FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
平成20年度 子供の作品紹介 【35】
2008年08月29日 (金) | 編集 |
昨日から関東・東海で猛烈な雨が降っています
各地で土砂崩れ、浸水の被害が相次いでいるということです
皆さんの地域では大丈夫でしたか
昨日はちょうど激しい雨が教室のお迎えの時間帯に重なって大変でしたね
保護者の皆さん、送迎ご苦労様でした

さて、本日もコンクール出品作品の紹介です

≪第32回こども絵画コンクール≫
テーマ【たいせつにしたいもの】 実際の作品の大きさ・・・八つ切りサイズ

小学2年生 N・彩奈ちゃん 「大好きな友達」
IMG_2465.jpg


小学6年生 K・愛梨ちゃん 「あざらし」
IMG_2479.jpg


小学4年生 H・達哉くん 「大切な友達」
IMG_2471.jpg


幼稚園年長 K・莉愛ちゃん 「だいすきな ちちからもらったアクセサリー」
 IMG_2452.jpg


小学3年生 A・竜くん 「ぼくの好きな地球と家」
IMG_2467.jpg

                            ☆MIWA☆



平成20年度 子供の作品紹介 【34】
2008年08月27日 (水) | 編集 |
はっきりしないお天気が続いていましたが、今日は久しぶりに元気な太陽が顔を出しています
と言っても午前中のうちは家の中にいると心地よい風が入ってきてなんとも過ごしやすい
絶好の“宿題片付け日和”という感じです
まだ終わってない子がんばれ~~~

さて、本日も引き続き作品紹介です

≪第32回こども絵画コンクール≫
テーマ【たいせつにしたいもの】 実際の作品の大きさ・・・八つ切りサイズ

小学2年生 T・琴音ちゃん 「かわいい弟とぱぱからもらったうでどけい」
IMG_2460.jpg


小学1年生 T・わかばちゃん 「元気におよぐなかまたち」
IMG_2455.jpg


小学1年生 N・有史くん 「じぶんのがっこう」
IMG_2454.jpg


小学6年生 K・航志くん 「オオジロワシ」
IMG_2477.jpg

                                   ☆MIWA☆
平成20年度 子供の作品紹介 【33】
2008年08月24日 (日) | 編集 |
8月8日に開幕した北京オリンピック
17日間の熱戦を終え、今晩閉幕します
どんな演出が待っているのでしょう
この夏は日本人選手の活躍に一喜一憂した毎日でした
今大会は時差もほとんどなく、ちょうど教室もお休みだったので、注目の試合はチェックしてリアルタイムで応援してました
試合が終わった選手達のインタビューで心に残ったことがあります
オリンピックの舞台に立てたのは自分一人の力ではなく自分をサポートしてくれた全ての方々への感謝の気持ちを忘れてないことですほとんどの選手が言葉にしていました
思う存分力を発揮してメダルを掴んだ選手はもちろん、残念ながら不本意な結果に終わった選手も勇気と感動をありがとうと言いたいです

さて、スポーツだけでなく子供達のアートも感動を与えてくれますよ
今日も一生懸命想いの詰まった作品をどうぞご覧下さい

≪第32回こども絵画コンクール≫
テーマ【たいせつにしたいもの】 実際の作品の大きさ・・・八つ切りサイズ

小学2年生 Y・弥菜ちゃん 「私のローラースケートをみているひろなのかぞく」
IMG_2462.jpg


小学2年生 K・優葵ちゃん 「さんごもおさかなもみんな大切」
IMG_2458.jpg


小学5年生 H・夏紀ちゃん 「ねこと自然」
IMG_2475.jpg


小学3年生 S・夏季ちゃん 「木と地球を大切に」
IMG_2468.jpg

                                   ☆MIWA☆
平成20年度 子供の作品紹介 【32】
2008年08月20日 (水) | 編集 |
お盆休みも終わり、夏休みも残すところ10日余りです
皆さん充実した夏休みをお過ごしですか

