FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
平成20年度 子供の作品紹介 【19】
2008年06月30日 (月) | 編集 |
6月30日
今年も気がつけば折り返し地点です
月日が経つのはなんて早いんでしょう

さて、今日も絵メールの作品紹介です

テーマ【地球を思う気持ち】実際の大きさ・・・ハガキサイズ

小学4年生 T・一心くん 【地球温暖化防止!】
一心くんから一言・・・「ゴミを分別しないでそのまま捨ててはいけません!」

一心くんは個性あふれる作品を生み出します
大胆に力強く描くことが得意な一心くんにとっては葉書きサイズの制作は少々窮屈なようでしたが、最後までがんばって仕上げました
地球温暖化防止のために、どんな事をしたら良いのか教室で話しながらイメージを膨らませました
宇宙にちりばめられている輝く星に負けないように私達の地球の輝きも守っていきたいですね
IMG_2436.jpg




小学5年生 W・伶奈ちゃん 【植物を大切にしましょう!】
伶奈ちゃんから一言・・・「私は植物を大切にしたいと思いました。バラに挑戦しました。花びらや葉の形に注意しながらがんばって描いたので見てください」

バラの花びら、葉、とげを図鑑などを参考に丁寧に観察して描いていました
花びらの部分で、最初思うように描けなかった様子でした
しかし、諦めずにピンク色の花びらを一枚一枚微妙に色を変えてみると・・・
本人も納得のバラが完成しました
バックも四隅にグリーンをぼかしながら入れて、今までとは違った大人っぽい作品ができましたね
諦めずにがんばった作品。
完成したときの達成感を忘れずに、自信を持ってこれからも制作してくださいね
“新生伶奈ちゃん”を応援してます
IMG_2437.jpg
 



小学4年生 Y・亜希ちゃん 【地球をきれいに!】
亜紀ちゃんから一言・・・「今の生活でエコ活動の変化がないか?皆にエコ活動をしてもらいたいです。工夫したところは、かわってほしい二つの場面を描いたところです。見てください」

亜紀ちゃんはとにかく丁寧に大切に仕上げます
細かい作業も投げ出さず、集中してがんばります
発想も豊かで、毎回どんな作品ができるかとっても楽しみです
一人ではどうにも出来ない地球環境問題
一人でも多くの人にエコ活動をしてもらいたいという願いを込めて制作しました
作品に気持ちがこもっているからメッセージが伝わってきますよ
これからも自分が納得いく作品が出来るように頑張りましょうね
IMG_2435.jpg


                           ☆MIWA☆



平成20年度 子供の作品紹介 【18】
2008年06月26日 (木) | 編集 |
自由アート教室の環境への取り組みは・・・
【牛乳パックパレット】です 
生徒のご家族のご協力により たくさんの牛乳パックが集められています 
ご協力に大変感謝致しております  
【牛乳パックパレット】を活用し始めてから 子供達が絵の具を出す時の意識に大きな変化が生まれてきています 
『地球が泣かないように・・・』 を合言葉にして ものの大切さを考えながら 素敵な想いの詰まった作品作りに集中していきます・・・  

DSCF2331.jpg


では 絵メール作品を紹介していきます 

テーマ【地球を思う気持ち】実際の大きさ・・・ハガキサイズ

幼稚園年長 Y・鈴ちゃん 【ピンクのうさちゃん】
 鈴ちゃんから一言・・・『この絵の好きなところは まわりにいっぱいかいた ちいさな点々です! 小さくってかわいいでしょ!』
鈴ちゃんは 今年入室の女の子です 
《絵を描くこと》がとっても好きな鈴ちゃんは 制作している時は とっても集中して取り組んでいます 
でもまだ慣れない教室に 時折 不安になって・・・シクシク泣いちゃうこともあります 
でも この涙の原因が 少しずつ分かり始めてきました 
鈴ちゃんが お母さんにお話してくれたんです 
それは・・・アート教室には お友達がいないということだったんです 
まだ小さい子供にとって 新しい空間で安心していられるのは・・・<ひとりじゃないということ>なんです 
たくさんの教室の仲間がいても 話したこともない仲間は 気持ちの中で<ひとりぼっち>に思わせてしまうんですね・・・
それは・・・幼い子にとって<不安>に違いありませんね 
同じぐらいの幼稚園児の女の子たちもいますので 今度 教室が始まる前 ちょっと 《おしゃべりタイム》 でもセッテングして 私も加わり お友達作りをしてみようかと思っています・・・
でも 決して焦りは禁物ですね  
どんな時も 自然が一番ですからね 
鈴ちゃんにとっては 気持ちまで辛くさせることだったんですね 
私も 大変勉強になりました・・・
鈴ちゃんは 作品に向き合うと・・・涙はどこに・・・っていうぐらい 真剣にまた楽しんで  いろんな挑戦も怖がらずやってのけるパワーを持っています 
そこには 鈴ちゃんの力のすごさを感じます 
この作品は バックグラウンドを楽しく華やかに描いていて その中で【ピンクのうさちゃん】がニコニコ顔で遊んでいます 
とってもかわいく描けましたね 
鈴ちゃんも うさちゃんみたいににニコニコ顔になって アートに取り組める日も近いと思います・・・

DSCF2343.jpg


小学3年生 K・真依ちゃん 【植物も元気に生きてるよ】
 真依ちゃんから一言・・・『わたしは植物を大切にしてほしいから この作品をかきました! 植物も元気に生きているので 大切にして下さいね。』
真依ちゃんは 児童科2年目です  
今期から少し絵の雰囲気が変化してきています 
どう変化してきているかというと・・・
もちろん  良い方向に変わってきています  
画面にたくさんのモチーフを登場させ それらが関わりあってストーリーが出来上がるタイプの構図になり始めてきました 
描きたいものをそれだけ描くのではなく メインを取り巻くストーリーがあることは 作品に楽しさが増してきますね 
描けるモチーフのレパートリーが増えてきた証拠なんですよ 
今回の作品のように メインの大きな木の枝の描き方も 個性が出ていて まるで人間でいうと 手の役割があるようにも見えます  
ハガキサイズいっぱいに 《元気に生きている!》 を表現するのなら これぐらいどーーんと存在感のある木を描いて説得しましょう 
この大きな生きている木に 鳥達の住みかがあることで 《共存して生きる》が成り立ってきますね 
真依ちゃんは 何気なく描いているかも知れませんが 関わりを持つ描き方が出来るようになったことは 素敵な進歩だと 褒めてあげたいなと思います  
子供達が成長するごとに 作品にも必ず変化が表れてきますので それを読み取っていけるように心がけたいと思います 
真依ちゃんの作品の中に色んなストーリーが展開されることを とっても楽しみにしています 

