FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
平成20年度 子供の作品紹介 【9】
2008年05月31日 (土) | 編集 |
雨が降って  肌寒い日々が続いていますが 皆様如何お過ごしですか 
体調を崩さないよう 温かくして ゆっくり休日をお過ごしくださいね 

では 松ヶ丘教室の絵メールを引き続き 紹介致します 

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

小学2年生 N・晃太郎くん 【 森の中 】
 晃太郎くんから一言・・・『 ぼくは 森の中で虫をさがしたよ! 虫が たくさんいたよ! ぼくは あんまり虫をかいたことないから きめたんだよ! 』
今期より入室した晃太郎くんです 
出来るだけ今までに表現したことのない!モチーフに挑戦して ≪ 自分が表現できるんだ! ≫ という自信をつけてもらいたい! と 教室の子供達に話をしています 
晃太郎くんもそのチャレンジをしてくれました 
晃太郎くんから一言がありますように・・・実に素直にチャレンジする姿勢を見せてくれています 
この一言も 晃太郎くん自身が書いた文章のまま タイピングしていますが・・・
この語り口調が 頑張ったからこそ 自分の作品を大切に思い 観てもらう人に語りかけていて ≪ 心がこもっているなぁ~ いい表現だなぁ~ ≫ と感心しました 
絵の中に 登場している晃太郎くんが1番 森の中で生き生きしていることが・・・この絵の最大の魅力です 
地面にしっかりと踏ん張った両足と 両手を大きく広げたその姿が 森の中のとっても美味しい空気を感じさせてくれましたよ 
虫をあまり描いたことがないようですが 森の中で楽しく生きるクワガタ・カブトムシ・蝶を力強く描くことができ 晃太郎くんが描けるものがまた たくさん増えましたね 
森の中の表現に 何色もの色を使って 鮮やかに仕上げたことも 素晴らしい 
今年の夏は・・・森の中に 虫を見つけに行ってみよう 
 
DSCF2285.jpg


小学3年生 I・優希ちゃん 【 きれいな 海が大すきです! 】
 優希ちゃんから一言・・・『 魚がすきなので魚をかきました! 色ぬりをがんばりました! 魚を赤とピンクにしたのは きれいな海がすきだから きれいな赤とピンクでぬりました! 』
優希ちゃんも今期入室です 
地球のことを大切に思い ≪きれいな海≫を描きたい!と 一生懸命頑張って描いてくれました 
とてつもない広い海の中には・・・私達がまだ知らない魚が たくさんいることでしょう 
優希ちゃんが描いてくれた赤とピンクの可愛い魚も 何処かの海で 気持ちよく泳いでいるかもしれませんね 
この制作には 優希ちゃんのたくさんの努力がありました 
ハガキという小さな画面に慣れない絵の具で細かく描いていくのは たくさんの苦労がありました 
最初 魚と海の色が・・・同系色になっていて・・・『 魚が目立たないなぁ~~ 』 と困ってしまった優希ちゃん 
『 うん・・・そうだね! でも 大丈夫! 魚を思いっきり違う色で塗れば いいんだよ! 』 とアドバイスすると・・・
すぐに 気持ちを切り替えて 頑張る優希ちゃん 
そこを行動して 自分が納得するものに近づくよう 気持ちの切り替えができた事!! 素晴らしいと思いました 
思い通りにならないことが分かった時  ここをどうするかが大切なんだよね 
ちょっとしたものの考え方で イメージに近づくことが出来るということを 体験した優希ちゃんは もうこれから 悩むことなんてないよ 
後ろに戻ってもう一度頑張る事は・・・時間と労力を要するけど 後の喜びは 倍増するからね 
だから・・・失敗なんてないんだよ  気持ちの持ちようで 喜びを大きくしていこうね 
この作品の経過を見ていた私は・・・仕上げた優希ちゃんが 少し大きくなったように見えました 

DSCF2286.jpg


小学4年生 N・ゆりかちゃん 【温泉は 気持ちいいよ!! 】
 ゆりかちゃんから一言・・・『 草をいろんな色で一つ一つていねいに描きました。 岩の影などもうすくぬって表現しました! 』
今期より 専攻科に進級したゆりかちゃん 
≪地球を思う≫というテーマに 温泉に浸かる猿のデザインを考えたゆりかちゃんのアイディアの域が広いことに ≪ほぉ~ 面白いなぁ~≫と思いました 
野生の動物の楽しみが 昔のまま味わえることが・・・地球のありのままの姿を無くさない!!に繋がっていきますね 
こんな視点の見つけ方が出来るゆりかちゃんは どんなカリキュラムが与えられても 自分らしく考えようとすることが出来るので 素敵ですよ 
実際 この視点は 我が松ヶ丘教室の他の人とアイディアがバッテングしていませんよ 
アイディアって その作者の考えが映ってきますので 独自を出す!最も大切な段階だと思います 
作業の割には・・・この案出しに時間をかけるのは 作者の気持ちを≪出来るだけ表に出してほしい!≫があるからなんです 
ゆりかちゃんは 彩色にも個性を出し 温泉の温かさを色の効果を使って伝えています 
岩や草に暖色を取り入れ 画面を見ただけで 温泉の気持ち良さを出したいと考えました 
野生の猿が ずっと楽しめる温泉を ずっと大切にしていきたいね 
塗っては確認  また塗っては確認  しながら 何度も 工程を重ねながら イメージに近づけていきました 

DSCF2287.jpg


中学1年生 H・美佐ちゃん 【 ぼくは 鳥が好き。 だから ずっとここにいたい。 】
 美佐ちゃんから一言・・・『 木とか鳥も好きで 鳥の観察を時々しています。 植物もこれから植える予定です。 特に頑張ったのは 木の枝ですね。 木の枝がいろんな方向に向いているので そこを意識して表現しました。 』
美佐ちゃんは 特訓専攻科に進級して 益々頑張って制作しています  
植物から受ける優しさや自然の鳥のさえずり等に心豊かにされ その癒しを作品に表現してくれています 
忙しい毎日を過す私達が 心落ち着きたい時・・・時間の流れをゆったりさせてくれるのは すぐそばにある 自然のものを見つめ 微かな音に耳を傾けるぐらい 生活のスピードを落とす事が良いとされています 
美佐ちゃんの作品には その癒しが提案されています 
美佐ちゃんのタイトル通り ≪ ずっとここにいたい。 ≫ って思って頂けるようなに 作品の中に すぐそこにある すぐ傍の風景を 描いてくれました 
この絵はいつも美佐ちゃんが観察している 美佐ちゃん自身が癒されている風景だと思います 
自然の力でたっぷり癒されると・・・力が充電されて 無理をしないで 頑張ることが出来てきますね 
中学生になったので 描く技術の向上にも頑張り始めています 
≪こんなふうにすると いいよ!≫と実践交えて説明すると・・・すぐ自分の力にして 確実にレベルアップできていますよ 
これからも 人の心を癒すことが出来る作品を 描いていってくださいね 
何よりも 美佐ちゃん自身が 描くことによって癒されていくことがいいよね 
植物を育てる事で また新しいアイディアが生まれてくると思います 
育っていく過程を写真に撮っていくと・・・作品のヒントにもなるかも? 
いつも応援しています 
 
DSCF2288.jpg


 家庭で出来るエコな取り組みメモ 

● 家族が同じ部屋で団らんし 暖房と照明の利用を2割減らす ●
家族が別々の部屋で過ごすと 暖房も照明も余計に消費します。

★ 年間約238kgのCO2の削減
★ 年間で約10,400円の節約

< 全国地球温暖化防止活動センターWebサイトより >

☆HITOMI☆

平成20年度 子供の作品紹介 【8】
2008年05月29日 (木) | 編集 |
毎回 4作品の【地球大好き絵メール】をご紹介して今日で 8回目となりました 
バックナンバーを見かえしてみると・・・
自分の住むこの地球を 本当に好きなんだなぁ~と感じます 
ポストカードにして 友達や知人にお手紙を書きたくなる作品ばかりですね・・・
お時間があれば 今までの作品もご覧くださいね 
まだ紹介していない子供たちの作品がたくさんあります 
まだ掲載されていない子供たちは 待っていてくださいね 