先日15日に大西先生とお台場冒険王に行って来ましたよ~
大西先生の長女杏奈ちゃんと私の次女麻衣も一緒に・・・
朝8時過ぎにはお台場に到着したのですが、続々と人が集まり、チケット売り場は長蛇の列
ディズニーランドより混んでるんじゃないの??という勢いでフジテレビの企画力に脱帽させられる一日でした
その日は35度の猛暑日で、身体がもつか心配でしたが、途中フジテレビ向かい側にあるショッピングモールへ涼みにも行ったりして丸一日お台場を満喫してきました
とにかく外は暑くて大変でしたが、思い切って出掛けてよかったな~と思いました
日頃茨城県でのんび~り過ごしている私達・・・
たまには都会の刺激を受ける事もいいのかな(笑)

さて、子供たちの作品紹介にうつりたいと思いますが・・・
なんと大西先生のパソコンにトラブルが発生し、あと一回松ヶ丘教室の「絵メール」の紹介が残っていたようなのですがパソコンが使えない状態だそうです
そこで本日は急遽、桜が丘教室から住友生命主催の「こども絵画コンクール」に出品した作品を紹介させていただくことにしますね

この住友生命主催の第32回こども絵画コンクールは過去31年間で応募総数905万点を超え、上位入賞者はフランスのルーブル美術館に展示されるというすばらしいご褒美がいただける人気のコンクールです
(ちょうど制作期間中はテレビコマーシャルも放映されていましたが、皆さん気がつかれましたか?)
昨年も支社コンクールにおいて自由アート教室から多数入賞することができました
子供達はそれからの制作活動にとても励みになりましたね
今年も皆思いを込めて頑張りましたのでどうぞご覧下さい


≪第32回こども絵画コンクール≫
テーマ【たいせつにしたいもの】 実際の作品の大きさ・・・八つ切りサイズ

 幼稚園 年長 O・颯汰くん 「ゆめのなかのきょうりゅうのせかい」
IMG_2451.jpg


 小学2年生 T・倭人くん 「土の中の宝箱」
IMG_2459.jpg


 小学2年生 K・茉那美ちゃん 「大好きなめだか 40ぴき生まれたよ!」
IMG_2463.jpg


 小学6年生 T・栞ちゃん 「地球上の生き物・自然」
IMG_2481.jpg

*今年度も子供達の作品がたくさん完成してます。今回より講師からのコメントは控え、どんどんご紹介させていただきたいと思いますのでご了承ください

                               ☆MIWA☆
平成20年度 子供の作品紹介 【31】
2008年08月14日 (木) | 編集 |
お盆休みを楽しく過ごされていますか 
自由アート教室でも お休みを戴き この休み中に色んな計画を立て 充実したお休みにしたいと思っております 
コンクール作品の出品準備が最終段階まで進み 準備出来たコンクールから順に郵送の手配を完了しております 
子供達の心が詰まった作品を手にしながら・・・
1作品ずつ 必要事項を記入したり 写真を撮ったりしております 
次回のカリキュラムの準備も完了しました 
作業の合間を見て・・・
お休み中にしか計画出来ない楽しいことにも 試みたいと思っています 
薦田先生とも出かける計画をしています 

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

小学2年生 H・修也くん 【鳥の仲間たち】
 修也くんから一言・・・『岩を表現した茶色と黄土色のところをがんばってかきました! カラス・ペンギン・ハヤブサが この絵の中にいるよ!』
修也くんは 今期入室の男の子 
おもしろい魅力的な表現力を持っています 
表現したものが 溢れている!って 言っていいかもしれません 
描きたいものが たくさんあるんです 
アイディア出しの段階で・・・
どんどんイメージが広がり よし! 画用紙に描いていこう!!のところまでくると・・・
またまたアイディアが追加されていく 勢いがあるんです 
そうなんです  常にアイディアが変化していくんですよ 
修也くんにちゃんとアイディアの説明してもらうと・・・一つ一つのモチーフに理由があったり モチーフ同士が関わり合っていたりと・・・ストーリーがあるんです 
このように 悩まずアイディアが出てくることは 素晴らしい 
どんどん伸ばしていく 大事な個性でもあると思います 
今回の作品も 見れば見るほど・・・ いろんなものが見えてきます 
さらっと鑑賞してはいけない作品です 
一見 黒い色の鳥がたくさんいる絵に見えますが・・・画面には 三種類の鳥類が登場しています 
それに 鳥の羽の表現がそれぞれ個性がある 
修也くんはあえて 黒色の鳥類だけを集めて描いていたんです 
小さな画面に たくさんの鳥を描くこの表現は 難しいものですが 修也くんは 自信を持って頑張って製作していましたよ 
これからも 修也くんが考えるおもしろい考えを表現していってほしいと思います 
万人が出来る表現より 自分らしい素敵な個性ある表現は 宝です 
大切にしていこうね 

