FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
平成20年度 子供の作品紹介 【8】
2008年05月29日 (木) | 編集 |
毎回 4作品の【地球大好き絵メール】をご紹介して今日で 8回目となりました 
バックナンバーを見かえしてみると・・・
自分の住むこの地球を 本当に好きなんだなぁ~と感じます 
ポストカードにして 友達や知人にお手紙を書きたくなる作品ばかりですね・・・
お時間があれば 今までの作品もご覧くださいね 
まだ紹介していない子供たちの作品がたくさんあります 
まだ掲載されていない子供たちは 待っていてくださいね 

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

小学1年生 T・恵ちゃん 【 きれいな海が大すきなんだ! 】
 恵ちゃんから一言・・・『 お魚をきれいな色でぬりました! 太陽の光があたって オレンジの海がきれいでしょ! 』
恵ちゃんは 今年入室の女の子です 
初めての環境で戸惑うこともあるようですが・・・そっと見ていると・・・
恵ちゃんは 周りの流れをちゃんと見ていて ≪今 どうしたらいいのかな?≫と 考え 決して焦ることなく 自分の力で頑張ろう  とする姿を見せてくれています 
本当に困った時は・・・自分から口を開いて 困っている事も言える 勇気もちゃんとある子なんです 
だから 自分が納得して チャレンジするので 作品の作業が進めば進むほど 恵ちゃん自身が確実に成長していると 嬉しく応援しています 
この絵の色使いも 既成概念に捉われないで 自由にペイントし のびのび表現出来ている  ここを  ぐ~んと伸ばしていきたいなぁと 思っています 
海の色を ここまで鮮やかに表現できる事は 素晴らしい 
こんな素敵な表現が出来る子供たちも・・・
大人になるにつれ 必ず何処かに置いてきちゃって ≪普通≫ で≪無難≫ を選択するようになるんですよね・・・
ちょっと 悲しいなぁ~って思うときがあります 
だから 恵ちゃん! こんなふうにペイント出来る事を 先生は とっても素敵だと思うよ 
いつまでも 覚えててね 

DSCF2275.jpg


小学4年生 T・未祐ちゃん 【 地球は ピッカピカ 】
 未祐ちゃんから一言・・・『 地球をピッカピカにする表現をがんばりました! そこをみんなに見てほしいです! 』
未祐ちゃんも今年入室の女の子ですが 専攻科からのスタートで学んでいます 
未祐ちゃんの作品のアイディアの中には・・・悩みこんだという跡がありません 
カリキュラムの説明を聴きながら すでに頭でイメージを膨らませ 下描き段階で自分の気持ちを盛り込んでいけるので アイディアを持ってくると・・・
≪ あ~なるほど! こういうことを言いたいんだろうな。 こんな感じで表現したいんだろうな。 ≫ がすぐこちらに届いてきます 
制作中も 他の子に説明している事にも耳を傾け  
少し経って・・・ 実践しているのを見かけて ハッとしたことがありました  
(2作品目の色鉛筆の作品で実行していました!) これは・・・学ぶところかな?と感心しましたよ 
今回の作品も≪地球をピッカピカに磨いてあげたいなぁ~洗ってあげたいなぁ~≫ ととっても素直な気持ちをたっぷり表現出来ましたね 
きれいにしてもらっている地球の ≪あ~気持ちいいなぁ~未祐ちゃん!ありがとう♪≫と思う気持ちが伝わってくるよ 
ハガキサイズの小さい中からでも・・・想いが大きければ 溢れる気持ちを感じ取りことが出来ますね 
洗っている水の音が 聴こえてきませんか 

DSCF2276.jpg


小学4年生 S・葵ちゃん 【 わたしたち ぼくたちは 地球にすむ仲間だよ! 】
 葵ちゃんから一言・・・『 お花や女の子・草・ふくろう・おかめインコ・白くまを目立たせるよう工夫をしました。 木の葉の部分をふきだしにして みんなが言っているように工夫もしました! 私の大好きな生きものをたくさん描きました! 木を描くのが むずかしかったですが がんばりました! 』
葵ちゃんは念願の専攻科に進級して とっても頑張っていますよ 
やる気満々  で 作品に取り組む気持ちも益々アップしています 
いつも絵を観ている人の事も考え こちらがワクワクするような また元気なパワーを貰えるようなアイディアで楽しませてくれています 
この作品も ≪地球のみんなが仲良く楽しく過すことが大切!≫ と語りかけてくれていますね 
色で観る人に語りかける!!・・・一つ一つの色もこだわって彩色することが出来ていますね 
木をふきだしの部分に活用した点は とっても良いアイディアですよ 
木が擬人化され みんなと手を繋ぐ表現がとってもユニーク 
絵と言葉に一体感があり ≪みんなはすてきな仲間!≫だということが強調されたと思います 
どんなカリキュラムも 楽しんで取り組む葵ちゃんは これからも どんどん成長していくと思います 
専攻科1年目の小学4年生が1番 成長する時期だと私は思っています 
今までとは違う難しいことへの挑戦は 大変で嫌になる事もあるかもしれませんが・・・
そんな時は・・・周りのみんなを見てくださいね 
みんなも 同じ想いでチャレンジしているから  独りではない  ということ   
あなたをぐっと成長させていく 1年間の始まりです 
葵ちゃんの前向きな姿勢があれば大丈夫 
楽しんで 周りの人達と一緒に頑張っていきましょう 

DSCF2278.jpg


小学6年生 I・拓海くん 【 ぼくたちの命を 伝えていきたい・・・ 】
 拓海くんから一言・・・『 白くまやアザラシ等 今 絶滅しそうな動物が元気に生きられるように・・・と思って描きました! 』
拓海くんは 今期より専攻科に進級して頑張っています 
スポーツマンの拓海くんですが 芸術の方にも感性をキラッとさせてくれています 
今まで児童科で学んできましたが さすが小学6年生 
進級したと思ったら・・・すぐ 専攻科の雰囲気に順応して 作品に取り組む意気込みが良い方向に急加速しています 
そして その中で制作すると・・・課題を大きく捉えるのでアイディアまで 深く読み取るようになったと感心していました 
≪生きてほしい!≫という気持ちを 【命を伝えていきたい・・・】という言葉に変えて表現できた事は素晴らしい 
言葉の力が活きています 
この絵の白くま自身の言葉表現だから 観る人たちに 強く語りかけてくるんだね 
この世の中に 途切れていい命なんて ないよね 
命に着目した拓海くんの 優しい気持ちがこの作品から ちゃんと伝わってきています・・・ 
ポスターカラーで描く 北極のイメージも寒色のみで表現出来ましたね 
その画面で一際目立つ 赤文字の【命】は・・・
この作品の重みを感じるものとなりました 
この1年間の作品には 拓海くんの想いを詰め込んで表現してくださいね 

DSCF2279.jpg


 家庭で出来るエコな取り組みメモ 

●  ジャーの保温を止める ●
ポットやジャーの保温は利用時間が長いため 多くの電気を消費します。
ごはんは電子レンジで温め直すほうが電力の消費は少なくなります。

★ 年間約34kgのCO2の削減
★ 年間で約1,900円の節約

< 全国地球温暖化防止活動センターWebサイト >

☆HITOMI☆