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

小学1年生 T・恵ちゃん 【 きれいな海が大すきなんだ! 】
 恵ちゃんから一言・・・『 お魚をきれいな色でぬりました! 太陽の光があたって オレンジの海がきれいでしょ! 』
恵ちゃんは 今年入室の女の子です 
初めての環境で戸惑うこともあるようですが・・・そっと見ていると・・・
恵ちゃんは 周りの流れをちゃんと見ていて ≪今 どうしたらいいのかな?≫と 考え 決して焦ることなく 自分の力で頑張ろう  とする姿を見せてくれています 
本当に困った時は・・・自分から口を開いて 困っている事も言える 勇気もちゃんとある子なんです 
だから 自分が納得して チャレンジするので 作品の作業が進めば進むほど 恵ちゃん自身が確実に成長していると 嬉しく応援しています 
この絵の色使いも 既成概念に捉われないで 自由にペイントし のびのび表現出来ている  ここを  ぐ~んと伸ばしていきたいなぁと 思っています 
海の色を ここまで鮮やかに表現できる事は 素晴らしい 
こんな素敵な表現が出来る子供たちも・・・
大人になるにつれ 必ず何処かに置いてきちゃって ≪普通≫ で≪無難≫ を選択するようになるんですよね・・・
ちょっと 悲しいなぁ~って思うときがあります 
だから 恵ちゃん! こんなふうにペイント出来る事を 先生は とっても素敵だと思うよ 
いつまでも 覚えててね 

DSCF2275.jpg


小学4年生 T・未祐ちゃん 【 地球は ピッカピカ 】
 未祐ちゃんから一言・・・『 地球をピッカピカにする表現をがんばりました! そこをみんなに見てほしいです! 』
未祐ちゃんも今年入室の女の子ですが 専攻科からのスタートで学んでいます 
未祐ちゃんの作品のアイディアの中には・・・悩みこんだという跡がありません 
カリキュラムの説明を聴きながら すでに頭でイメージを膨らませ 下描き段階で自分の気持ちを盛り込んでいけるので アイディアを持ってくると・・・
≪ あ~なるほど! こういうことを言いたいんだろうな。 こんな感じで表現したいんだろうな。 ≫ がすぐこちらに届いてきます 
制作中も 他の子に説明している事にも耳を傾け  
少し経って・・・ 実践しているのを見かけて ハッとしたことがありました  
(2作品目の色鉛筆の作品で実行していました!) これは・・・学ぶところかな?と感心しましたよ 
今回の作品も≪地球をピッカピカに磨いてあげたいなぁ~洗ってあげたいなぁ~≫ ととっても素直な気持ちをたっぷり表現出来ましたね 
きれいにしてもらっている地球の ≪あ~気持ちいいなぁ~未祐ちゃん!ありがとう♪≫と思う気持ちが伝わってくるよ 
ハガキサイズの小さい中からでも・・・想いが大きければ 溢れる気持ちを感じ取りことが出来ますね 
洗っている水の音が 聴こえてきませんか 

DSCF2276.jpg


小学4年生 S・葵ちゃん 【 わたしたち ぼくたちは 地球にすむ仲間だよ! 】
 葵ちゃんから一言・・・『 お花や女の子・草・ふくろう・おかめインコ・白くまを目立たせるよう工夫をしました。 木の葉の部分をふきだしにして みんなが言っているように工夫もしました! 私の大好きな生きものをたくさん描きました! 木を描くのが むずかしかったですが がんばりました! 』
葵ちゃんは念願の専攻科に進級して とっても頑張っていますよ 
やる気満々  で 作品に取り組む気持ちも益々アップしています 
いつも絵を観ている人の事も考え こちらがワクワクするような また元気なパワーを貰えるようなアイディアで楽しませてくれています 
この作品も ≪地球のみんなが仲良く楽しく過すことが大切!≫ と語りかけてくれていますね 
色で観る人に語りかける!!・・・一つ一つの色もこだわって彩色することが出来ていますね 
木をふきだしの部分に活用した点は とっても良いアイディアですよ 
木が擬人化され みんなと手を繋ぐ表現がとってもユニーク 
絵と言葉に一体感があり ≪みんなはすてきな仲間!≫だということが強調されたと思います 
どんなカリキュラムも 楽しんで取り組む葵ちゃんは これからも どんどん成長していくと思います 
専攻科1年目の小学4年生が1番 成長する時期だと私は思っています 
今までとは違う難しいことへの挑戦は 大変で嫌になる事もあるかもしれませんが・・・
そんな時は・・・周りのみんなを見てくださいね 
みんなも 同じ想いでチャレンジしているから  独りではない  ということ   
あなたをぐっと成長させていく 1年間の始まりです 
葵ちゃんの前向きな姿勢があれば大丈夫 
楽しんで 周りの人達と一緒に頑張っていきましょう 

DSCF2278.jpg


小学6年生 I・拓海くん 【 ぼくたちの命を 伝えていきたい・・・ 】
 拓海くんから一言・・・『 白くまやアザラシ等 今 絶滅しそうな動物が元気に生きられるように・・・と思って描きました! 』
拓海くんは 今期より専攻科に進級して頑張っています 
スポーツマンの拓海くんですが 芸術の方にも感性をキラッとさせてくれています 
今まで児童科で学んできましたが さすが小学6年生 
進級したと思ったら・・・すぐ 専攻科の雰囲気に順応して 作品に取り組む意気込みが良い方向に急加速しています 
そして その中で制作すると・・・課題を大きく捉えるのでアイディアまで 深く読み取るようになったと感心していました 
≪生きてほしい!≫という気持ちを 【命を伝えていきたい・・・】という言葉に変えて表現できた事は素晴らしい 
言葉の力が活きています 
この絵の白くま自身の言葉表現だから 観る人たちに 強く語りかけてくるんだね 
この世の中に 途切れていい命なんて ないよね 
命に着目した拓海くんの 優しい気持ちがこの作品から ちゃんと伝わってきています・・・ 
ポスターカラーで描く 北極のイメージも寒色のみで表現出来ましたね 
その画面で一際目立つ 赤文字の【命】は・・・
この作品の重みを感じるものとなりました 
この1年間の作品には 拓海くんの想いを詰め込んで表現してくださいね 

DSCF2279.jpg


 家庭で出来るエコな取り組みメモ 

●  ジャーの保温を止める ●
ポットやジャーの保温は利用時間が長いため 多くの電気を消費します。
ごはんは電子レンジで温め直すほうが電力の消費は少なくなります。

★ 年間約34kgのCO2の削減
★ 年間で約1,900円の節約

< 全国地球温暖化防止活動センターWebサイト >

☆HITOMI☆

平成20年度 子供の作品紹介 【7】
2008年05月27日 (火) | 編集 |
今日も引き続き【地球大好き絵メール】の子供たちの作品紹介をします

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ


小学5年生 T・朱夏ちゃん 【美しい自然を大切に!!】
朱夏ちゃんから一言・・・「バックの色を濃くしたり薄くしたり、あと色も変えたりしたところを頑張って描きました。私は地球が綺麗な自然のままでいてほしいと思いました。」

『花』は花びらの形はもちろん、枚数や、花のつき方をよく観察して描くとパンジーならパンジーらしく桜なら桜らしく描くことができます。
朱夏ちゃんは高学年なので今回そういうところも気をつけながら制作しました
綺麗な色もでて、優しい雰囲気のある作品が出来ましたね
朱夏ちゃんの優しい気持ちが伝わってきそうな作品です
今年度入室した弟を気にかけながらいつも落ち着いて制作しています
IMG_2415.jpg