DSCF2344.jpg


小学4年生 F・晴香ちゃん 【地球と白くまの願い! 守ってもらえたら うれしいな!】
 晴香ちゃんから一言・・・『この絵は 地球と白くまが一緒になって 自分たちの危機を知らせている所を描いたものです! みなさん!みて下さいね! 』
晴香ちゃんは 今期より専攻科のクラスに進級して頑張っています 
晴香ちゃんのデザインは 気持ちが和む空気感が いつもあります 
そして 誰よりも早く アイディアを出して 制作に取り組んでいます 
いくら早く浮んだアイディアだとしても 何か引き付けられるものがなければ OK!は 出しませんが 晴香ちゃんのアイディアの中には 背伸びをしない彼女らしさで伝えてくる素直さが詰まっているように思えます 
今回の作品も 地球と白くまが協力して語りかけてくるなんて とっても可愛いです 
本当は とっても危機に追い込まれている状態なのに・・・
とっても可愛い表情で 『守ってもらえたら うれしいな!』 という優しい言葉が プラスの語りかけとなって きっと 願いが叶うような気がします 
色んな宣伝効果にも 起用できるテクニックだと思いますね 
人にやってほしいことがあった時・・・
《~しろ!》・《~したほうがいい!》・《~してみよう!》 など色々な伝え方がありますが・・・
晴香ちゃんの言葉の表現である《~してもらえたら うれしいな!》 で伝えられたら・・・
《じゃぁ~ やってみようかな?》 なんて心が動いてしまいそうな感じがしますね 
バックグラウンドの地球温暖化を表現した暖色使いも ストレート過ぎない淡さが 良い効果となって画面を明るくしていますね 
専攻科に進級して 色んな挑戦も増えたところですが 焦らず自分のアートスタイルを持って望めば いつしか技術面が伸びていたってことにも繋がっていくと思います 
これからも 晴香ちゃんの頭と心から出てくるアイディアを 楽しみにしています  

DSCF2345.jpg


小学6年生 M・真衣ちゃん 【ぼくたちを 最後まで 使ってよ!】
 真衣ちゃんから一言・・・『鉛筆や消しゴムの気持ちになって 言葉を書きました! 物を大切に使っていきたいと思います!』
今年小学6年生ですが 今期入室で専攻科で頑張っています 
入室したばかりですが 小学6年生ですので 理解力があり いろんな挑戦に試みてくれています 
この作品の後に 2作品仕上げていますが どんどん真衣ちゃんのアート域を広げていっていますよ 
ものの見方が変わってきている分 ものの表現の仕方のバリェーションも増えてきていますね 
今回の作品は 《物の大切さ》を 誰が見ても 分かるように表現しています  
ゴミ箱のネットを 白と黒で表現し 立体感と奥行き感を出すことに成功しましたね 
こういう表現が 作者の伝えたいことを サポートする技術になってきますよ 
暖色と寒色の色の配分も 上手く調和が取れていて 素敵な仕上がりですね 
通常3年間 専攻科で学んで卒業 または 特訓専攻科に進級します  
真衣ちゃんの場合 専攻科は 1年で終了することになりますので 私は 教えたいことがたくさんあります 
きっと 真衣ちゃんも学びたいことがたくさんあると思います 
真衣ちゃんに気持ちがあれば それはそれは すごい成長する1年間になるはずですのでたくさん学んでいきましょうね 
今の真衣ちゃんの意欲なら きっと やり遂げれると思います  
一緒に頑張っていこうね 
輝ける1年間にしていこうね 

DSCF2346.jpg


こどものための発泡スチロール学<発泡スチロール再資源化協会>

発泡スチロールのことをもっと知ってみたいなぁ!と思い調べてみました 
とっても詳しく分かりやすい説明の後 クイズにチャレンジ出来ます 

http://www.jepsra.gr.jp/kodomo/

☆HITOMI☆

平成20年度 子供の作品紹介 【17】
2008年06月23日 (月) | 編集 |
さぁ~ 今日も絵メールの作品を紹介致します 

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

小学4年生 K・恵奈ちゃん 【晴れた日には さんぽに出かけよう!】
 恵奈ちゃんから一言・・・『木の葉の色をまぜて 表現しました! わたしも晴れた日にさんぽをするのが好きです!』
恵奈ちゃんは 今期入室で 専攻科のクラスに入って学んでいます 
『たくさん絵を描いて 思いっきり表現したい!!』を持っている女の子です 
決して 気持ちをどーんと表に出してくる子ではありませんが・・・ 
だからこそ 心の中に伝えたいことが詰まっていて 外に出る時を順番待ちしているものが たくさんあるように感じます  
恵奈ちゃんが自信を持って 伝えたいことが 今 どんどん 外の世界に飛び出してきましたよ~ 
それが 作品を仕上げるたびに 自然と出始めていることを 傍で見ていて嬉しく感じます・・・
教室の環境にも もうすっかり慣れてきて 安心して自分の時間を満喫し 制作しています 
この作品のアイディアを持って見せに来てくれた時・・・・
散歩する道の地平線がカーブしていたことに 私は・・・感激しました 
『おーーー!! このカーブした散歩道が いいーー!!おもしろい!』と素直に思いました 
【晴れた日には さんぽに出かけよう!】のタイトル通り このゆるくカーブした散歩道が 《楽しいよ!》を伝える大きな役目をしている 
計算して出てきたアイディアではないだけに 恵奈ちゃんの心の中にある《こうすれば 楽しめるよ!》が自然と出てきた瞬間だったので とっても嬉しかったです 
表現することって・・・
作者らしい一面が見えた時 作品がぐーーーんと意味ある輝きを  放つんですよね 
これからも 恵奈ちゃんらしい考え方を どんどん外に出して みんなを楽しい気分にしてあげてね 
あなたは その力を持っているよ 
ほらっ! 外に出たくて 待っているアイディアがあるよね 
楽しみにしています・・・

DSCF2338.jpg


小学4年生 Y・なつみちゃん 【ぼくが住める地球を 守っていくよ!】
 なつみちゃんから一言・・・『わたしは 色使いに気をつけて かきました。 白くまの気持ちを分かってほしいなぁと思います。 地球が動物にとって大切なんだということを知ってくれたら うれしいです!』
なつみちゃんは 今期から専攻科のクラスに進級して頑張っています 
児童科の時とは違って 《楽しい中にも 技術もしっかり学んでいこう!》に只今挑戦中の頑張り屋さんです 
児童科と専攻科の違いを今 一番感じているのは・・・
今期から専攻科に入室した小学4年生ですよね 
今までなら  要求されなかった彩色の技術も 制作しなが学んでいくので 急に大変になるかもしれません 
毎年 この時期に苦労した子供達が 必ず その頑張りを持って 専攻科2年目にレベルアップしてくれるんです 
その学びを一つ一つ乗り越えながら 出来ていく自分に《あっ!できた!》と言いながら 前に進んで今 すごい進歩を出しているなつみちゃんなんです 
出来るようになると・・・お母さんのお迎えがあっても 『もうちょっと やりたい!』の一言が出てきています 
一つ一つの作業を大切に行うことは・・・自分の作品を大切に思い 愛おしくなっていくものなのです 
今回の作品は 今大変な状況に置かれた白くま自身が 『ぼくがしっかり この地球を守っていくよ!』というメッセージを掲げて登場しました 
《大変な時も 自分から頑張ってみよう!!》の心意気が素敵でかっこいいですね 
この作品は 初めて使うポスターカラーと丸筆の0号を使って とってもとっても丁寧に描いていましたね 
仕上がった時 なつみちゃんらしい一言が出ました!!
『あーーやっと出来たーーー!!』 この言葉は 自分が出しきった力を 褒めた言葉でもありましたね 
本当に今 よく頑張っています 
その頑張りは なつみちゃんの手がしっかり覚えていて これからもずっと忘れないと思うからね 

