいくんならではの表現です

受賞おめでとうございます

DSCF8579c.jpg


佳作を受賞したりょうせいくんは 用事の為 欠席されましたが・・・
まあちゃんのお母さんが 展示作品を写真に撮って来てくださいました
ありがとうございました
IMG_0673.jpg

埼玉県で出品した作品は まとめて展示されていたそうです
北越谷教室の出品全作品もありました
IMG_0671.jpg

IMG_0672.jpg

授賞式に出席された方に配られる 
第19回まごころふれあい絵手紙展の作品冊子を 後日 まあちゃんに見せて頂きました
IMG_0691.jpg

IMG_0690.jpg

一次審査通過作品も立派に掲載されていましたよ
IMG_0689.jpg

IMG_0695.jpg


 第19回まごころふれあい絵手紙展 HP 

 HITOMI