小学3年生 S・夏季ちゃん 【地球大好き】
夏季ちゃんから一言・・・「星と点とロケット・UFOの窓が細かくて難しかったけどがんばって描きました。」

夏季ちゃんは6年生に混ざって色々な面で刺激を受けて制作に励んでいます
お母さんからお聞きした話によると夏季ちゃんはお兄さんお姉さんの作品を観て向上心が芽生えているとのこととても素晴らしいことだと思います
中央の地球が微笑んでいます
なんとも言えない温かい表情ですね
バックの藍色に黄色の星がたくさんちらばっています
地球上からもたくさんのキラキラ輝く星が見られるようにいつまでも澄んだ空気でいたいと願うばかりです
IMG_2416.jpg



小学6年生 S・晴香ちゃん 【地球のために・・・。】
晴香ちゃんから一言・・・「工夫したところは、背景を草原にしたところです。なぜかというと、ビニール袋をエコバックにしたり、ゴミを減らすことで絵に描いたような綺麗な草原が出来るのでそれを意識して描きました。」

地球のために私達が出来ることを少しずつでもやっていこう!というメッセージが誰にでもよくわかる作品が出来ましたね
色の塗り方も丁寧にむらなく塗れました
私も娘からもらったエコバックを活用しはじめましたよ。
次にできることは何かな
自由アート教室で一年に一度こうやって今の地球に対する気持ちを考える時間を持つことはとても大切なことだなって思います
IMG_2417.jpg



小学2年生 Y・弥菜ちゃん 【森に生きる鳥と仲間たち】
弥菜ちゃんから一言・・・「細かいところが難しかったけど楽しかったです。鳥を頑張って描きました!」

画用紙がハガキサイズでしたが細かいところも大胆に描けました
木の上のほうには鳥の卵もありますね
動物達の楽しそうに森を歩く姿もうまく表現できました
ピンクのさくらんぼがとてもおいしそうに見えますよ
黒い線画も子供ならではの雰囲気が出てますね
最後までよく集中して描いてました
IMG_2418.jpg


 家庭で出来るエコな取り組みメモ 

● 風呂の残り湯を洗濯に使いまわす ●

洗濯や庭の水やりの他、トイレの水に使っている人もいます。残り湯利用のために市販されているポンプを使うと便利です。

★ 年間約7kgのCO2の削減
★ 年間で約4,200円の節約

< 全国地球温暖化防止活動センターWebサイトより >

                          ☆MIWA☆
平成20年度 子供の作品紹介 【6】
2008年05月25日 (日) | 編集 |
4月から新カリキュラムがスタートし 各クラスとも 2作目の作品が出来上がり始めています 

コンクール作品につきましては 出品してしまうと 審査後 作品が返却されない事が多いので 記念として作品の写真を撮ることをお願いしております  
持ち帰った作品が返却される際 まれに折れ曲がったり 破損している作品があります 
コンクール出品するマナーとして ≪ 作品を大切にする!大切に思う! ≫ ということがあります 
自分が一生懸命描いたものが 状態が悪くても何も感じない・・・というのは とっても悲しく 残念なことです・・・
コンクール出品作業につきましては 一人ひとりの作品に愛情込めて 必要事項を記載して出品致しております 
教室内では ≪ 作品の大切さ ≫ を指導しておりますので 宜しくお願い致します 

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

小学1年生 K・彩ちゃん 【 雨の日もだいすき!!! 】
 彩ちゃんから一言・・・『 雨をかくところをたくさんがんばりました わたしは この絵のペンギンが気に入っています。 』
彩ちゃんは 今期入室の女の子です 
最初の作品となるこのハガキサイズの小さな画面・・・どんなふうに描いてくれるか楽しみにしていました 
地球のこと・生き物のこと・食べ物のこと・・・色んな話の後に アイディアを考えてもらいました 
彩ちゃんは 雨  の大切さも ほんの少し感じてくれたのかもしれません 
子供たちは やっぱり晴れた日が大好きなはず 
でも 雨  は 生き物達にとって 生きていくのに とっても大切な 空からの贈り物・・・
晴れ  の日があって 雨  の日があって たくさんの生き物が 元気  でいられるんだよね 
この作品の中の動物たちは 雨をとっても喜んでいる 
目が 嬉しそうな表情をしているね 
雨雲から たくさん降ってくる雨の描き方で 彩ちゃんが一生懸命頑張ったことがよく分かるよ 
雨の形を色んな描き方で 何度も重ねて描いてあるね 
彩ちゃんが描いている途中 よく頑張ってるな~と見ていたよ  
雨が大好きになっちゃう! とってもかわいい作品になりました 

DSCF2265.jpg


小学4年生 Y・美波ちゃん 【 地球に春がやってきた!! 】
 美波ちゃんから一言・・・『 私の工夫した所は 桜の花びらと白い水玉をたくさん描いた所です。 』
桜の咲く時期になると・・・人は その花の魅力にこころを豊かにできますね 
美波ちゃんもきっと 桜の木を見上げて・・・
≪ きれいだなぁ~ ≫ と感じていたから こんなに素敵な作品を仕上げることが出来たのでしょう 
桜が咲く時は 世の中の色んなことがスタート時期になっていて 桜を見て  
≪ よーし! これからがんばるぞー! ≫ なんて力が湧いてきたりしますね 
季節の中でも 【 春 】 は 良い方向に向う!というイメージがあり 美波ちゃんの作品タイトル 【 地球に春がやってきた!! 】 は地球の未来が明るくなってきた!!を連想させ プラス志向の素晴らしいアイディアとなっています 
専攻科になって初めて使うポスターカラーの発色の良さが 桜の花びら1枚1枚に活用できました 
桜の花が舞い散る場所で 地球を大切に抱いて これからの未来を切に願う女の子・・・・
ホッとさせられる・・・ 癒される・・・ 美波ちゃんらしいポストカードになりました 
最近の美波ちゃんは 作品の制作意欲も増し どんどん難しいことにもチャレンジ中です 
次回の作品もとっても楽しみです 

DSCF2266.jpg


小学5年生 Y・百々音ちゃん 【 1人1人の心がけ。 】
 百々音ちゃんから一言・・・『 この絵を描く時に考えた事は・・・人は エコをすると言っているけど 実際は エコをしていない人も多いということです! まずは 自分の言った事を実行してみる事が大切だと思いました。だから タイトルを【 1人1人の心がけ。 】 にしました! 』
百々音ちゃんは 地球温暖化防止に私達が出来る事って何? っていう所から また 色々言ってるけど出来てるのかな? まで 色んな疑問を出しながら この作品につなげていきました 
キャラクターには 地球温暖化で辛い思いをしている動物代表として・・・ 北極ぐまを起用 
そして大人から子供まで誰でも今すぐ出来る エコ活動として・・・ 買い物には エコバック持参を起用 
この2つを上手く組み合わせて ピーアールハガキにしていきました 
エコをいくら考えても エコ知識をたくさん知っていても 今すぐ実行しなければ どんどん地球が危ないことになってしまう 
≪ 今まで実行していなかったことを 今からやることで大きく変えていこう ≫ 百々音ちゃんの意見に大賛成です 
このカリキュラムを大切に考え 何か変化があった!! 
作品作りは ある意味メッセンジャーですからね 
百々音ちゃんの作品の中にあるコンセプトは みんなに語りかけるものとなりました 

DSCF2267.jpg


小学6年生 Y・風美ちゃん 【 ECOの芽を育てよう 】 
 風美ちゃんからの一言・・・『 絵の中の何個も芽をデザインした所が気に入っています!! 最初は このアイディアは ビミョーかと思いましたが 先生が いい!!って言ってくれたので うれしかったです! 』
風美ちゃんは 小学6年生ですが 今期入室で頑張っています 
一つ一つの作品の取り組みは 新人ではない姿勢を見せてくれていますよ 
この作品も デザイン化されたものに取り組み 色んなことを計算して出来上がっています 
風美ちゃんが下描きの段階でアイディアとして出してきた 所々にある芽のデザインも 本人が考え抜いたアイディアだとすぐに理解出来ましたので 『 いいね~!! これ! 』 と 言葉に出しました  
ほんの少しアドバイスしただけで 風美ちゃんのアイディアそのまま活きていますよ 
≪ 育てたい! ≫ という気持ちを表すのにピッタリのモチーフになったと思います 
デザインって こういうことだと思います 
≪ 誰もが見て 分かりやすい表現 ≫・・・それがデザインかな?
初めての作品なのに リラックスして素直に自分を表現出来たこと 素晴らしいと思います 
これからも 風美ちゃんの良さをたくさん出して 制作していきましょう 

