FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
第10回作品展 【 コンクール出品作品 】
2007年12月31日 (月) | 編集 |
今年最後のブログです 
まだまだ 作品展出品カリキュラムの紹介がありますので いつも通りアップしていきますね 

【全科】平成19年1月~2月・4月・7月~8月制作
●コンクール出品作品

自由アート教室では、毎年各種コンクールに積極的に出品致しております。
コンクール出品は、その他のカリキュラムと違い純粋に“絵を描く”機会にもなりますので開室以来 積極的に取り組んでいます。
子供の1年は 絵を描く表現力が変化していくぐらい 成長が目覚しいのです。
過去に描いたコンクール出品作品を ご覧頂ければその頃の作者の気持ちが見えてきて 成長の跡を感じることができると思います。
発想力のトレーニングにもなるカリキュラムですのでこれからもずっと取り組んでいこうと思います!!
賞に選ばれなくても、子供達は一生懸命取り組んで発想する力、描く力を確実に伸ばしています。
出品作業をする私達は、どの子にもきらっと光るよい部分があるので それが大舞台で皆の目にとまればと願うばかりです!
全ての子供達に可能性が 光っています・・・

[出品先一覧]
第56回こども二科展 主催:二科会、産経新聞社
第31回こども絵画コンクール 主催:住友生命保険相互会社
第10回地球大好き絵メール 主催:東京ガス株式会社・環境エネルギー館
第10回色鉛筆アートコンテスト 主催:三菱鉛筆株式会社
第15回世界こども図画コンテスト 主催:社団法人 家の光協会
第38回世界児童画展 主催:財団法人 美育文化協会

☆審査結果につきましては、順次自由アート教室ホームページ・ブログにて発表しておりますのでご覧下さい。
カテゴリーの【 コンクール関連 】 をご覧下さい              


 第56回こども二科展 入選 

IMG_2003.jpg


IMG_2004.jpg


IMG_2005.jpg


 第31回こども絵画コンクール 入選 

IMG_2007.jpg


IMG_2008.jpg


IMG_2009.jpg


IMG_2011.jpg


 第10回地球大好き絵メール 入選 

IMG_2015.jpg


IMG_2016.jpg


 第10回色鉛筆アートコンテスト 入選 

IMG_2014.jpg


 第37回世界児童画展 入選 

IMG_2013.jpg


※ 第38回世界児童画展・第15回世界こども図画コンテストの結果は まだ出ていませんので前回の入選作品を展示致しました 

2007年・・・・
もうすぐ幕を閉じようとしております・・・
今年一年間・・・ 
たくさんの皆様に支えられ 自由アート教室は 子供達と共に夢に向かって歩んで参りました 
いつもいつも エールを送って下さり 私達に勇気を与えて下さった皆様に大変感謝致しております 
ありがとうございました 
来年も 子供達と共に 喜びも苦しみも共有しながら 今以上の自分に出逢う発見を続けていきたいと思っております 

自由アート教室のHP・ブログにもたくさんの方々がアクセスして下さり 日本各地・外国の方々にもご覧頂き 嬉しい喜びを感じた1年でもありました 
これからも キラキラ輝く子供達の今を発信してきたいと思います 
来年もどうぞ宜しくお願い致します 
良いお年をお迎え下さいませ・・・・・

☆MIWA☆ ☆HITOMI☆

第10回作品展 【 立体永久カレンダー(ずっと飾っていこう!万年カレンダー) 】
2007年12月30日 (日) | 編集 |
今年もあと2日・・・・
一応 目標立てて 年内にこの仕事は終えておこう  とやらなければならない仕事を紙に書き出し 一つ一つ仕事を終えては・・・・上から横線で消していき・・・・
慌しく動いております
お正月はゆっくりしたいですから 今頑張っておこうと思います 

では カリキュラム紹介です  

【幼児科・児童科】平成19年10月~12月制作
●立体永久カレンダー(ずっと飾っていこう!万年カレンダー)