DSCF2465.jpg

小学3年生 I・穂乃佳ちゃん 【ちきゅうを まもろう。】
 穂乃佳ちゃんから一言・・・『象をぬるところをがんばりました! 地球をみんなで守っていきたいです!』
穂乃佳ちゃんは いろんなことを一生懸命頑張れる女の子 
あることに練習に練習を重ね 成果を出してきたバイタリティーのある穂乃佳ちゃん 
アート教室に来て製作している様子からは・・・
想像出来ないほどの経験を積んできた努力家でもあります 
その体験は 穂乃佳ちゃんにとって財産だと思います 
アート教室では 優しい気持ちを持った心をまっすぐに表現してくれ また違った穂乃佳ちゃんの魅力が出ていますね 
ここでは 自分をありのままに出せばいいと思うんです 
特にアートは 心を楽にして表現しなくては 本来の自分が出なくなりますね 
穂乃佳ちゃんは ちゃんと自分の良いところ出すアートが出来ています 
今回の作品では とっても優しい色を作り 画面に《守っていきたいよ》を効果的に出しました 
みんなの手で  支えた地球に  大きな象  からのたくさんの冷たいシャワー 
とっても優しいアートです 
《守ってあげたい》が伝わってきます・・・
伝えたいことをより伝わりやすくするために 優しい色を上手く作ることが出来ましたね 
これからも 穂乃佳ちゃんの表現力で あなたらしいアートを作り上げていこうね 
努力家の穂乃佳ちゃんなら これから学ぶ難しいことも 楽しいんで自分のものにしていくと思います 
応援していきます☆

DSCF2467.jpg

小学4年生 M・健太くん 【地球を もっと 冷やしてあげるよ。】
 健太くんから一言・・・『この作品を描いた理由は 今 地球温暖化につながっているから 地球をもっと冷やしてあげたいイメージを出したかったからです! 大型冷蔵庫で地球を冷やすイメージを出すのに がんばりました!』
健太くんは 今期より専攻科に進級して頑張っています 
少し遠方から通って頂いていますが 休まず来室してくれていること 嬉しく思います 
その頑張りが 専攻科になって確実に出てきました 
初めて使うポスターカラーの着色も 0号の筆を使って上手く描いています 
ポスターカラーの発色も 最大限に活かしています 
大型冷蔵庫の中で冷やされた地球が 喜んでいるように伝わってきます 
またその大役を担った大型冷蔵庫が 大きな仕事をした喜びと満足感で いっぱいのようにも伝わってきます 
冷たさを表現するため寒色系統の色を使い 明度も安定させました 
そういったことが 自然と出来るようになった健太くんの成長を 素晴らしいと思っています 
製作時は 自分のペースを守りつつ 周りの進行から遅れないよう 時たま周りを観察している健太くんを見て・・・
専攻科になって 教室の雰囲気を変わった中で よく頑張っているなぁ~と感じています 
周りを程よく意識しながら製作していくのは 教室だからこそ出来ること
その中で 成長していっている健太くんの頑張りは・・・これからの作品に必ず表れてきますよ 
いつも 応援しているからね 