DSCF2268.jpg


 家庭で出来るエコな取り組みメモ 

● シャワーを1日1分家族全員が減らす ●
身体を洗っているあいだ お湯を流しっぱなしにしないようにしましょう。

★ 年間約69kgのCO2の削減
★ 年間で約7,100円の節約

< 全国地球温暖化防止活動センターWebサイトより >

☆HITOMI☆


平成20年度 子供の作品紹介 【5】
2008年05月23日 (金) | 編集 |
連日 ブログ掲載しています子供たちの作品紹介も大変好評を頂いております 
作者本人・そのご家族はもちろん 2教室の子供たちの頑張りを いつでも観れるという事で 喜んで頂き 私達も頑張ってアップしていきたいと思います 
子供たちの 【 こころで描く 】 作品集ですので 皆様のこころも あったかくなって頂ければと思っております   

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

幼稚園年長 I・莉子ちゃん 【 ピンクのうさぎときいろのこねこ 】
 莉子ちゃんからの一言・・・『 わたしは うさぎととねこがだいすき!!! とってもかわいくかけたので気に入りました☆ 』
莉子ちゃんは 教室に来る時は 大好きなおじいちゃんと・・・ 
お迎えは 大好きなお母さんが・・・ 
家族みんなにたくさんの応援をして頂きながら  莉子ちゃんは頑張っています 
まだ小さい莉子ちゃんですが お話も一生懸命聞いて  作品制作に取り組んでいますよ  すごい 
この地球には 莉子ちゃんが描いた可愛くて 笑顔の素敵なうさぎ  や ねこ  がたくさんいるね 
莉子ちゃんの素敵な家族のように 動物たちにも 素敵なお父さん お母さん おじいちゃん おばあちゃん がいるんだよね 
莉子ちゃんは 小さいけれど ちゃんと 優しい気持ちを持って作品作りが出来ています
それは きっと家族に 『 いつもありがとう  』 って気持ちを持っているからかもしれませんね 
大好きなうさぎとこねこのお顔が とっても大きく描けているのは 素敵だなって思いましたよ 
可愛さ 倍増って感じです 

DSCF2260.jpg


小学2年生 N・智広くん 【 ナイス シュート!! 】
 智広くんから一言・・・『 ネットやバーやプレーしている人をかきました。 だめかな・・・と思ったけど あきらめませんでした!! いいと思ったところは 選手をかさねてうまくかけたところです! むずかしかったです! でもがんばって最後までかきました!』
智広くんは サッカーをやっている男の子です 
サッカーの絵をここまで迫力を出して描いたのは初めてかもしれません 
私が 見てきた記憶の中ではですが・・・
小学2年生になって ぐんと男の子らしくなってきているようにも感じます 
智広くんの一言の中にもあるように・・・『 あきらめませんでした!! 』 この言葉を言えるには・・・制作中に自分との葛藤があったはずです 
何度もイメージしてきたシュートの瞬間!! サッカーをやってる人には理解できますね 
でも 描く!となったら なかなか難しいものです 
でも 智広くんはあきらめなかった! だめかと思ったけど・・・あきらめなかった! この言葉を見たとき・・・
≪ すごい!成長してるな! 大きくなったよ!こころが強くなったよ! ≫ って思いました 
ハガキサイズに この構図を絵の具で描くのは 大変な工程を行っていますよ 
まだ 2年生!! 智広くんは これからも 踏ん張って前に進めると私は思います 
応援しています 

DSCF2261.jpg


小学4年生 K・秀平くん 【 自ぜんの笑顔をいっぱいみたいな! 】
 秀平くんからの一言・・・『 地球に緑があふれて 平和になったら・・・生き物がみんな笑顔でくらせると思いかきました! 』
秀平くんは 小学4年生ですが とっても体格の大きい男の子です 
もちろんその体格を活かしてスポーツもしています 
でも 作品制作になると・・・とっても繊細で優しい作家に変身します  
山や鳥を描き 大自然を表現すると・・・秀平くん自身が 癒されてとても心地よく制作しています 
集中して心地よく頑張る姿は 真剣でもあり リラックスしていて ≪ これぞアートセラピー ≫ だと クスッと微笑んでしまいます・・・
作家が気持ちよく制作すると 必ずそれが作品に表われますね 
地球化した亀がとても愛らしい 
【 自ぜんの笑顔をいっぱいみたいな! 】 と掲げた言葉作りも秀平くんの本来の姿の優しさからきているものだと 感心しました 
専攻科になって初めて使ったポスターカラーの魅力も段々分かってくると思います 
秀平くんらしい 心のこもった作品作りをずっと続けてくださいね 

DSCF2262.jpg


小学6年生 M・美波ちゃん 【 おだやかな時間 いつまでも・・・ 】
 美波ちゃんから一言・・・『私の工夫した所は 鳥達の下の部分に影を入れてみた所と池の色をいろんな色で塗った所です! 生き物たちや自然がいっぱいの地球にしたいです!! 』
さすが6年生になると・・・女の子は 落ち着いて 今までと違った視点で 物事を捉えようとします 
美波ちゃんも 随分成長しています 
【 おだやかな時間 】 という言葉が成長を表わしていますね  
画面から 優しい色のトーンで語りかけてくる平穏であってほしい願いは きっと叶うであろうと思います 
美波ちゃんの描く技術もアイディア同様 よい成長をしています 
ここは・・・こんなふうにするといいよ!とアドバイスすると すぐ理解して実践できる姿勢も見せてくれるようになりました 
穏やかなさざなみに合うバックグラウンドの淡い表現は お見事ですよ 
専攻科最後の年となった今期の授業は ≪ たくさん学びたいな! ≫ というぐらいの貪欲さを持って 望んでくださいね 
この1年間は 今まで以上にきっと素敵な作品を 作り上げれると思います 
大変な作業の時は いつも傍で見ているからね 
一緒に頑張っていきましょう 
  
DSCF2264.jpg


 家庭でできるエコな取り組みメモ 

● 待機電力を50%削減する ●
主電源を切りましょう。 長時間使わない時はコンセントを抜きましょう。
また 家電製品の買い替えの際には 待機電力の少ないものを選ぶようにしましょう。

★ 年間約60KgのCO2の削減
★ 年間で約3,400円の節約

< 全国地球温暖化防止活動センターWebサイトより >

☆HITOMI☆


平成20年度 子供の作品紹介  【4】
2008年05月22日 (木) | 編集 |
昨日、今日と気持ちの良いお天気が続いてますね

さて、今日は桜が丘教室の子供たちの作品を紹介します

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

小学2年生 K・茉那美ちゃん 【森を大せつに】
茉那美ちゃんから一言・・『いつもより画用紙が小さくて色を塗るのが難しかったけど楽しかったです。』
木と雲がとても悲しそうな表情をしています
左側にいる人が木を伐採しているのですね
対照的な表情を表現できました
よく見ると木の葉っぱはところどころ虫にくわれているんですよ
蝶の模様など細かいところまでこだわって丁寧に描けましたね
茉那美ちゃんは入室してちょうど一年になりますが、いつも落ち着いて真剣に制作しています
描き終わって「大変だけど楽しかった」といつもそんな風に思えるといいね
IMG_2411.jpg