一生懸命に物を作り上げても、出来上がってしまえばもう満足!
実は、出来上がった後、気持ちがたっぷり詰まった作品達は、どのようになっているのかな?と思う事があります。
自由アート教室では、子供達の心ある作品をお部屋のインテリアにしてご家族皆で楽しんで下さい!と呼びかけています。
今回の永久カレンダーは、制作後もずっと飾って頂いて なおかつ毎月決まった作業をして ご家族皆の大切なアートにしてほしい!!という狙いがあります。
カレンダーは、どこのご家庭でもあり、私達の生活に欠かせないインテリアです。
ここに目をつけ、子供達が1から作り上げる『立体永久カレンダー』の制作に取り組みました。
45センチ×45センチのベニア板に壁掛けフックを取り付け、カレンダーとなる
曜日(7個) ・月(12個) ・日にち(31個) ・飾りパーツ(7個) 合計57個のパーツを軽量粘土で作り上げます。
57個のパーツは サイズも計算されています。
パーツ作りでは 軽量粘土が乾いてひびが入らないように水をつけたり、形にもこだわり、子供達なりの工夫が生まれます。
57個のパーツに色づけして、一つ一つに個性を出していくのも子供達ならではです。
そのパーツに曜日・月・日にちなどを書き込み いよいよ永久カレンダーになる裏ワザ作業に入ります!
ずっと使い続けられるように毎日カレンダーのパーツを動かせセットする作業の楽しみも子供達に残しておきたいと考えました。
その為には、マジックテープをパーツと台紙のベニア板に貼り付ける裏ワザ作業がポイントとなりました。
空いている部分に作者のイラストがデザインされ、水彩絵の具で塗っていきました。
このイラスト部分も作者一人一人の個性が出る部分となっています。
今回は、いくつもの工程に分けて制作していますが、自分の為に家族の為に『立体カレンダー』を作り上げるんだ!! という子供達の想いが全員完成に導いていきました。
是非ご家庭のアイドルインテリアになってほしいと願っています。


IMG_1933.jpg


IMG_1934.jpg


IMG_1935.jpg


IMG_1936.jpg


IMG_1937.jpg


IMG_1938.jpg


IMG_1939.jpg


IMG_1940.jpg


IMG_1941.jpg


IMG_1942.jpg


IMG_1945.jpg


写真だと作品の個性が上手く伝わらなくて・・・残念ですが・・・
幼児科・児童科の子供達が何もない状態から 形にしていく工程にチャレンジして 完成させました 
作業の中で・・・・マジックテープの貼り方を間違って もう一度やり直しをした子供達も何人かいましたが・・・・
これも良い勉強です 
失敗を成功に近づける努力をした 
ここに意味があって 次に歩んでいけるんですよね 
よく頑張りました  

制作途中にどんどん変化していったこの 【 立体永久カレンダー 】 
あなた達のこれからの成長をずっと見守ってくれるはずです 
大切にして下さいね・・・・


☆HITOMI☆
第10回作品展 【じっくり見て描く模写(子供の塗り絵)】
2007年12月29日 (土) | 編集 |
今年もあと3日となりました
なんだか駆け足で2008年がやってくる気がします
午前中はあいにくの雨でした
大掃除する気も失せてしまいがちですが、
「今年の汚れ、今年のうちに~♪」
とCMでも流れているし・・・
子供達の作品を飾るスペースだけでも確保してあげてくださいね
なんて、私も大きなことは言えません
あそことあそこと・・・できればあそこも・・・
普段出来ないトコ綺麗にしたいんですけどね~~~~(笑)

では、作品展出品カリキュラムの紹介にうつります
本日紹介する【模写】は、今回ご来場者の方々から、
「小学生なのによくこれだけ描けるね~」など驚きとお褒めの言葉をたくさんいただいた作品群です
作品の脇に添えてあるのは作品のもとになる自分で選んできた写真や絵葉書。
こうやって撮影してみるとどちらが本当の写真か区別がつかないほど頑張りました!
じっくり時間をかけて仕上げた自信作!
どうぞご覧下さい


専攻科・特訓専攻科】平成19年10月~12月制作
●じっくり見て描く模写(子供の塗り絵)

「今回は発想しちゃだめよ!」「しっかり見てその通りに塗るんだよ!」
いつも子供達に「発想してみよう!」と声かけをしている私達ですが・・・
今回はちょっと違います!
専攻科・特訓専攻科の子供達に描く技術を高める正統派のカリキュラムに挑戦です!
今回は『模写』にチャレンジします!!
子供達にデッサンから模写するのはハードルが高くなってしまいます。
なので、描きたいものの写真をA4サイズに拡大コピーをして 裏面に鉛筆で黒く塗り、表面から鉛筆でなぞって形を出して サポートする工程をとりました。
デッサンが完璧になるので 後は元の写真を片手に持ち、その通り色をつけていく いわいる今はやりの〈大人の塗り絵〉のような状態からスタートすることになりました。
子供が塗るので〈子供の塗り絵〉なのですが・・・
内容は〈大人の塗り絵〉よりハードかもしれません!
個々が用意した写真は、野菜・ペット・自分の幼い頃・風景・植物・食べ物など多種になっています。
まずは、被写体のベースカラーを塗り、二回目・三回目・四回目…と色付けに段階をつけて写真のカラーを模写していきました。
小学校高学年、中学生には、かなり難しい工程が何度も繰り返されましたが、確実に、物を観察する力と塗る技術は、アップしています。
「絵画教室に通っているなら体験しておこう!」
「この先、このようなことをやるチャンスがなければ一生やらないよね!だから 今やっておこう!」
子供達に難しいことにチャレンジする勇気と根気を感じてもらいながらの制作となりました。
制作中、想像することをストップさせていた子供達には、額に思いっきり【創造】してデザインしてもらいました!
カラーペイントをされた額にも 作者の伝えたい想いが見えてきます!