DSCF2468.jpg

小学6年生 E・健くん 【ごみの分別 おねがいしま~す!】
 健くんから一言・・・『ごみ袋の中のごみが分別されているので よ~く見てください!』
健くんは 今期で専攻科のカリキュラムを終了すると共に 今期から弟の裕三くんが専攻科に進級し同じクラスになったことが 良い結果を招いているように思います 
専攻科クラスで頑張っている子供達は 児童科の時よりも学ぶことや チャレンジしてほしいことが増えてきます 
そろそろこの挑戦をさせてみよう  と思う私の気持ちと 本人のやってみよう  とする気持ちとが 同じ地点で合意出来た時こそ成長どき 
健くんは 6年生になってから この合意点に達する機会が増えてきて いろんなことにチャレンジして成果を出しています 
やってみれば出来なかったことが出来るようになってきている自分がいて 手ごたえを感じていると思います 
専攻科では・・・兄弟が同じクラスにいることで プライドを上手く刺激し合っている兄弟が何組かいます 
面白い現象ですが この刺激は有効に使っていくと 相乗効果となって クラス全体の雰囲気にも良い刺激になっていきます 
今回の作品は 健くんのユニークな部分が出たアピールアートとなりました 
みんなにお願いしたいことをアートにする時  アイディアの中に面白みやちょっと見てみよう!と思う工夫した所がないと みんなの心に入っていきません 
でも この作品には みんなが見てみよう という部分がありますね 
地球が面白く擬人化されていること 
ごみ袋の中身が 細かく分別されているところ 
タイトル文字の言葉が 地球からのメッセージであること 
バックグラウンドの暖色が イメージアップしているところ 
たくさんの見所があるアートに構成されていて 素晴らしい作品となりました 
これからも健くんのチャレンジを期待しています 

DSCF2469.jpg


☆HITOMI☆
平成20年度 子供の作品紹介 【30】
2008年08月11日 (月) | 編集 |
 2008年8月8日午後8時8分に北京五輪が開幕されましたね 
開会式のセレモニーでは 中国四大発明を表していました 
《活版印刷》・《羅針盤》・《火薬》・《紙》の発明を盛り込んだセレモニーは 人でアートするダイナミックなもので見入ってしまいました 
報道各社で色んな評価をされていましたが・・・
私は このような大きな作品を観る時は・・・
ここまで頑張って作り上げた素晴らしい想いを読み取りたいと思います 
プラスに読み取ると・・・作り手の発案から苦労 そして喜びまで感じますね 
あの大きなステージを見事な構成に作り上げたところに大きな拍手を贈りたいと思います 
とっても素敵なアートでしたので 子供達の作品を紹介した後に 【毎日新聞社 北京五輪 開会式写真】 を掲載してありますので 是非ご覧くださいね 

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ


小学2年生 U・那奈ちゃん 【おいかけっこ】
 那奈ちゃんから一言・・・『1年生の時 学校でお花の絵をかき とってもきれいだったので この絵にもお花をたくさんかいてみました! たくさんかいたのでぬるのがたいへんでしたが がんばりました!!』
那奈ちゃんの発想は いつも 実にユニーク 
楽しさが溢れています 
幼い頃から アイディアの大切さを知って 取り組んできた那奈ちゃんは いつも人と違う表現をしようとするところからスタートします  
そして いつも画面に動きを表してくるところも素晴らしいと思います 
那奈ちゃんの描く絵の世界が存在するなら・・・
行ってみたいなぁ~と思います 
今回の絵は お花畑を二匹の猫がおいかけっこするスピード感のあるものです  
お花畑で楽しくおいかけっこする猫達の表情がまたいいね 
とってもきれいなお花畑で遊ぶことが 気に入ってしまった二匹の猫は・・・
どこまでもどこまでもおいかけっこしちゃいそうですね 
とっても楽しいストーリーを感じさせる一コマアートとなりました 
たくさんの色のコーディネートが素敵で みんなをワクワクさせる絵になりました 
那奈ちゃんの将来の夢は・・・【大工さん】 
お客さんに喜んでもらえる家を建てたい!と教えてもらったことがあります 
那奈ちゃんの発想力なら きっと素敵なアイディアで お客さんがワクワクするような家を作って上げれると思います 
幼い時から 自分の考えをしっかり持ち 素晴らしいですね 
夢が叶うよう・・・これからも 作品作りを楽しんで 那奈ちゃんワールドをキラキラさせていきましょう 
いつも 応援しているからね 