幼稚園年長 N・倖大くん 【トリケラトプスと仲間たち】
倖大くんから一言・・・『恐竜のまわりとかをサインペンでなぞったところが難しかったです。恐竜が大好きです。』
倖大くんは今年度入室の男の子です。
恐竜が大好きの様子で図鑑などを眺めては解説してくれます
画面中央の青いトリケラトプスの足跡をしっかり描いてくれました
大きな角も迫力があります
空の色は絵の具を混ぜてとても素敵な色がだせましたね
今後どんな作品を制作してくれるか楽しみにしてます
がんばろうね
IMG_2412.jpg



小学6年生 T・栞ちゃん【みんなで!STOP!】
栞ちゃんから一言・・・『私が一番頑張ったのは、色使いです。周りの色がかぶらないように心がけました。私はこの絵を描きながら地球温暖化が進まないように、「少しでも何かをやっていきたいな」と思いました。』
さすが6年生ですね
しかっりとしたコンセプトを持って描けましたね
色使いも暖色と寒色をうまく組み合わせてバッチリですよ
栞ちゃんはどんな作品も最後まで気を抜かず丁寧に仕上げます
完成した作品は見ていてとても気持ちいいです
専攻科最後の年、一作品一作品今まで以上に気持ちを入れて心に残る作品を作りましょう
IMG_2413.jpg



小学2年生 Ⅰ・美香ちゃん【地球温暖化はこわいから気をつけよう】
美香ちゃんから一言・・・『しろくまのお母さんを描くのが難しかったです』
小さな氷の上に二匹の赤ちゃんをしっかり抱いたお母さん
抱きかかえてる部分が特に難しかったようです。
でも、最後まで投げ出さないでよくがんばりました
大胆な筆使いは美香ちゃんならではです
いつも楽しい発想、子供にしか描けない無邪気さで個性的な作品を作り上げてくれます
今年度も益々パワーアップした美香ちゃんを楽しみにしてますよ
IMG_2414.jpg



 家庭でできるエコな取り組みメモ 

● 1日5分のアイドリングストップを行なう ●
駐車や長時間停車する時は、車のエンジンを切りましょう。大気汚染物質の排出削減にも寄与します。

★ 年間約39kgのCO2の削減
★ 年間で約1,900円の節約


< 全国地球温暖化防止活動センターWebサイトより >

                  ☆MIWA☆
平成20年度 子供の作品紹介  【3】
2008年05月20日 (火) | 編集 |
昨日に引き続き 松ヶ丘教室の 【 地球大好き絵メール 】 の作品を紹介していきます 

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

小学1年生 G・はるなちゃん 【 キラキラの海でいっぱいおよぐ 魚たち 】
 はるかちゃんから一言・・・『 きれいな海でおよぐ魚さんたちをかきました。 魚を赤く囲ったところと いろんな色で水の泡をがんばってかいたので みてください! 』
今期入室のはるなちゃん 
自分が描けるものを どんどん増やしていける柔軟性を持っていますよ 
今までチャレンジしたことのないものでも 『 挑戦してみようか  』 の誘導に はるなちゃん流をプラスして 一生懸命頑張ってくれています 
慣れない子供たちが ハガキサイズの小さい画面に 描き上げることは 大変な作業になるんですよ 
でも はるなちゃんは いくつかの注意事項をちゃんと聞いてくれていたので 鮮やかな色彩を生かして表現することが出来ていますね 
お魚の体の色が 少しずつ変化している描き方も 明るい画面を作り上げ 海の泡の中に白を使ったことで 画面に広がりが出来ましたね 
これからも 出来ない事を出来るように 楽しく頑張っていこうね 

DSCF2252.jpg


小学1年生 K・友佑くん 【 太陽の光をあびて 元気になる地球くん!! 】
 友佑くんから一言・・・『 地球くんの顔と雲が気に入っています!! でも・・・全部 気に入っています!!! 』
友佑くんは 小学1年生になって 描きたいものが増えたように思います 
小学校で 色んな体験をしたり お友達との関係も作ってきているんだろうな~ と思います 
この作品の感想を聞いた時 『 全部 気に入っている!! 』 という言葉が出ました 
自分が頑張って作り上げてきた作品を 『 全部 気に入っている!! 』 と言える事は・・・
精一杯 今の自分を出し切って仕上げた 自信の証です 
男の子らしい元気さが すばらしい 
描きながら・・・地球くんの顔が 何度か変化していました 
きっと 友佑くんにとって 納得のいった地球くんの顔が 出来上がって 『 全部 気に入っている!! 』 に繋がっていったんだと思います 
元気があっていいぞーーー

DSCF2254.jpg


小学5年生 H・里紗ちゃん 【 夏の定番は ここでしか 見れないよ 】
 里紗ちゃんから一言・・・『 頑張った所は 花火が上がっている感じを たくさんの色でとても細かく描いた所です! よく見ると・・・ベンチに人が座っているので ご覧下さい。 』
里紗ちゃんの和みの絵メール 素敵だね 
広い夜空に咲く大輪の打ち上げ花火 
構図と素敵な言葉のレイアウトは 完璧だよ 
言葉を入れる場合には その効果が活きていなければ 絵に一体感が生まれないのですが・・・
里紗ちゃんが作った 【 夏の定番は ここでしか 見れないよ 】 というコピーは この絵にバッチリはまりましたね 
花火の素敵さよりも 画面下に描かれた ベンチに座る人と2本の高い木が情緒があって じっくり見てしまいます 
里紗ちゃんが見る人に見て頂きたい この小さな人は・・・あなたの狙い通り とっても小さいけど・・・
そこに目がいきますね  
この人しか知らない特等席は 大きな空に咲く花火を独り占めって 感じね 
この人は・・・大きな音と共に咲く花火を見上げて 何を感じているんだろう・・・
ポスターカラーの発色の良さを最大に活かして 細かい部分までよく頑張りました 

DSCF2256.jpg


小学6年生 K・真由ちゃん 【 ピースな日 】
 真由ちゃんから一言・・・『 私の地球のイメージは 植物や生物が生息していることだったので 昆虫と花を描きました。 みなさんも ピースな気分になって下さいね。 』
真由ちゃんの作品は 深みのある背景に 清楚な白い花が咲いていますね 
白い花には 紫の線が入り 気品の中に可愛らしさもプラスされています 
植物と虫たちが共存する場面の切り取った構図になっているので まだまだ広く続く野原をイメージさせてくれます 
とても難しい色彩の組み合わせを 白ベースの花を描くことによって 画面に計算された深みを引き立たせることに成功していますよ   
とっても 素晴らしい 
真由ちゃんは 自分らしく作品つくりをしよう!と いつも考えているので いろんなバリエーションに挑戦し 自分のアート感をどんどん広げてくれていますよ 
良いマイペースを持って 焦らず 今まで通り < 真由アート > を進んでくださいね 
専攻科最後の1年間です 
自信を持って 頑張ってくださいね 
応援しています 

DSCF2259.jpg


 家庭で出来るエコな取り組みメモ 

● 週2日往復8Kmの車の運転をやめる ●
通勤や買い物の際にバスや鉄道・自転車を利用しましょう。
歩いたり自転車を使う方が健康にもいいですよ。

★ 年間184KgのCO2の削減
★ 年間で約9,200円の節約

< 全国地球温暖化防止活動センターWebサイトより >

☆HITOMI☆

平成20年度 子供の作品紹介 【2】
2008年05月19日 (月) | 編集 |
自由アート教室が毎年 取り組む 【 地球大好き絵メール 】 のコンクール 

毎年取り組んでいるから 子供たちが地球を思う気持ちを持って どんどん良い方向に進んでいるのではないでしょうか 

松ヶ丘教室も みんなで話し合って 色んな意見を出し合いました 

テーマ【地球を思う気持ち】実際の作品の大きさ・・・ハガキサイズ

小学3年生 T・咲良ちゃん 【 ちきゅうは きもちい 】
 咲良ちゃんから一言・・・『 きれいな川で魚が泳いでいたら 地球くんは きっとうれしくて きもちいんじゃないかなと思ってかきました! 』