DSCF2340.jpg


小学4年生 T・優汰くん 【地球は 奇跡の星だよ!!】
 優汰くんから一言・・・『ザトウクジラの波しぶきで 地球を冷やそうということを表現しました! 地球の生き物は すばらしいということも表現しました!』
優汰くんも 今期から専攻科に進級して頑張っています 
優汰くんは 専攻科になって作品に取り組む姿勢が素晴らしくなっています 
アイディアも 面白い視点から考え 独自性が出てきて 出来上がりがとっても楽しみになっています 
粘り強く頑張る集中力も備わって 制作している間 作品と向き合い 色んな工夫をしているのを見て関心することもあります 
今回の作品は 大きな大きな星である地球の危機を 大きな大きなザトウクジラが救う そんな奇跡をテーマに描いてくれました 
海で生きる大きな大きなザトウクジラの波しぶきなら  熱くなった地球の危機を救うことが出来るかもしれません 
とってもとっても スケールの大きい考え方を持つ優汰くんにも 驚きですよ 
どかーーーんと流れるザトウクジラの波しぶきが 作品からも流れてきそうな迫力がありますね 
黄色バックグランドと 水色で表現した地球のコントラストが 面白くていいですね 
迫力のあるアイディアには  それをダイレクトに伝えるカラーが大切ね 
とっても 伝わりやすい配色で 奇跡の星である地球が目立っています 
これからも 優汰くんしか考えられないアイディアで 作品作りをしていってくださいね 
専攻科になって益々 個性ある作品作りを目指して下さい 
応援しています 

DSCF2341.jpg


小学6年生 N・菜津希ちゃん 【動物と一緒!!】
 菜津希ちゃんから一言・・・『バックグランドを明るい雰囲気になるように工夫をし 頑張って制作しました!』
菜津希ちゃんは 専攻科3年目で とっても落ち着いた気持ちの中 頑張ってくれています 
1作品ずつ仕上げるたびに 《菜津希ワールド》はどんどん変化して 色んな可能性を持った作品を作り上げています 
どんなに小さいキャンバスでも 必ずそこに 空間の流れを感じる描き方を心がけてくれていますね 
今回の作品も 動物と一緒に戯れる女の子が本当に楽しそうに描かれています 
空気感を感じるモチーフとして 女の子の髪の毛が風に吹かれています 
このひとつの表現があるのと ないのとでは・・・この絵の中の生命感が大いに違ってきますね 
小学6年生になって 自分のアイディアがより観ている人に伝わりやすくなるよう 考えながら 制作出来るようになったことは 素晴らしいことだと思います 
その分 細部にまでこだわっているので 時間内に仕上がらない時もありますが・・・
そこは・・・自分が納得いくまで 自宅制作も試みてくれて頑張ってくれていますね 
菜津希ちゃんの気持ちがとっても安定しているので 伝えたいことが素直に表現でき またそれを観た人が 癒されると思いますよ 
これからは 今までに取り組んだことのないモチーフにも挑戦して 《菜津希ワールド》の域をどんどん広げていってくださいね 
難しい作業にも とりあえず取り組んでみるその意気込みが 今の菜津希ちゃんを作ったのだと思います 
あなたの頑張りは いつも感心しながら 見ています 
これからも 応援し続けるからね 

DSCF2342.jpg


JAFが取り組む地球温暖化対策
ガソリンの高騰に伴い 車の運転の仕方を工夫してみよう!という 《エコドライブ》が注目されていますね 
どうしても車を使用しなくてはならないのなら・・・エコドライブを実践してみるのも いいですね 

http://www.jaf.or.jp/eco/index.htm

☆HITOMI☆

平成20年度 子供の作品紹介 【16】
2008年06月20日 (金) | 編集 |
今日から関東地方にもまた梅雨空が戻ってきたようです
週末の予報も曇りや雨・・・
そんな時はこのブログで子供たちの作品をゆっくりとご覧下さい

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

小学2年生 T・琴音ちゃん 【しょくぶつをたいせつに!】
琴音ちゃんから一言・・・「私は植物を大切にしたいと思います。お水をあげて、大事に育てます。」

琴音ちゃんは入室してちょうど一年経ちます。
ユニークなアイディアをたくさんもっている子だな~という印象でした
一年経ってもまだまだアイディアが湧き出てくるようです
見ていて頼もしさすら感じます
今回の作品はテーマをしっかりと理解して、琴音ちゃんの優しさの部分が作品となって表れました
中央にいる琴音ちゃんの笑顔はいつも明るい琴音ちゃんそのものです
水彩絵の具も丁寧に描いて仕上げることができましたね
黒い線で縁取る作業も面倒がらずきちんとできました
本人も納得のいく作品になったようで、完成した時は笑顔いっぱいでしたよ
いつまでも純粋な気持ちを忘れずに作品に取り組めたらいいなあと思います
がんばろうね
IMG_2432.jpg



小学4年生 N・光希くん【リサイクルしよう!】
光希くんから一言・・・「色々なものをリサイクルしたら地球に優しくなれると思います。文字の部分を一文字ずつ色を変えて頑張りました。みてください。」

光希くんはいつも皆とはちょっと違った作品を生み出します
お母さんはハラハラ・ドキドキ戸惑うこともあるようですが
私はいつもワクワク楽しみにしています
アートの世界ではいかに注目されるか、更に人の心をひきつけることができれば最高です
光希くんは、今年度から専攻科です
自分の世界を持っているのでこのまま自由に大胆さを失わず成長してくれたらいいなと思っています
期待してますよ
IMG_2433.jpg



小学6年生 K・愛梨ちゃん【みんなの地球】
愛梨ちゃんから一言・・・「地球を汚していく私達。氷の上に住んでいる動物が困っているところや、工場の大気汚染、森林の伐採などを表現しました。」
愛梨ちゃんも気がつけば6年生
小さい頃から通っていただきありがとうございます
物静かで、優しくて女の子らしい愛梨ちゃん
でも、芯は強くて頑張りやさんです
今回の作品は今の地球の悲しい現状を上手くレイアウトして表現できましたね
「できることから始めよう!」の文字も控えめだけれども
白く浮き出て、まるで地球からのメッセージのようです
これからも自信を持って制作に励んでください
毎年秋に行われる小学校の芸術祭の作品も是非6年連続入賞を目指して頑張ってね
応援してます
IMG_2434.jpg