DSCF2470.jpg

小学2年生 H・浩希くん 【空 たかく とべ!!】
 浩希くんから一言・・・『鳥のはねをすごくがんばってかきました! もっともっと速くとべ!!』
浩希くんは お姉ちゃんと妹がいる男の子です 
三人とも 教室に通って頂いているので きっとお家の中は 作品に囲まれているのでは・・・と思います 
作品作りでは アイディアをじっくり考えて取り組むタイプです 
考えた末に出してくるアイディアは 男の子らしいパンチ  の効いたインパクトがあるものが多いです 
習い始めたころは・・・小さいものを画面にたくさん描く感じで表現してくれていましたが・・・ 
今は 描きたいものをどーーんと描いてくるスケールの大きさを感じるようになってきています 
今回の作品は 高く速く飛んでほしいぞ!!という浩希くんの思いをたっぷり出しています 
どんどん男の子らしい作品に変化してきました 
鳥が飛ぶバックグラウンドが オレンジ色に着色され 元気ある画面に仕上げたことも・・・
【空 たかく とべ!】とタイトル文字を 命令形に入れたことも・・・
【空】の文字を ●枠に白文字で描いて 強調させたことも・・・
鳥にスピード感を持たせて 描き上げたことも・・・
全部 浩希くんが男の子らしくなってきた証拠かもしれません 
それと何より 浩希くんが描くことに 自信を持って取り組んでくれているのは とっても嬉しい 
実際 この作品を制作している途中・・・
とっても意気込んでいたのを 覚えています 
自信がついてきたからこそ もっと自分らしく描きたい欲も出てきていますね 
でも 焦らなくても大丈夫 
浩希くんの自分らしく作品作りがしたい を持っていれば・・・
描き方も塗り方にも 個性が自然と出てきますからね 
浩希くんの頑張りをちゃんと見ているからね 
お家のギャラリーに男の子らしいアートが どんどん飾られることを楽しみにしています 

DSCF2471.jpg

小学4年生 M・みいづちゃん 【楽しい毎日が好き!! すてきなゆめをみよう!】
 みいづちゃんから一言・・・『わたしは毎日ゆめを見ます! たとえば・・・友達と二人で遊園地に行ったゆめです!』
地球を思って描くコンクールに 【夢】をテーマに描いたのは みいづちゃんただ一人でした 
地球に生きていて素敵なことって何だろう??から・・・
【夢】を引き出してきた みいづちゃんの発想は 素晴らしいと思います 
寝ている時に味わえる 素敵なこと 
それは・・・【夢】を見ること 
《こうなったらいいなぁ~》と思うと・・・
寝ている時に その気持ちが持続されて 映像になって表われるんですよね 
記憶がある人間だからこそ 味わえる素敵な現象 
楽しいことをたくさん考える人は 良い夢を見れるのかもしれません 
みいづちゃんは 楽しい毎日が送れるよう いつも楽しいことを考えられる人ですね 
そんなふうに 考えて毎日を過ごすことは とっても大切 
プラスに考えて生きていくことは 嫌なことに出会った時でも 良い方向に変えていくことが出来るようになる力を育てます 
みいづちゃんの絵の中の夢は・・・
友達のこと・食べ物のこと・スポーツのこと・お花を育てることなど・・・盛りだくさん 
明るい毎日を過ごしていくことが 地球に生きる私たちの特権 
これからも みいづちゃんらしい明るい作品作りをしていってくださいね 
みんなが気づかなかった視点に気づいたみいづちゃんを すごいな!と思いましたよ 