「 きもちい 」・・・この言葉は 咲良ちゃん自身の素直な気持ちの表現ですね 
「 きもちい 」は 素敵な表現だよ 
きっと地球くんも 素直に きもちい環境が大好きなはずよね 
地球に生きるすべての生き物が 心から笑顔になれるよう 心がけていこうね 
この作品には 咲良ちゃん自身が作り上げた色がたくさん登場していますよ 
牛乳パックパレットの上で 少しずつ作り上げていた色は・・・地球くんの優しさと素敵な環境をうまく表現出来たキーポイントとなりました 
絵の具の原色にないオリジナルカラーを作り上げる事は・・・より世界で一つだげの作品になっていきますね 
優しい色使いの中にいる 元気な地球くんがとっても愛らしいね 

DSCF2251.jpg


小学4年生 N・明香里ちゃん 【 いただきます!は 感謝の言葉 】
 明香里ちゃんから一言・・・『 食べ物に感謝しようと思ったので 描きました。 0号の筆で細かく描くのをがんばりました! 』

このコンクールを取り組む際に みんなに今の地球について たくさんの話をしました 
その中で・・・『 いただきます! 』 ってどういう意味かな? と投げ掛けてみました 
みんなが元気に大きく成長するためには 地球に生きるたくさんの命が犠牲になって その命であなた達が生きているんだよ!と・・・
野菜も 魚も 肉も みんな大切な命を持っている! その命を人間に捧げて 一生を終えてしまう生き物達・・・
その命を戴いて・・・人間が育っていく・・・だから 『 いただきます! 』 は たくさんの命を戴くという大切な意味があるんだね 
この話を 絵にしてくれた明香里ちゃん 
お母さんが心を込めて作ってくれた食事を前に しっかり手を合わせて感謝する明香里ちゃんは きっと丈夫な体と心を育てる事が出来るよ 
明るい食卓は 元気の源だね  細かい表現力 よく頑張ってくれました 

DSCF2250.jpg


小学4年生 T・朝香ちゃん 【 さがしてごらん! 小さな幸せ  】
 朝香ちゃんから一言・・・『 いつまでも 地球が元気で 幸せを運ぶ四つ葉のクローバーをいっぱい見つけられるといいなと思って描きました! 』

幸せって・・・誰もが望むものだよね 
毎日 元気に過ごせるだげで 幸せだけど・・・それさえ忘れてしまうほどみんな忙しい毎日を送っているね 
朝香ちゃんが 下書きのアイディア見せに来てくれた時・・・正直 ドッキとした反面 ホッとした気持ちにさせられましたよ 
急いでばかりじゃ 小さな幸せにも気付かないで いるかも?って・・・
自分の目線でものを見ていると・・・大切なものに気付いてないかも?って・・・
地面近くで 生き生きと育つ植物に目をやるだけで 焦らない自分にさせてくれるね 
朝香ちゃんは 優しい気持ちを込めて 丁寧に丁寧に描き上げてくれました 
緑色のクローバーと澄みきった空・・・描き上げる朝香ちゃんがどんどん素敵な気持ちになっていたのでは・・・と思います 
あなたも 小さな幸せ さがしてごらん 

DSCF2249.jpg


小学6年生 K・智哉くん 【 冷たい気分を 味わってください 】
 智哉くんから一言・・・『 頑張った所は 地球に大陸を描いた事です。 熱い地球を冷やしてあげたい気持ちで描きました! 』

智哉くんは このコンクールを何度か 挑戦しています 
毎回 違った素敵なアイディアを出してくれていますが  
今回は とってもユニークなアイディアです  
熱くなった地球を すぐにでも冷やしてあげた!!と思う智哉くんの想いがこの作品となって出来上がったのだと思います 
働きすぎの地球には 冷たい気分と一緒に マイナスイオンも浴びて リラックスもしてほしいよね 
一瞬にして終わる滝流れを・・・とっても気に入って 地球は 何度も何度も上から下へ落ちていく続きがあるのでは・・・と思うのは私だけでしょうか 
専攻科2年目なので ポスターカラーの彩色も上達していますよ 
滝しぶきの表現が男の子らしいダイナミックさがあり  スピード感も出ていますよ 

DSCF2248.jpg


 家庭で出来るエコな取り組みメモ 

● 冷房の温度を1℃高く 暖房の温度を1℃低く設定する!●
カーテンを利用して 太陽光の入射を調整したり クールビズやウォールビズを取り入れる事で 冷暖房機に頼らないで過せる。
冷暖房を始める時期も少し待ってみる。

★ 年間約33KgのCO2の削減
★ 年間で約1,800円の節約

< 全国地球温暖化防止活動センターWebサイトより >

☆HITOMI☆
 
平成20年度 子供の作品紹介 【1】
2008年05月17日 (土) | 編集 |
昨年度ご好評をいただいておりました『子供たちの作品紹介』
今年度も引き続きご覧いただきたいと思います

平成20年度のスタートカリキュラムはコンクール出品作品予定の「地球大好き 絵メール」でした
毎年夏から秋にかけて出品する各種コンクールのうちの一つです
地球環境問題を子供たちなりに考え表現したり、地球に生きる自分の大好きな生き物などを描きました
私達の【大切な地球】を思う気持ちがたっぷり入った子供たちの作品をどうぞご覧下さい

テーマ[地球を思う気持ち]   実際の作品の大きさ・・・葉書きサイズ

小学2年 K・由衣ちゃん 【水をきれいにしよう!】
由衣ちゃんから一言・・・「白鳥をがんばって描いたのでみてください
いつも驚くほど集中して制作している由衣ちゃん
いつまでも綺麗な湖に白鳥が住んでいられるように願いを込めて描きました
葉書きサイズの小さな画用紙でしたが、怖がらず元気よく筆を動かせましたね
「水をきれいにしよう!
自由アート教室もパレットを牛乳パックに代えましたね
IMG_2410.jpg




小学1年 N・有史くん 【きりんの親子】
有史くんから一言・・・「きりんの模様と葉っぱをがんばりました
そうです!きりんの模様と葉っぱを水彩絵の具とクレヨンを使って一生懸命描いていました
細かい作業を最後までよく頑張りましたね
ほのぼのとしたきりんの表情は私達の心を穏やかにしてくれます
IMG_2408.jpg




幼稚園年長 K・莉愛ちゃん 【ちょうちょとお花畑】
莉愛ちゃんから一言・・・「ちょうちょの模様が細かかったけどがんばりました」
莉愛ちゃんは作品展後に入室した女の子です。
とてもしっかりしたお子さんでこれからの作品が楽しみです
太陽の光をたくさん浴びてカラフルなちょうちょやお花は元気いっぱいですね
バックを黄色にしてとても明るい作品になりました
IMG_2409.jpg



幼稚園年長 O・颯汰くん 【クワガタとカブトムシのたたかい】
颯汰くんから一言・・・「色んな色を使いました。二匹は密をうばいあってます。」
颯汰くんは今年度入室の男の子です。
黒い線画に強弱があり、とても味のあるクワガタとカブトムシが表現できましたね
私からのアドバイスを素直に受け入れてくれて、今描くことが楽しいようです
昨日も自分のペースで黙々と制作に励んでいました
素敵な作品、たくさん作ろうね
IMG_2407.jpg


いかがでしたか
これから順次紹介していきます
是非お子さんと一緒に“ネット美術館”を楽しんでください

                         ☆MIWA☆





我が家の母の日は・・・
2008年05月13日 (火) | 編集 |
大西家から届く『母の日の玉手箱』
ご両親は美味しい野菜を食べてきっと若返るのではないでしょうか?