                             ☆MIWA☆   



平成20年度 子供の作品紹介 【15】
2008年06月17日 (火) | 編集 |
自由アート教室のホームページの背景写真とその他の写真を差し替え リニューアル致しました 
ホームページ立ち上げの際に お世話になったWaidの佐藤様に 作業をお願い致しました 
素敵にレイアウトして頂き ありがとうございました 
ホームページの背景写真は 昨年度の【第10回自由アート教室作品展 <共同作品 アニバーサリーケーキ>】を起用致しました 
記念すべき共同作品が登場したホームページを 是非ご覧下さいませ 

自由アート教室 ホームページ
http://jiyu-art.waid.jp/

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

小学1年生 Y・優太くん 【とっても元気な カマキリ】
 優太くんから一言・・・『カマキリが動いているように かいたよ! 元気があるでしょ! 空もがんばってかいたから 見てね!』
優太くんは 小学1年生になって 作品に取り組む気持ちが変わってきた男の子です 
もちろん  良い方に変化しています 
集中して描く時間も ぐ~んと延びました 
物を描く観察力・絵筆の使い方も 優太くんの制作姿勢が落ち着いたからこそ生まれた結果ではないでしょうか 
小学1年生は 幼稚園とは違った学習時間の中で 疲れが出る頃だと思います・・・
学校で大勢の仲間の中で学んでいることが 良い刺激になって やる気に繋がっているのかもしれません 
幼い子が小さな体で 意識を変えて頑張り始めているのを見ると・・・
《えらいぞ! 頑張ってるな~ その頑張り見えてるぞ!!》って心で感じます・・・
そして 優太くん自身が 意欲的になっている自分を感じていると思います 
何か自信が付いてきているように思うんです 
制作途中の作品をお母さんに見ていただくと・・・『これって? 優太が描いたんですか?』の言葉  
『はい! 優太くんが描いたんですよ! 今すごく頑張っていますよ!』と・・・私 
この作品から もう3作目に入っていますが・・・もっともっとすごい変化がはっきり見えてきています 
だから みんなの前でその変化を褒めています 
今回のカマキリの作品は 変化のきっかけになった作品ですね 
男の子らしく元気よく 動いているようにのびのび描けました 
自分から成長をみせたこの頑張りは・・・大切に応援していきたいと思っています 

DSCF2323.jpg


小学3年生 O・彩ちゃん 【太陽の光をいっぱいあびて みんな元気!】
 彩ちゃんから一言・・・『太陽の光が反射しているようにかいたよ! ジョーロから水が出ているようにかいたよ! 見てください!』
彩ちゃんの作品は 《元気そのもの》って感じで こちらまでパワーが湧いてきます 
太陽の光って 元気の源ですよね 
最近の彩ちゃんも 太陽の光を浴びて・・・どんどん元気になって 生き生きしています 
作品にも その元気さが溢れんばかりに表現されているんです 
作品から ここまで元気なパワーが伝わってくると・・・『よーし!がんばっちゃおう~!』って自然に思いますね 
勇気付けてくれる素晴らしい作品になりました 
この作品のポイントは 彩ちゃん自身が語ってくれているように・・・太陽の光ですね 
制作している彩ちゃんを見ていると・・・細かい工夫をしていました 
太陽をどんなふうに表現してくれるかな?と陰で見ていると・・・
これ以上 太陽の元気さを表現出来ないぞ!!って所まで 
何色もの暖色を細かく使い 太陽の表情もニコニコ 
太陽の光は みんなを元気にするシャワーのように 暖色の細い線で描いていました 
ここのこだわりは 彩ちゃんらしさがしっかり出た 素晴らしい頑張りでした 
これからも 彩ちゃんの元気さが100パーセント表現できる作品を どんどん仕上げてくださいね 

DSCF2324.jpg


小学5年生 K・七海ちゃん 【こんな 地球が大好きです。】
 七海ちゃんから一言・・・『この地球に少しでも多くの生き物が住めるよう 住みやすい地球を描きました!』
七海ちゃんは 専攻科になって2年目の女の子 
七海ちゃんは 描く構図に大胆さがあり 大きく表現できる勇気を持っています 
私は この大きな心を大切にしていってほしい  と思っています 
型にはまらない七海ちゃんらしい大胆な線描きに面白さを感じています 
動物や植物が自然に動く躍動感は そのタッチから生まれているのではないのかな?って思うのです 
今回の作品の中に たくさんの動物・植物が描かれていますが 空間を区別しない配置が実にユニークだと思います 
常識や決まりごとだけでアート作品を制作しても 何の面白みもなく 躍動感や生命が宿らないモチーフが画面を飾ることになってしまう 
だから 七海ちゃんが今持っているその大らかな考え方は ずっと大切に活用して下さいね 
これは・・・生まれながらにして持っているパーソナリティーと関係しているので なかなか他の人が真似出来ない貴重な特性なんですよ 
大人になっていく間に 何処かに置いてこないようにしてね 
きっと いつかその大胆さが力となって 七海ちゃんを助けてくれる時が来るでしょう 
描く技術も 理解が高まってきているので 順調に伸びています 
あなたの頭の中にある面白いアイディアがどんどん外に出てくるよう 楽しんで制作していきましょう 

DSCF2325.jpg


中学1年生 S・由樹君 【動物たちの自然を消さないで】
 由樹君から一言・・・『動物の目を工夫して描きました。 生きている目を描けるよう 頑張りました! 』
由樹君は 中学生になって特訓専攻科として頑張る 陸上部の男の子です 
部活と両立して 週1日は アート教室の時間を確保して 頑張ってくれています 
小学生の頃から バスを使って  来室してくれていましたので その頑張りは 作品を取り組む姿勢に比例してどんどん技術向上もしています 
中学生になり 自転車を使って通って来てくれている由樹君は 帰りは 40分かけて自力で頑張って帰っていきます  
その頑張りは・・・由樹君の財産になっていくと 心より応援していますよ 
スポーツマンでもありながら 芸術面も輝いてくれている  本当に素敵ですよ 
作品は 由樹君の優しい気持ちが全面に出てくるものが多く 繊細な部分を知ることも出来ますね 
今回の作品も実に細かく 動物たちが良い環境で住み続けたい!!想いを じっくり描き上げました 
由樹君自身が工夫したと言うように・・・動物の目を見てください 
優しい目の奥で 私達人間に訴え掛けているではありませんか 
小学生から中学生になって成長した由樹君のレベルアップした作品となりました 
大きく分けて 2トーンの色彩で仕上げる技術も完璧で 拍手を送りたいと思います 
これからも 忙しい学校生活の中で 由樹君の輝ける場所であってほしいと 変わらぬ応援をし続けます 
 
DSCF2326.jpg


Yahoo! JAPAN アースプロジェクト

白クマ博士のエコ教室でエコについて もっと詳しくなっちゃうー!
http://promotion.yahoo.co.jp/toyota_earth01/eco/index.php

☆HITOMI☆
平成20年度 子供の作品紹介 【14】
2008年06月14日 (土) | 編集 |
今朝 岩手・宮城で震度6強の地震がありました 
我が家でも 横にゆらゆら揺れる時間が 長く続いたので驚きました 
岩手・宮城では かなりの被害があったようで 心配です・・・
自然の力は 時として すごく怒っているように感じます・・・
被害に遭われた方々がお気の毒です・・・
地震も 地球が生き続けるのに 必要な現象なんでしょうか・・・
防ぎようもない自然現象は・・・辛い結果を突きつけますね 