DSCF2472.jpg

小学6年生 N・あいりちゃん 【冷たくて 気持ちいいぃ~】
 あいりちゃんから一言・・・『地球が気持ちよく思えるように表現しました! バックグラウンドをより冷たく見せるため 少しずつ色を変えてぬりました!』
三人姉妹の一番上のあいりちゃん 
三人とも教室に来て頂いています 
女の子の姉妹なので アートにも似たところがあるかと思いきや・・・
三人ともちゃんと プライドを持って製作しているようで それぞれ個性がキラリ と輝きます 
あいりちゃんは 長女なので 我慢することも多いと思いますが・・・
教室では 自分の時間を大切に 集中して あいりちゃんを出してくれています 
基本的にとっても優しい子なので 自分を前に出していくタイプでは ありませんが・・・
作品の中にある溢れる思いを見ると・・・
《しっかりとしたもの もっているなぁ~ やっぱり 優しい子なんだぁ~》と思います 
今回の作品は 地球温暖化で熱くなりすぎた地球を 氷いっぱいのグラスに入れて 冷たくしてあげたいという気持ちから出たアイディアで描いています 
実際にこんなことが出来たら すぐにでも やってあげたいね 
出来ないことでも作品にして 多くの人に呼びかけることが出来るのが アートの素晴らしいところです 
グラスに入った地球がとっても喜んで 『気持ちいいぃー』 と思わず口にして 声が聞こえてきそうですよ 
今年の夏は・・・とっても暑くて  
あいりちゃんのアイディアをみんなに伝えて 何か私たちに出来ないか・・・考えていかないとね 
そうしないと・・・来年の夏が・・・怖いね 
アートは 人に伝えていく素晴らしい手段です 
あいりちゃんの優しい気持ちを もっとみんなに伝えてほしいから・・・
これからも 頑張って作品作りしていこうね 
あなたの思いを伝えていこう 

DSCF2473.jpg

●毎日新聞社 北京五輪 開会式写真●
http://mainichi.jp/enta/sports/08olympic/graph/opening/1.html

☆HITOMI☆
平成20年度 子供の作品紹介 【29】
2008年08月06日 (水) | 編集 |
連日の蒸し暑さ、皆さん体調は崩してませんか
昨日は各地でゲリラ豪雨にみまわれ、都内では事故や浸水被害があったようです
ここ藤代も午前中は物凄いカミナリで、人(犬)一倍怖がりな我が家の愛犬シナモンは私のひざの上で怯えていました

さて、桜が丘教室の『絵メール』の紹介は今回が最終回です
一つのテーマからでもそれぞれ個性的な作品が生まれ、子供たちの創造力は本当に素晴らしいなぁと改めて感じています


テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ


小学3年生 A・竜くん 【地球の仲間たち】
竜くんから一言…「地球のまわりにたくさんの動物達を描きました。みてください」

竜くんはいつも独創的な作品を創ります
今回も画面中央の地球をとりまくように動物達が集まっています
ぱっと見た限りではどんな動物が何頭いるかわかりませんね
でも,それが竜くんの狙いです
隠し絵みたいな遊び心が入った面白い作品を描きたかったのです
「モグラ」「あざらし」「くじら」「ライオン」「しまうま」「北極グマ」「ヤギ」「うし」「イルカ」「北極キツネ」
なんと十頭も描かれているんですよ
どうですか
皆さんも探してみてくださいね
これからもアイディアが詰まった面白い作品を観せてね
IMG_2489.jpg



小学2年生 N・彩奈 【大好き!動物園】
彩奈ちゃんから一言…「大好きなどうぶつえんをかきました。パンダとクマのからだが、むずかしかったです。」

彩奈ちゃんは、素直でしっかりとした女の子です
教室で同じ学年のお友達が集まるとたまにはお話がはずんでしまうこともあります
そんな時、彩奈ちゃんは、ふと気付いて「ちゃんとやろうよ!」と皆に声をかけられる子です
嫌な雰囲気にさせることもなく、皆を納得させられるってスゴイことだと思います
この天性のリーダーシップはこのまま大切に伸ばしていってほしいところです
今回の絵メールでは大好きな動物園に行った場面を描いてくれました
素直に見えたままを表現してくれましたよ
そうです 子供にとって動物園は「おり」も印象深いのでしょうね
おりの中で優しい飼育員さん達に大切に育てられてます
動物達も笑ってますね
これからも彩奈ちゃんの天真爛漫なところを作品に活かせたらいいなと思ってます
IMG_2490.jpg



小学2年生 I・美宇ちゃん  【電気を大切に!】
美宇ちゃんから一言…「これからは電気を大切にしたいと思いました。黒く縁取る時、色が混ざらないように気をつけました。」