我が家では、主人が3年前にシンガポールに単身赴任になってからは、母の日には「お花」
父の日には「マンゴー」を送るようになりました
先日、主人から「今年もお花とマンゴーでいいかな?」と電話がありましたどうやら手配は一緒にするみたいです。
「海外からだと金額もはるし、こっちで手配しようか?」と問いかけると
「いや、届いた時に海外からの荷物の方が喜ぶぞ」と(笑)
確かに!!(笑)私もそうかも!!(笑)
ということで、今年も主人が手配した「お花」がそれぞれの実家に無事届いたようです
ついでに(?)我が家にも!
『マザーズリリー』が届きました
なかなか綺麗
つぼみの方がまだ多く咲くのが楽しみです
sIMG_2396.jpg


あら?『マンゴー』までも到着しちゃいました
sIMG_2392.jpg


「うっそ~?一緒に申し込んだから指定日間違えちゃったのかな?」
と思い急いで確認
すると、自宅には父の日にマンゴーが届いてもしょうがないから母の日に一緒に送ったということでした(笑)
行儀よく並んでるマンゴー達
今、冷蔵庫の中で冷やしてます
昨日、今日と肌寒いので出番はまだですね

そして今年は母の日の夜、サプライズが待っていました
娘達から『エコバック』をもらいました~
本当に何も前兆(笑)がなかったのでびっくりでした
ありがと~
しかもずっとエコバックが欲しくてちょろちょろ見てはいたのですが、
「また今度でいいや」と、買いそびれていたところだったので本当に嬉しかったです
sIMG_2394.jpg

オレンジ色の大きい方は『レジカゴ対応』
会計が終わったあと商品を入れ替えなくて済むので、時間の短縮にもなって便利そうです
小さい方はちょうどレジ袋一枚分ぐらいかな。
今日使ってみま~す
『レジ袋不用』のカード、忘れずに出さなきゃ
ちょっとドキドキかも(笑)

そうです!自由アート教室は「エコに優しく!」です

                          ☆MIWA☆





母の日は・・・茨城のお野菜を♪
2008年05月12日 (月) | 編集 |
昨日は 母の日でしたね 
世のお父さん達もとっても頑張ってくれていますが 
世のお母さん達の頑張りは・・・やっぱりすごいと思うんですよね 

私達夫婦の母達は 関西にいますので 何か贈り物を・・・と思い 『 やっぱり 茨城のお野菜がいいね  』 ってことになり 10日の午後に いつも買いに行っている 【 直売センターふるさとかわち 】 に行ってきました 
ここで選んだお野菜をたくさん詰めて 遠方の親戚や知人に贈り物をすると 皆さんが喜んで下さいますので 気取らないで贈り物できる相手には こちらをよく利用しています 

以前にも書いたこともありますが 我が家が茨城に住むようになった理由の一つに 【 茨城のお野菜が美味しい! 】 ということも入っています 
約8年前 自宅から1Kmほど離れたところに家庭菜園が出来る畑をお借りして お野菜を作っておりました 
主人が土日を使って畑の手入れをし まだ小さかった子供達に手作り野菜の収穫を体験させ 愛情込めた野菜の美味しさを実感していたのです 
『 里芋ってこんなふうに出来るんだね!』 とか 『 畑には こんなにたくさんの雑草が生えて大変なんだね!』 とか 『 今 収穫した菜っ葉は みずみずしいね!』 とか 作らないと分からなかったものをたくさん知りました 
その後・・・土日の忙しさが増し 畑の手入れがなかなか出来なくなったのをきっかけに 家庭菜園は終了しました 
作ることを経験した結果 お野菜が店頭に並ぶまでの苦労もすこし分かるようになったのでした 
『 あの苦労があるのに・・・この値段? 』 と・・・その頃よく店頭に並ぶお野菜を見て 主人が言っていたのを思い出しました 

【 直売センターふるさとかわち 】 に行くと必ず買うのが レンコンなんです 
全国生産1位の茨城のレンコンは 関西方面でも人気のようですが 私達が購入できる値段よりはるかに高い 
それに 連なったレンコンなど売っていません  (連なったものになると さらに値段が高くなる!)
だから レンコンが連なって収穫できる事も子供達は知りませんよ! きっと・・・!
実は・・・我が家の子供達も知りませんでしたから・・・

DSCF2232.jpg


★ 鈴木農園さんのレンコンレシピ集 ★

さぁ~ 母の日の贈り物をセレクトしていきます 
母達が頑張ってお料理してくれる姿を想像しながら 主人と選んでいきます 
レンコン・ごぼう・かぶ・トマト・新玉ねぎ・椎茸・なす・ブロッコリー・キャベツ・スナックエンドウ・そら豆・うり・和菓子・かきもち・ところてんなどを選びました 
ここでは 購入した後 こちらから配送手配が出来ますのでとても便利です 
何よりも お店の方が 愛情込めて  梱包して下さるので 安心してお任せしています  ( プライスラベルも一つ一つ剥がしてくれます!)
同じものを2ケース分用意し 【 母の日の玉手箱 】( 主人が命名!) が出来上がり  

DSCF2233.jpg


★ 茨城県河内町 直売センターふるさとかわち ★

忘れず我が家分も 購入してきました 

DSCF2234.jpg


母の日の昨日・・・
母達がそれぞれ 『 ありがとうね  うれしいわ~  』 の電話を戴き とっても喜んで頂きました 
離れていてなかなか会えないので せめて美味しいお野菜をたくさん食べて長生きしてくださいね  いつも 応援ありがとうございます 

世のお母さん達! 
今日も一日 元気に楽しく過していきましょう 

5月9日のミュージックステーションに出演していたSEAMOさんの【 MOTHER 】 という曲 心打つものがありましたのでご紹介しておきます 
ワンフレーズしか聴けませんが・・・機会があればフルコーラス聴いてみてください・・・
  
★ SEAMO 【 MOTHER 】 ★

☆HITOMI☆

こどもの日は・・・渋谷・原宿・銀座ウォーカー
2008年05月09日 (金) | 編集 |
こどもの日に家族みんなで出かけるよ  とみんなに告げて 予定を空けてもらっていたはいいけれど・・・実際 何処に出かけようか 3日まで決まっていなかったんです 
3日に主人と出かけた新宿をきっかけに 高校生と中学生の子供達と 都内の街を一緒に歩いて いろんな視点でものを見て過そう  ということなりました 

まずは ファッション雑誌でお馴染みの 【 渋谷109 】 へ
実は・・・初めてここにやってきました 
レディース館を練り歩き 長女はお買い物もちゃっかりしていましたよ 
こどもの日ともあって 館内はかなりの人・人・人・・・・でした  
ここが ファッションの発信地  なんだ~と思いながら 長女以外は 付き添い状態でしたね 
交差点の向かいのビルには 【 渋谷メンズ109 】 がありましたので 長男の為に寄りましたが 長男の好みの物がない為 最上階の 【 プリクラのメッカ 】 で家族揃って撮る 初プリに挑戦 
主人が 『 せっかくだから みんなで撮ろうか  』 の一声に 
『 えーーーいいよ~  』 の子供達の言葉があり・・・
それをかき消すように 『 撮ろう~  』 の私の声で決定になりました 
ブースに入ってからは 子供達のリードでなんとか数ポーズ撮り終わり 家族初プリも体験しました 

★ 渋谷 109 ★

渋谷を少しぶらぶらした後は・・・原宿に移動 
ここもすごい人混みです 
竹下通りの入り口は あまりの人で 出口辺りまでずっと人で埋め尽くされていました 
子供達は見たいお店にどんどん入っていきます 
私も長女と一緒に動き回りました 

DSCF2199.jpg


竹下通りといえば・・・クレープ屋さん 
通りの脇に2軒のクレープ屋さんがありますが 長蛇の列です 
でもここに来たのだから 『 並んででも・・・ 』 ということになり 原宿最初のクレープ専門店 【 エンジェルハート 】 でクレープを買いました  美味しかったね 
竹下通りには 安くて面白い雑貨もたくさん売っていました 
購入もしましたが 見ているだけでも 楽しくワクワクしてしまいました 