では 子供達が制作した 地球を思う気持ちの作品をご覧頂き 何かを感じて頂ければと思います・・・

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

小学1年生 K・修司くん 【クワガタムシとトンボがすむ森】
 修司くんから一言・・・『はじめて 虫をかきました! ずかんをみて かんさつしながら かいたよ! がんばってかいたから 見てください。』
修司くんは 今 自分の力を大きくするためにチャレンジ中なんですよ 
修司くんは 電車を  とっても上手く描くんです  すごいんです 
でもその電車の描く力をどんどん伸ばす前に・・・ 
他のモチーフにもチャレンジ出来る力を持っているので そこを踏み切る1歩を 修司くんから 『やってみるよ!』 と言葉が出る時を待っていました 
その時が来たんです 
そのきっかけは 小学校に入学してすぐの頃・・・
この作品のアイディアを考える時に 困っていた修司くんに 『生き物とか描いてほしいなぁ~』 
『え~かけないよ~』 
『きっと かけると思うよ! 図鑑を見て形を観察してごらん!』 
『きっと 今の修司くんならできるよ!』 
渋々 図鑑を見ながら・・・少したった時・・・『虫 かいてみようかな~』 
『おーーー やってみよう!修司くんが思うように描いたらいいからね!』 
実は・・・この言葉 待っていたんですよ 
1作品ずつ 成長してほしいなぁ~と思っていて 色んな課題を与えていますが 個々の自尊心ってものがあって ここを傷つけて 前に進んだとしても 何の進歩にもならない ことは 充分心得ていますので どんなに小さい子供であっても むしろ小さい子供だからこそ この1歩は 後にいい道を作っていく1歩にしなくちゃいけないんです 
修司くんが 乗り越えた体験 《ぼくって やればできるじゃん!!》を感じることが出来たからこそ 今現在 たくさんのモチーフに挑戦中です
だから この作品は 記念すべき大切な作品なんです 
自分で納得して望んだ挑戦に 大きな拍手を送ります  
よくやった

DSCF2319.jpg


小学3年生 F・夏美ちゃん 【きもち いいなー】
 夏美ちゃんから一言・・・『気持ちよさそうにしているところをみてほしいです! むずかしかったところは まわりのけしきの色をぬるところでした。 』
今期入室の夏美ちゃん 
体験授業の時から 作品に取り組むテクニックや注意事項の話を一生懸命聞く  まなざしが印象的でした 
今回の作品の中にも 人とは違った表現をしたい!という工夫の部分がちゃんとありました 
夏美ちゃんが 難しかったという周りの景色の塗り方です 
森林の美味しい空気を作っている木々を表現した塗りは・・・制作し始めて 早速塗っていった部分でした 
バックグランドの色の表現は その作品の雰囲気を大きく左右します 
それを・・・夏美ちゃんは ちゃんと聞いてくれていました 
題名通り 【きもちいいなーー】を一瞬にして感じることが出来るよう 太陽の光  を心地よく浴びて 森林の中で休む鳥を 夏美ちゃんらしく描き上げることができました 
鳥の体を作る羽根1枚1枚も丁寧に描いていますね 
そのこだわりが これからの作品作りに大切なところとなっていきますよ 
この鳥の表情が作品のすべてを語ってくれています・・・
こんなふうにニコニコ笑って生きることの出来る地球こそ  ずっと続いていってほしい願いですね 
今現在 この作品から 3作目を制作中の夏美ちゃんですが そこでも 楽しい世界を表現中です 
楽しい世界を描くことは・・・夏美ちゃんの心も楽しく出来ます 
そして何よりも 見た人の心をも楽しくしてくれるのがいいね  

DSCF2320.jpg


小学5年生 I・萌美ちゃん 【私達は 大好きな地球にいたいから!】
 萌美ちゃんから一言・・・『私は この絵を描く時に 動物の気持ちになって頑張って描いてみました! 1番頑張ったところは きりんと象の頑張っている姿の表し方です! この制作で 動物にとっての地球の大切さが改めて分かったような気がします。』
萌美ちゃんは 専攻科2年目の女の子です 
伝えたいことをイラストタッチに上手く表現することが出来て素敵です 
今回の作品も 地球温暖化の犠牲になっている動物を使い 《森林伐採》を警告するメッセージアートを描き上げました 
きりんや象が 《お願いだから もうやめて!》という思いで必死に木を支えているこのアイディアは・・・ 
分かりやすく 人に伝えるには 直球で面白い 
動物達が 話すことが出来るのなら きっと この言葉を言っているのでは・・・というこのキャッチコピーも上手く作りましたね 
【私達は 大好きな地球にいたいから!】・・・願い・叫び・訴えのこの言葉とイラストがピッタリ合っていて作品が持つ伝えたい!!が高まりますね  
細かい部分ですが きりんと象の必死に頑張る目が ポイントとなったので 表情は完璧でしたよ 
専攻科の作品になってくると・・・自分の考えたアイディアを最後まで大切に形付けることが目標となってきます 
細かい部分にまで納得いくように頑張った時!
作品を 仕上げた自分をたっぷり褒めてあげていいですよ 
それだけ たくさんの工程を乗り越えてきていますからね 
萌美ちゃんらしいアイディアを秘かに楽しみにしている私です・・・

DSCF2321.jpg


小学6年生 S・稜太くん 【緑いっぱいの 地球を植えて 自然を増やそう!】
 稜太くんから一言・・・『地球の陸の部分を陸っぽく表現出来るよう細かく描いたので見て下さい!』
幼稚園児の時から 教室に通って頂いている稜太くんは・・・
今期で専攻科のカリキュラムを終了するまでになっています 
早いものです・・・
でも その成長の過程で仕上げてきた作品の中には ちゃんと稜太くんの頑張りの足跡が残っていると思います 
この1年間は 学ぶこともたくさんありますので 学んだ事をどんどん実践していってほしいと思っています 
今回の作品では  自然いっぱいの地球が 次世代の地球環境に良い芽を出すか それとも地球自体が衰退してしまうかで 良いほうの提案を表現してくれました 
植樹というものは・・・今の地球にとって 失ったものを補っていくのに1番必要な試みだとされています 
砂漠に植樹する技術なども開発されつつあり 稜太くんのアイディア通り 緑いっぱいにすることが今の地球を救うことになっていくと思いますね 
資源を省みないで 発展し続けてきた地球から 今一度 大きな自然の芽を出さなくてはならない時ですよね 
稜太くんの作品のように地にしっかりと根付いて 土台が揺らがない大きな芽を出して 地球がもっともっと長生き出来るようにしていかなければなりません 
稜太くんはたくさんの知識を持っているので これからの作品にも 活かしていってほしいと思っています 
地球の陸の部分に木々を描いていったことで 立体感を出すことも出来ていますよ 
頑張ったところが良い効果を出していることは 嬉しいことです 
これからも こだわりを持った作品作りを期待しています 