美宇ちゃんはまだ二年生ですが細かい部分でも細い筆を自由自在に使って丁寧に仕上げることができます
発想も皆とはちょっと違った切り口を持っていてどんなアイディアをみせてくれるか私は毎回楽しみにしてます
今回は地球を思う気持ちとして「身近な電気を大切にしたい!」と作品にしました
美宇ちゃんが思い浮かべる『電気』とは・・・
温かい家族が集まる食卓の『電気』をイメージしたのですね
まずは自分で何か出来ること…小さなことでも皆が気をつければ地球温暖化にストップをかけられるかもしれない
そんな想いが込められた作品ができました
次の作品も期待してますよ
IMG_2488.jpg

以上で桜が丘教室の絵メール作品紹介を終わります
引き続き松ヶ丘教室の作品をご覧下さ~い

                        ☆MIWA☆





平成20年度 子供の作品紹介 【28】
2008年08月03日 (日) | 編集 |
テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

小学2年生 O・彩水ちゃん 【さかなの国へ】
 彩水ちゃんから一言・・・『いろんな色を使ってかきました! いろんな形を出す工夫をしました!』
彩水ちゃんは 入室2年目に入った女の子です 
入室当初から いろんなお話をしてくれる明るい面を持っています 
この明るさで 同じクラスの小さい子達を上手く誘導して その子達が環境に馴染めるよう楽しい雰囲気を作ることが出来る素晴らしいところを持っています 
製作終了後 お迎えまでの時間は 個々に様々に過ごしています 
ほとんどの子供達が 教室内にあるコミック本や童話などを読んだりしています 
このわずかな時間を 教室内で出来たお友達とおしゃべりタイムをして 楽しく過ごしている彩水ちゃんは・・・
その後 みんなが使った座布団を 集めて片付けるなど 小さい子と共に楽しみながら お手伝いを自らやってのける 素晴らしい面も持っているんですよ  
楽しく過ごさせてくれるので 小さい子達にも 《親しみやすいお姉ちゃん》と慕われていますね 
彩水ちゃんらしい 人との関わり方があり いつも感心しています 
今回の作品は 海の中を彩水ちゃんらしく表現してくれています 
海をテーマに描く 子供達が実に多い中・・・
《おもしろく表現してほしいなぁ~》と思う私の思いが伝わったのか 
彩水ちゃんは 個性を出そうと頑張っていました 
魚が住む海って・・・どんな感じなんだろう 
大きな海の中のひとコマです 
とっても個性的な魚たちが 素敵に輝く海の中を気持ちよく 泳いでいますね 
それも ダイナミックな筆の動きで 描けたことを褒めてあげたい 
いいね  彩水ちゃんの気持ちがたくさん詰まった作品に 仕上がっているよ 
動きもあって スピードも感じることが出来ます 
これからも 自分らしく表現できることを大切にしていってね 

DSCF2461.jpg

小学4年生 Y・飛至くん 【いろんな地球】
 飛至くんから一言・・・『この地球には いろんな物 いろんな人 いろんな動物がいるっていうところを見てほしいです。 きれいなで豊かな地球になってほしいため いろんな色でぬりました!』
飛至くんは 今期入室で専攻科クラスからスタートしています 
2つ年上のお姉ちゃんの風美ちゃんも 同じクラスからスタートしています 
見た目 少しのんびりしているかのように思える飛至くんですが・・・
それは・・・誤解かもしれません 
作品制作の際に見せる飛至くんの頑張りからは 決してのんびりした様子はなく むしろどんどん意欲的に頑張る姿をたくさん見せてくれています 
専攻科からのスタートということで 最初は 周りの環境に戸惑っていたかもしれませんが・・・
今は 周りの意欲に追いつこうと・・・
自分からどんどん未知のチャレンジにも 怖がらずやってのける男の子らしい面を持って取り組んでいますね 
何かに没頭して打ち込める環境は 短い期間であっても 人を成長させてくれます 
元々持っていた力に光が当たり始めると・・・
人は 自信を持って取り組めるようになります 
飛至くんは今 自分が自信を持って表現できる環境を手に入れ 自分からもっともっと輝いていこうと意欲を出しています 
あまり表に出して 自分を強く主張しないかもしれませんが しっかりとした根性を持った飛至です 
今回の作品は 大きな地球には いろんな物・人・動物がたくさん詰まっているんだよ!ってことをみんなに知らせてくれましたね 
初めて使うポスターカラーを使って 細かい部分を彩色してくれました 
0号の筆の使い方も慣れないと 大変ですが・・・ 
諦めることなく最後まで頑張ったことは この後の作品に繋がってきていますからね 
よく頑張りました  