DSCF2205.jpg


DSCF2204.jpg


★ 原宿 竹下通りマップ ★

もっともっといろんな街を・・・子供達に見せたい 
ちょっと足を延ばして 銀座の街へ・・・
たくさんの百貨店があり また違う五感が刺激されるだろう・・・の期待を持って 
当日 毎年こどもの日に行われている 【 銀座 柳まつり 】 に遭遇しました 
【 銀座 柳まつり 】 は銀座通りに植えられた柳の枝から 1本1本手作業で剪定し2000本の苗木を育ててプレゼントされます。
都市に緑が少なくなったと言われ 地球温暖化防止への効果の期待もあるそうです。
< 西銀座通りからの文化・アートの発信 > として銀座1丁目から8丁目まで(約1Km)を歩行者天国にして いろんなイベントが行われていました 
私達は 立ち止まっていくつかのイベントを鑑賞致しました 

DSCF2214.jpg

★ 銀座 柳まつり ★

プランタン銀座では 【 キンバリー・ホッジス展 】 を観てきました 
ちょうど最終日でしたが プランタン銀座 本館6階 ギャルリィ・ド・プランタンでは 時折いろんな作家のアート展が開催されています 
彼女がデザインしたカラフルな陶器や愛らしいインテリア雑貨も展示されていましたので 子供達もそのアート性に見入っていました 

★ プランタン銀座 ギャルリィ・ド・プランタン ★

歩き疲れた頃でもありましたので 銀座三越の地下の 【 フレッシュジューススタンド 】 に行き 100%新鮮な果汁のジュースを飲みました 
ちなみに私は・・・<ベリーベリードラゴン> というブルーベリーとラズベリーのミックスジュースを戴きました 
とっても美味しいフレッシュジュースに疲れを癒されて また元気よく歩き出したのでした・・・

歩くたびに目に入ってくる たくさんのものを五感で感じ 日本の都心に何を思ったことでしょう 
長女が 移動するたびに口にしていた言葉ですが・・・『 ほんの少し移動しただけで 街の雰囲気ががらっと変わってしまうね! 』 
そうなんですよね 
街は 誰が作るのだろう 
その街が 発展していく先には・・・集まった人が作り上げる雰囲気が大きく影響してくるかもしれない 
私達は 都内に出かけるためだけに集まっていく・・・
でも そこを愛して住んでいる人がいることを 忘れてはいけないんだよね 
街は 迎える人と出向く人によって どんどん変化していく・・・大好きな日本の街のことだからね 


☆HITOMI☆

 
休日は・・・新宿ウォーカー
2008年05月07日 (水) | 編集 |
皆様のゴールデンウィークは 如何でしたでしょうか 
我が家のゴールデンウィークは・・・特別な予定を立てるのではなく こどもの日は みんなで出かけよう  だけを子供達に伝えておりました 

5月3日・・・朝起きて ふと思いつき 『 都内に出かけてみない  』 と主人を誘ってみました 
『 いいよ  いこか  』 の会話で決定 
子供達は それぞれの予定がありますので 二人で出かけることにしました 
場所は・・・新宿に決まり 
出かける前に百貨店の画廊の案内をパソコンで検索し 新宿タカシマヤを拠点にたくさんの物を見て目の保養をしてこよう  だけを決めて後は・・・気分で動こうということになり 出発 

なぜ 百貨店かというと・・・
私達がとーーーても若き頃  私の勉強を兼ねて よく百貨店周りをして インテリア雑貨を見たりしていました 
物のディスプレイが 何よりもユニークであったり 気品があったりと 学生の頃から百貨店は勉強の場所だったんです 
そして 百貨店には 画廊もあるのですが・・・もっと楽しめて 今のブームである作家の作品を観れる場所があるんですよ 
それは・・・インテリアアートギャラリーという所で インテリアの販売の階でアート作品を購入できるところなんです 
期間中 作家が来場してサイン会があったりするところで 今の世の中に求められている作品が集まってくるところでもあります 

まずは・・・この期間に10階美術画廊で開催されている吉田翔さんの作品展に向いました 
【吉田 翔 -夜の跡- 】 は日常の何気ない風景を独特の視点と色彩感覚で描き 日本画の素材である<墨>と<胡粉>のみで表現。 白と黒の世界が静かな画廊にスタイリッシュに展示されていました。

★ 新宿タカシマヤ ★

そして・・・次は インテリアアートギャラリーへ
たくさんの作家の作品が展示され購入でき その中でも 何の知識も要らないホッとする作家の作品を見つけました 
それは 渡辺 宏さんのパステル画と版画の作品でした。
渡辺 宏さんの作品の前にいると 時間を忘れてしまう不思議な感覚になりました 

★ 渡辺 宏イラストレーション ★

タカシマヤの中でたくさんの物を見て 主人も私も個々に色んなものを感じたと思います 
日常の生活で あまり出会うことのないものに遭遇すると 少し足を延ばして出かけたことに意味を感じますね 

夕方になり 自宅に居る子供達に連絡を入れると・・・『 せっかくだから 食事してきていいよ  楽しんできて  』 と言葉を戴きましたので・・・お言葉に甘えて 夕食も新宿で・・・ということになりました 
出かける前にカレー  を作ってきたので 高校生と中学生の子供達は 滅多に二人で遠出しない私達に気遣ってくれたんだと思います 
ありがとうね 

新宿で美味しいお店を知らない私達は ぶらぶら歩いていると  古い店構えの前に行列が出来ている 【 天ぷら屋のつな八 】 を見つけました 
『 待ってでも 食べてみよう  』 ということになりました 
天ぷらは カウンターで 【 揚げ方 】 という職人さんに揚げて頂きながら戴くのがいいですよね 
さすが 老舗の天ぷら屋さんです  並んでも価値あるお店でした 

DSCF2196.jpg

★ 新宿 つな八 ★

何の計画もせず 出かけましたが・・・結果的には とっても充実した時間を 楽しむ事が出来ました 
この土地の時間は とっても慌しく流れていく印象がありますが・・・ 
自分の心にゆっくり楽しもう  を持っていれば 自分流に時間を作れる楽しいところ・・・・魅力ある街 新宿だと思った一日でした 

☆HITOMI☆

『芸術の都市 パリの100年展』
2008年05月02日 (金) | 編集 |
ゴールデンウイークいかがお過ごしですか
ここ数日は天気に恵まれてましたね

今日の上野公園はここちよい風がふき、すがすがしい気分で公園を散策できました
現在、東京都美術館で開催されている『芸術の都市 パリの100年展』を観てきました

フランスの首都パリは世界の芸術的中心地です
そのパリが絶頂期を築いたのはロマン派登場の1830年代からパリ万博を経て、国際的に若い芸術家を集めた1930年代、第二次世界大戦前の約100年間ということです
今年2008年は日仏修好通商条約が締結されて150周年の年にあたり、それを記念してパリをテーマとした近代フランス約100年の優れた作品が約150点展示されてます

パリには学生時代に行った研修旅行と○○年前の新婚旅行の二回訪れたことがあります
今回は絵画作品だけでなく、パリのシンボル『エッフェル塔』の当時の建設の様子の写真なども展示されてます
いまさらですがエッフェルさんが設計したからエッフェル塔なんですね(笑)

懐かしいパリの風景を描いた作品や写真・彫刻を比較的ゆっくり鑑賞できました

時間があったので『チェコへの扉』~子どもの本の世界~も観てきました。
上野に『国立国会図書館 国際子ども図書館』があるのをご存知でしたか?
私は初めて入館しましたよ
チェコの絵本はやはり日本の絵本とは色使いが微妙に違いイラストも独特でした
図書館自体がとても綺麗で、機会があったら一度子供達とふらっと寄ってみてはいかがでしょう

土曜日からは子供達も4連休が待ってます
どうぞご家族で楽しいゴールデンウイークをお過ごし下さい

東京都美術館
芸術の都市 パリの100年展
国立国会図書館 国際子ども図書館
チェコへの扉

                                  ☆MIWA☆