DSCF2322.jpg


マイロク先生の地球一よくわかる! 温暖化問題

面白いキャラクターのマイロク先生が 地球温暖化の講義をしてくれます!
1時間目から4時間目まで講義を受けてから 卒業試験を受けて 温暖化問題の知識を高めることが出来ますよ!
さぁ~!家族みんなで 楽しく学んでみよう!
http://www.team-6.net/-6sensei/

☆HITOMI☆
平成20年度 子供の作品紹介 【13】
2008年06月11日 (水) | 編集 |
一昨日の月曜日、大西先生と12月の作品展会場の予約に行きました
え?もう予約??
そうです6ヶ月前から会場の予約が始まるんです
子供たちに話しをしたら・・・
「はや~い!」「12月のことでしょう~??」と少々びっくりしてました(笑)
今年も例年通り、サプラ2階の多目的ホールで行います
会期は12月12(金)~14日(日)の三日間。
搬入12月9日(火)、搬出12月14日(日)。
詳細につきましては、改めてご案内します
保護者の方々には毎年多大なるご協力をいただき感謝しております
今年もどうぞよろしくお願いします

それでは、絵メールの作品紹介にうつります

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

小学4年生 H・達哉くん 【ポイ捨てはやめよう】
達哉くんから一言・・・「銀色の魚がうまく描けたと思います。いつまでも綺麗な海であってほしいです。」

夏休みには、海に行くご家族も多いと思います
一人一人がマナーを守って、気持ちよく楽しみたいものですね
真っ青な海の中に達哉くんが気に入ってる銀色の魚が引き立ちます
その魚やたこの表情がいいですね
白い波やわかめも力を抜いて、自然な感じに描かれています
その自然な感じが達哉くんらしくてつい微笑んでしまうんです
私はいつも達哉くんの作品には癒されます
きっと気持ちが優しいんだろうな
これからの作品も楽しみにしています
IMG_2429.jpg



小学5年生 U・碧ちゃん【地球を守ろう!】
碧ちゃんから一言・・・「私が気に入ってる龍が地球を守ってくれているところを描きました。龍は強そうに描くことを意識しました。」

碧ちゃんは龍に大きな魅力を感じているようで、
今制作中の作品にも龍が描かれています
とても力強く描くことができましたね
バックに紫を使い、神秘的な雰囲気も十分に出せました
この絵のように本当に地球を守ってくれる龍がいたらいいですね
毎週の教室では楽しい話も聞かせてくれて、人気者です
お母さんは常に温かく見守ってくださるので、碧ちゃんはいつものびのび描いていますよ
素敵な親子関係だなあと思います
IMG_2430.jpg



小学2年生 K・優葵ちゃん 【ちきゅうにやさしくしよう】
優葵ちゃんから一言・・・「いろいろ大切にしたいです。画用紙が小さかったので色を塗るのがむずかしかったけど頑張りました。」

優葵ちゃんは今年度入室の女の子です
ギラギラの太陽の下、氷の上で白熊やペンギンが泣いていますね
初めての作品でしたが戸惑うこともなく、自分の考えていることをすぐ表現していました
絵を描くことが大好きの様子で、コンクール出品作品をどんどん進めています
今優葵ちゃんの頭の中にはアイディアが溢れているようです
本当に素晴らしいことだと思います
次はどんな作品を描いてくれるのか私もワクワクしています
今後の作品も期待してます
IMG_2431.jpg


                          ☆MIWA☆



平成20年度 子供の作品紹介 【12】
2008年06月07日 (土) | 編集 |
昨日のお昼・・・
長女と同じ学年のお母さん達が集まって その中の一人のお宅でランチをしました
輸入住宅のとっても素敵なお宅でそちらのデッキテラスで 外ランチをしてきました 
デッキテラスの辺りは 自然のままの木々が残されており その情景は 《自然な形状を住宅の中に取り入れている素敵な邸宅だな 》って思いました  
時間がゆったり流れる素敵な空間で 美味しいランチとおしゃべりタイム 
各自 料理持ち寄りで 私は <サーモンのマリネ>と<生ハムのマリネ>とクラッカーにデップする<クリームチーズのイチゴヨーグルトソース>を持参しました 
みんなで持ち寄った手料理がテーブルに並び どれも美味しくって 食べて喋ってまた食べてまた喋ってと・・・・あっという間の4時間  
良いリフレッシュとなり 楽しいひとときでした 

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

幼稚園長 T・萌音ちゃん 【 おねえちゃんとふたりでソフトクリームをたべたよ! 】
 萌音ちゃんから一言・・・『 チョコソフトクリームは おねえちゃん! バニラソフトクリームは わたし! ソフトクリームがおいしくかけたよ! 』
萌音ちゃんは 入室して1年が経った女の子です 
自分で描く絵がたくさん増えてきました 
今回のアイディアは・・・おねえちゃんが登場して 仲良く美味しいソフトクリームを食べているところを描きましたね 
食べているソフトクリームもチョコとバニラを描いていますね 
おねえちゃんは チョコソフトクリーム好きなのかな 
おねえちゃんには 大好きなチョコソフトクリーム描いてあげたね 
そして 個性を出すように おねえちゃんと萌音ちゃんのお顔の色を変えて塗ったりしましたね 
これも 面白いアイディアだと 感心していました 
美味しい美味しいソクトクリームを食べたい夏がすぐそこにきています・・・
この絵のように 仲良く美味しいソフトクリーム食べてくださいね 
最近 とっても頑張って 作品を仕上げる萌音ちゃんを見ていて  
筆の使い方・絵の具の塗り方を 工夫し始めたので 下描きの形がしっかりそのまま表現出来るようになりました 
出来上がった時 1番嬉しいのは 萌音ちゃんだもんね 

DSCF2303.jpg


小学4年生 Y・友梨ちゃん 【 きれいなちょうちょがとんでいるよ! 】
 友梨ちゃんから一言・・・『 ちょうちょのはねの模様を描くのと バックを塗るのが難しかったです。 』
友梨ちゃんは 今期より専攻科に進級して頑張っています 
優しくきれいに飛んでいる蝶を表現するために 塗る色を工夫していましたね 
バックグラウンドの黄色と薄緑色は 植物の葉の表現 
そして 白色とピンク色のたくさんの点は 小花を表現 
その淡い表現が 蝶たちが飛ぶ自然を 優しく表せていますよ 
難しかったという蝶の模様は 少しずつ色を変えて0号の丸筆で点を描いていきました 
ピンク色の蝶は 妖精のように 可愛くて絵の中に楽しさを運んできてくれていますね 
黄色蝶は 画面に華やかさを与えてくれていますよ 
専攻科になって 今までと違って 細かいところまで 気遣って制作していこう!とする姿勢が見られます 
以前は アイディアに悩むこともありましたが 最近では 早い段階で 自分の考えを形に出来るようになって すごい成長を見せてくれていますよ 
専攻科1年目は 他の専攻科の子供たちに刺激を受けて 急激に成長する時です 
この刺激を受ける時期に今までとは違った ものの見方をたくさんすると・・・
アイディアが豊富になって制作することができます 
まさに 友梨ちゃんは そのスタートをきったところで 頑張っていますね 
教室で話をしたアイディアを出す訓練を たくさんしてみて下さいね 