DSCF2462.jpg

小学4年生 T・陽菜ちゃん 【世界中の みんなの力で 地球を すくってあげよう!】
  陽菜ちゃんから一言・・・『地球温暖化なので 地球を少しでも冷やしてあげたいと思って この絵をかきました。 これからもあまり暑くなりすぎない地球でいてほしいです!』
陽菜ちゃんは 今期から専攻科に進級して頑張っています 
三人姉妹の1番上のお姉ちゃんとして 何事にも頑張っている陽菜ちゃん 
教室では 自分の時間を大切に 納得いく作品をつくろう!と 自分のペースも大切にしてくれています 
作品作りで1番大切なアイディア段階では・・・
一生懸命考えている陽菜ちゃん
《ここだけは 時間使って良いんだよ!》
《ここは 自分が納得出来ないと・・・最後まで気持ち入れて作品作り出来ないからね!》
私が言い続けている この言葉を守ってくれている 陽菜ちゃん 
アイディア段階で 必死になっている陽菜ちゃんを見ると・・・
《さぁ~ 頑張って! もうすぐ すごいのが出てくるぞ!》ってなんて思っていますよ 
納得したアイディアを出し切った陽菜ちゃんは そこからが製作していくスピードを 加速していくタイプなんですよ 
今回の作品も 地球温暖化の話をした後に出してくれたアイディアです 
地球が暑くなっている 暑くなっている って言っても・・・
《世界中のみんなが同じ気持ちにならなければ 救うことが出来ない!》このことを考えながら・・・
このアイディアを出してくれました 
とっても身近なジョーロを使って 地球の四方から水をかけるってところが とっても可愛くって親しみやすい発想で素敵 
気持ちは・・・《みんなで》ってところがポイントね 
その気持ち・・・とっても大切だと思います 
この作品を仕上げている時も 陽菜ちゃんの素直な優しさが込められていました 
これからも 焦ることはないから じっくり自分らしさを大切にしていって下さいね 

DSCF2463.jpg

中学2年生 K・美緒ちゃん 【人魚が住める 海に・・・】
 美緒ちゃんから一言・・・『きれいな夕日に照らされた海と人魚の尾が 輝いているので 是非観てくださいね!』
特訓専攻科に進級して2年目の美緒ちゃん 
しっかりとした目標を持って 前進中の美緒ちゃんです 
たくさん褒めたいところはありますが・・・
1番褒めたいところは・・・
自分の作品をとっても大切にしているところです 
作品状態・保管も もちろん大切です  
それは当たり前として 
自分が描いていくコンセプトをしっかり持ち イメージを形にしていく その過程をちゃんと楽しんで取り組んでいること 
《自分の作品を愛している》ってところが素晴らしいね 
その意識の違いは 将来を大きく変えていくところなんですよ 
自分自身が頑張って形づけてきたものを 愛おしく思っていないと・・・
人の心を動かす作品を誕生させることは出来ません 
アーティストは 自己満足で終わっては いけないんです 
人にメッセージを伝えていける伝導者であれば・・・美緒ちゃんの目指す目標は 輝いていきますよ 
あなたが挑む夢は・・・
一生懸命 直向きに感謝しながら頑張っていけば きっと叶うと信じています 
美緒ちゃんと同じ頃 私も同じように前を向いて歩んでいました 
困難があればあるほど 大きく成長していきますから・・・ 
これから困難にぶち当たっても・・・
もう一つ大きくさせるための課題がやってきた!!と思い 困難を受け入れられる人であってほしいと思います 
今回の作品も 気持ちがしっかり入っています 
夕日が沈む前の素敵な時間の流れをテーマに 作品を仕上げることが出来ましたね 
あえて海の中を曖昧に描いたことで 効果が出ています 
画面の上半分に人の目線を持っていくことに 成功していますよ 
これからも 夢を持って 自分を磨いていきましょう 
応援しています 

DSCF2464.jpg

☆HITOMI☆