sIMG_1967.jpg


sIMG_1969.jpg


sIMG_1970.jpg


sIMG_1971.jpg


sIMG_1972.jpg


sIMG_1973.jpg


sIMG_1974.jpg


s模写


いかがでしたか?
大人顔負けの作品が並んでいたと思います
額はダイソーで調達した色違いのフレームなんですよ。
とてもおそろいのフレームとは思えないくらい、一人一人の個性が出せましたね。
みんなよくがんばりました~

                                  ☆MIWA☆
第10回作品展 【 文字の空間デザイン(文字のイメージデザイン) 】
2007年12月28日 (金) | 編集 |
作品展に出品した作品たちは もうお部屋にディスプレイされていますか  
自由アート教室のカリキュラムは・・・・考える段階からお部屋の素敵なインテリアになるように構成しています 
頑張って制作した子供達の想いを繋げていくのは・・・・お父さんとお母さんの愛情ですよ 
【 飾って楽しむ 】 までがアートです 
子供達が作る・描くまでに出し切った力を感じてくださいね 
きっとお部屋が明るくなります 
大掃除をしたお部屋に世界でたった一つだけの素敵なインテリアを飾ってくださいね・・・・

それでは・・・作品展出品カリキュラムの紹介を続けます・・・・  


【専攻科・特訓専攻科】平成19年5月~7月制作
●文字の空間デザイン(文字のイメージデザイン)

文字にはその文字が持つ意味が込められています。
ひらがな・カタカナ・漢字・英字etc…
たくさんの文字を子供達は 段階を経て学習していきます。
その文字の形は、イメージを絵にして出来てきたと言われています。
一番簡単に伝えられる形まで変化し、文字の一つ一つが誕生してきました。
文字の組み合わせによってもっと深く意味を伝達できるバリエーションも可能となり、私達が生きていく為には、文字なくしては“伝える”というコミュニケーションが考えられないほどとなっています。
デザインを勉強する際に必ず通る入り口にレタリングがあります。
このレタリングをもっと子供達らしく楽しく表現できないかと考えたのが今回のカリキュラム『文字の空間デザイン』です。
難しいラインにこだわることなく、文字の持つ顔をクローズアップして表現する!!
ここに焦点を当てました!!


[工程]
文字選び→文字の持つイメージを考えて絵にしてみる(ポスターカラー)→文字の持つイメージを小道具を使ってクリアケースの中に飾ってみる→クリアケースのふたの部分にもイメージをプラスする!(アクリル絵の具)


自分が伝えたい文字を三段階に分けて表現をプラスし、文字の持つイメージを最大限に伝えるデザインに挑戦しました。
子供達が表現する文字選びを一つとっても実に様々で、クリアケースの中に飾るイメージ小物も作者の伝えたい気持ちが溢れています。
クリアケースのふたの部分の表現もそれぞれが“もっとこの文字の意味よ!伝われ!”と思う気持ちを込めて描いています。
きっとあなたにも 文字が持つ意味が伝わっていくことでしょう。