DSCF2304.jpg


小学5年生 U・彩音ちゃん 【 地球の未来を守ろう 】
 彩音ちゃんから一言・・・『 地球を守るために こんなことをしよう!ということを絵に描きました! 見てください! この絵を見て 地球温暖化について考えてほしいです。 』
彩音ちゃんは 地球温暖化を守るため・・・みんなで頑張っていくことを4つ提案してくれました 
●自転車で行けるところは 自転車で移動しよう! 
●マイエコバックを持って買い物に行こう! 
●こまめに電源のスイッチを切ろう!
●自然を大切にしていこう!
本当に厳選した提案をしてくれました 
私たち一人ひとりが意識を持って 今日から取り組めば 世界全体でどれくらいのCO2削減になっていくんだろう 
1日の努力から どれだけ地球を守ることにつながっていくんだろう 
数字で言われても想像することは 難しいけれど・・・実行すれば 必ず良い方向に向かっていっていることは 確かだね 
彩音ちゃんのこの提案を大切にしていこう 
みんなに訴える提案アートらしい色彩で 描くことができました 
人の目に入っていきやすい原色を 細かい部分にまで 彩色出来たことは 素晴らしいです  
訴えたい部分に黄色を使ったことは 黄色の効果を よく理解出来ていると思います  
どんなカリキュラムでも 独自性を出して 制作出来るようになってきた彩音ちゃん 
これからも益々 頑張ってください 

DSCF2305.jpg


中学1年生 T・麻陽君 【 いつまでも この桜を・・・ 】
 麻陽君から一言・・・『 散っていく桜を眺める てんとう虫。 いつまでも この桜を見ていたい!という思いを描きました。 』
中学生になって特訓専攻科に進級した麻陽君 
進級を決断する時 迷わず 『 中学なってもやっていく!続ける! 』 と言って両親に告げたという麻陽君 
特訓専攻科に進級するためには・・・ 《忙しい中学生活だが 頑張って毎週休まず来室して制作に励むこと!》これが1番の条件 
特訓専攻科に進級した中学生すべてが この約束を守ってくれています 
麻陽君は 来室すると・・・すぐ制作に取り組む姿を見せてくれ これには・・・中学生になっての意気込みを感じます 
麻陽君の場合 ガツガツ頑張るのではなく 自分の制作モードを作って 良いマイペースで自分自身心地よく集中するスタイルです 
私が制作過程を見ていなくても・・・麻陽君の作品を多くの中から見つけ出すことができるかも?と思うぐらい 彼らしい個性が溢れる作品を作り上げます 
今回の作品もアイディア段階から 中学1年生の男の子が発想する視点ではなく 色が付いてくればくるほど もっとそう思ってしまうぐらい 心が安定した和む作品を作り上げました 
ものの空間をテーマにした絵は その空気感まで 上手く表現して仕上げてきます 
将来 100人中100人が 癒されるであろう!作品を作っていけるのでは・・・と 秘かに期待しています 
決して焦ることはないから 自分の良さを大切にしていってください 

DSCF2306.jpg


【1人、1日、1kg CO2削減 私のチャレンジ宣言】に登録しよう!
1人、1日、1kg 二酸化炭素削減をめざそう!!とする取り組みです!

●環境省ホームページ●
http://www.team-6.jp/try-1kg/

☆HITOMI☆

平成20年度 子供の作品紹介 【11】
2008年06月04日 (水) | 編集 |
梅雨の間の貴重な晴れ  の1日 
この自然の光を大切に活用し 洗濯物をたくさん干しました 
全部屋の窓を開け 風を通して すっきりしちゃいます 

では 松ヶ丘教室の絵メール作品紹介です 

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

小学2年生 S・可奈ちゃん 【 たくさんの星が輝く この地球を ずっと守っていきたい 】
 可奈ちゃんから一言・・・『 星をかく時 金色や銀色を使って いっぱい点をかきました。 いっぱいの星をかくのは たいへんでした。 だけど 楽しかったです。 絵をかくのは こんなに たのしいんだ!と思いました。 』
今期入室の可奈ちゃんは 地球への思いをとっても大きな構図で 思いっきり表現してくれましたね 
海  と緑いっぱい  の地球は みんなの宝物
この宝物を 守っていくのは 私達人間なんですよね 
たくさんの生き物が生きるこの地球は 素敵な大きな星なんです 
その大きな星の周りにも きれいな無数の星たちが 輝いています 
大好きな地球と同じぐらい守りたい無数の星を 0号の丸筆を使って 一つ一つ丁寧に描いていた可奈ちゃん 
出来上がった時に出来るだけピカピカ輝くよう  絵の具の金・銀を使って 心を込めて描き上げました 
まだ慣れない可奈ちゃんにとっては 大変な作業が続いたと思いますが・・・
『 こうやってみるといいよ! 』  のアドバイスに 『 はい! 』  と気持ちよく返事をして 自分への挑戦に試みていました 
頭に描くイメージに近づけるため 自分の手で表現していくのは 至難の業 
そこには・・・≪やってみよう!≫の勇気が必要 
可奈ちゃんは この勇気を ちゃんと持っていますよ 
自分が考えたアイディアを自分で形にしていく・・・楽しくも難しいこの体験をして 出来上がった喜びを味わった人だけが語れるこの言葉・・・
『 こんなにたのしいんだな~ 』 って言えるんだと思います 
素敵な言葉だね 

DSCF2294.jpg


小学2年生 S・菜野花ちゃん 【 うさぎさん おたんじょう日 おめでとう 】
 菜野花ちゃんから一言・・・『 うさぎさんのおたんじょう日を楽しくするために がんばってかいたのは バースデーケーキです! 見てください! 』
菜野花ちゃんは みんなにもある特別で素敵な1日をテーマに ≪おたんじょう日≫を選びました 
画面から ≪たのしい!!!≫ が伝わってきますね 
この作品を仕上げる菜野花ちゃん自身が ≪たのしい!!!≫と思いながら 描いていたように感じます 
生クリームとイチゴの三段バースデーケーキ を描いている時は 気持ちがワクワクしたんじゃないかな 
実は・・・出来上がったこのバースデーケーキを見たとき  『ケーキ食べたい!』って 思いましたよ 
それぐらい 三段ケーキなのに ふわふわしたスポンジケーキが表現出来ていて お見事 
お誕生日の楽しい雰囲気を明るい色彩で表現でき こちらまで 嬉しい気持ちになりますね 
うさぎさんとぶたさんの顔の表情が楽しさを伝えて  手を叩く音までが聴こえてきますよ 
最近の菜野花ちゃんのアイディアは とってもバライティーに富んでいて 観る人まで元気にさせてくれますよ 
とっても素敵なことです 
最近 楽しいことが続いているかな 

DSCF2293.jpg


小学6年生 I・加奈望ちゃん 【 地球もたまには のんびりしてみよう 】
 加奈望ちゃんから一言・・・『 このアイディアにしたのは 図鑑に載っていたアシカが鼻にボールをのせている写真を見て ここから発想しました! ボールを地球にして 地球がのんびり水遊びが出来るといいなと思って描いてみました。 』
今回の絵メールは 加奈望ちゃんらしい  発想の作品ですね 
優しさ・思いやりが作品に表現出来ていていつも ホッとさせて頂いています・・・
小学6年生になって  そのアイディアに少し変化が・・・
そう! デザイン化されてきたということです 
観る人をホッとさせて 尚且つ しっかりとしたメッセージを優しく伝える・・・
今までの加奈望ちゃんの気持ちをベースに 自分らしく人の心に伝える絵の描き方を 見つけた!と言ってもよいと思います 
小さい頃からやってきた≪こうだったらいいのになぁ~≫と思う気持ちを 成長するごとに削ってしまうのではなく 子供から大人までの人に分かりやすく≪アイディアの世界≫を伝えて 
いつまでも・・・≪こうだったらいいのになぁ~≫を表現していってほしいと思っています 
今回 図鑑のアシカを見て このボールを地球に変えてみたら・・・地球がのんびりできるんじゃないかなって思えたその瞬間が 実は大切なんですよ 
同じものを見ても 何にも感じない!!って人は・・・たくさんいます 
ものを見て 自分なりに良い変換が出来るように 頭の中を柔らかくすることが デザインをするのにも 世の中を生きていくのにも大切になってきます 
今 こうして成長し始めた 可奈望ちゃんの考え方を 大切にしていこうね 
こうやって考えていくと・・・アイディアに悩むってことは なくなっていくからね 

DSCF2295.jpg


中学1年生 N・美咲ちゃん 【 動物達をこの手で守ろう 】
 美咲ちゃんから一言・・・『 バックグランドを明るいオレンジ色にして 葉の中を塗らないでより明るさを出しました! 手に蛇や鳥を描いて <守ろう!>を表現しました。 』
美咲ちゃんは中学生になって 特訓専攻科に進級して頑張っています 
中学生になると・・・小学生の時間の流れと違って ≪どうして こんなに忙しいのかな?≫って思うぐらい みんな それぞれの時間に精を出しています 
美咲ちゃんは吹奏楽部に入り 頑張っていますが 自由アート教室の方も 毎週休まず 来室してくれています 
特訓専攻科は 只今 9名いますが 成長していく応援をたくさんしてあげたいな  と思わせてくれるぐらい皆 時間を取って頑張っています 
美咲ちゃんの今回の作品は 地球温暖化で犠牲になっている動物達を 何とか助けたい!!という思いで描いています 
美咲ちゃんは 動物が大好きで 家で飼う猫の出産にも何度も立ち会って 生まれる瞬間を見てきました 
生きる最初の瞬間を見てきた経験は ただ動物が好き!という いいとこ取りではなく 大変な世話も可愛いしぐさも ぜ~んぶ含めて ≪この子たちを守りたい!≫に繋がっていくんですね 
何よりも説得力があるのは 体験です 
美咲ちゃんの作品の中にある手は 自分自身のこの手です 
人間と同じ生きる動物として 助け合っていい環境の中で 命を育ててほしいですよね 
動物をテーマにした作品が多い美咲ちゃんですが どんなに忙しい日々が続いても・・・思いやる気持ち・守ってあげようとする気持ちはこの先もずっとあなたの1番大切な気持ちとして持ち続けてくださいね 
将来 その気持ちを持ち続けていたら・・・・ きっと あなたの力を必要とする時がやってきますよ 
忙しい時だからこそ 大切な想いは ちゃんと持っていてね 

DSCF2296.jpg


 家庭で出来るエコな取り組みメモ 

 テレビ番組を選び 1日1時間テレビ利用を減らす 

見たい番組だけを選んでみる習慣をつけましょう。

★ 年間約14kgのCO2の削減
★ 年間で約800円の節約

< 全国地球温暖化防止活動センターWebサイトより >

☆HITOMI☆


平成20年度 子供の作品紹介 【10】
2008年06月02日 (月) | 編集 |
6月衣替えです
といっても最近は気温の差が激しくまだまだ長袖をしまいこむにはちょっと早いですね
皆さん体調管理には十分気をつけてください

それでは、今日は桜が丘教室の絵メールの作品紹介です

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

小学2年生 T・倭人くん 【海の中】
倭人くんから一言・・・「初めての作品です。気をつけたところは色を丁寧に塗ったところです」

「いつまでも海がきれいで魚達が元気よく泳いでいてほしいなあ」と願いを込めて描きましたね
以前幼稚園の時にお姉ちゃんと一緒に無料体験を受けた頃に比べると、格段に集中力も上がり、制作意欲も高まった気がします
青い海、青い魚、青い空・・・そこに赤い太陽と白い波が効いていますね
気持ちよく泳いでる感じが伝わってきます
初めての作品だったので細かいところはクレヨンも併用しました
自分で気をつけながらとても丁寧に絵の具で描けましたね
これからの作品がとても楽しみです がんばろうね
IMG_2426.jpg


小学5年生 H・夏紀ちゃん 【この自然大切に!】
夏紀ちゃんから一言・・・「いつまでも自然を大切にしたいと思いました」

教室にある『葉の図鑑』をみて、色々な種類があるんだな~と興味深そうにしていました
夏紀ちゃんはいつも独特の中間色を出して、まさに夏紀ちゃんワールドですね
写真では分かりにくいと思いますが紅葉しているイチョウの葉は何色も重ねて描いています
「しぜん」の文字を植物のイメージカラーの緑色にしてこだわりをもたせました
落ち着いた作品が出来ましたね
これから緑が眩しい季節です
雨上がり、庭や公園で葉っぱウォッチングすると何か新しい発見があるかもしれませんよ
IMG_2428.jpg



小学6年生 K・航志くん 【地球を守れ!】
航志くんから一言・・・「想像で大胆に描きましたが細かいところもうまく描けました。」

まさに人類が抱えている問題をこの小さなハガキサイズによく収めましたね
細筆を自由自在に使って細部も力を抜くことなく描いています
中央の茶色い地球にはドッキッとさせられました
こんな地球にならないように一人一人が真剣に考えなければいけない時なのですね
航志くんからの力強いメッセージが伝わってくる迫力ある作品が出来ましたIMG_2427.jpg



家庭で出来るエコな取り組みメモ

● 買い物袋を持ち歩き、省包装の野菜を選ぶ ●
トレーやラップは家に帰れば、すぐゴミになってしまいます。買い物袋を持ち歩けばレジ袋を減らせます。

★ 年間約58kgのCO2の削減
★ 資源節約


「日テレECOウィーク」
日本テレビでは今日6月2日から8日までの一週間、イベントや番組でエコを考えていくようです
私も今晩番組をみようと思ってます
http://www.ntv.co.jp/eco/

                           ☆MIWA☆