 【 Happy Birthday 】 ・ 【 自然 】 ・ 【 音 】 ・ 【 森 】 ・ 【 夏 】 ・ 【 頭脳 】 の文字アート 

IMG_1990.jpg


 【 仙人掌(サボテン) 】 ・ 【 一球入魂 】 ・ 【 富士山 】 ・ 【 水 】 ・ 【 輝く海 】 ・ 【 海 】 の文字アート 

IMG_1991.jpg


 【 妖精 】 ・ 【 紅葉 】 の文字アート 

IMG_1993.jpg


 【 松竹梅 】 ・ 【 華やか 】 の文字アート 

IMG_1994.jpg


 【 笑う 】 ・ 【 桜 】 ・ 【 熱血魂 】 ・ 【 蝙蝠(こうもり) 】 ・ 【 元気 】 ・ 【 情熱 】 の文字アート 

IMG_1995.jpg


 【 美味 】 ・ 【 希望の星 】 ・ 【 秋桜 】 ・ 【 入道雲 】 ・ 【 喜怒哀楽 】 ・ 【 相思相愛 】 の文字アート 

IMG_1996.jpg


 【 氷柱 】 ・ 【 龍 】 ・ 【 秋 】 ・ 【 和む 】 ・ 【 鶴亀 】 ・ 【 虎 】 の文字アート 

IMG_1997.jpg


 【 空 】 ・ 【 翼 】 ・ 【 龍 】 ・ 【 紫陽花 】 ・ 【 歩む 】 ・ 【 鳳凰(ほうおう) 】 の文字アート 

IMG_1998.jpg


 【 艶(つや) 】 ・ 【 魔 】 ・ 【 葵 】 の文字アート 

IMG_1999.jpg


専攻科・特訓専攻科の子供達が一つの文字を こんなにも掘り下げて表現した事は 始めてかもしれない・・・
アートをする事って・・・プロデュース側に立って伝えていくことなんだよね 
世界中には どれだけの文字・言葉があるだろう・・・・・・・・
多くの文字・言葉の中から あなた達に選ばれて その文字がキラキラ輝くように全力を出し切った君たちは 立派なプロデューサーだと思います 
自分流に・・・自分だから・・・こんな感じに表現した 
ここが 一番大切ってこと感じてほしいです・・・・

☆HITOMI☆
第10回作品展 【 アクリル絵の具で描く色彩構成 】
2007年12月27日 (木) | 編集 |
先日より各部屋の模様替えをしています 
以前にもお伝えしていると思いますが・・・・
私の趣味でもあり 自分のリラックス方法でもある模様替えは・・・・
時間がある時はもちろん  学生時代の時間が迫っているテスト前にもやってしまうほど  長年はまっているのです・・・
もしかしたら一番長~い期間続いてる趣味かもしれませんね!! 
普段出来ない教室の模様替えに始まり リビング・子供部屋・寝室・物置と・・・・毎日場所を変え模様替えをしていきました 
今日は・・・納戸が気になっていますので 整理しようと思っています・・・
年末のお天気が気になりますが・・・あまり良くないようです・・・
だから 今日のお天気  は貴重かも 
お布団干して その間に部屋をスッキリさせようと思います 
さぁ~頑張るぞ~ 

では 作品展出品のカリキュラムの紹介していきます 

【特訓専攻科】 平成19年5月~6月制作
●アクリル絵の具で描く色彩構成

色彩構成は、デザインの世界で最もポピュラーな勉強でもあり、実は奥深い練習でもあります。
初歩の段階では、画面を線で区切ってスペースを作り、色を配置していく練習をします。
中学生となっている特訓専攻科の子供達には 立体感のある物体の色彩構成をアクリル絵の具で表現する少しレベルアップしたカリキュラムに取り組んでもらいました。
色と色の境目が画面の中でどう表現されて構成に至っているかがポイントになります。
どうしたらバランスよく配色できるか?
隣り合う色同士がそれぞれの主張を半減することなく配置できているか?
決められた法則を簡単に提示してしまうのではなく、実践の中で自らが発見し、構成していく学習をしました。
アクリル絵の具の特性を活かし、重ね塗りして微妙な色合いも表現しています。
この色彩構成の学習は、毎日の生活に必ず活かされていくことでしょう。


IMG_2001.jpg


IMG_2002.jpg


時間をしっかり確保し 集中して制作する 
忙しい中学生が 作品の為に時間を作り取り組んだ作品群です 
色の面白さ・色の魅力を理解している特訓専攻科の皆さんだから 制作できたのだと思います 
この頑張りは きっとあなた達の生きていく道幅を広げてくれると思います・・・

☆HITOMI☆
第10回作品展 【 オリジナルペーパーでパッチワークアート(ちぎり絵) 】
2007年12月26日 (水) | 編集 |
クリスマスが終わって・・・・
今日は 部屋の中のクリスマスディスプレイを片付けましたよ 
外のイルミネーションは・・・一人では無理なので・・・デコレーションのみの片付けになりました 
飾り付けは これから始まるクリスマス気分を演出してワクワクするのですが・・・・
片付けは なんだか少し虚しい気持ちになりますね・・・
また来年も宜しくねの気持ちを込めて・・・終了

でも 空いたスペースに次のディスプレイを 楽しんでやりました~
皆様も クリスマスの片付け頑張ってくださいね 

では 作品展出品カリキュラムを紹介していきます 

【幼児科・児童科】  平成19年5月~7月制作
●オリジナルペーパーでパッチワークアート(ちぎり絵)

『パッチワーク』 とは、小さなものをつなぎ合わせていくことです。
手芸でお馴染みのあのパッチワークのイメージではありません!
自由アート教室らしくアート感覚で、“小さな紙を貼り合わせていく”この技法に『 パッチワーク 』というネーミングを付けてみました!!
自分で考えた図案にちぎった小さな紙を根気よく色彩も考えながら貼り合わせていく、つまり『 ちぎり絵 』なのですが・・・
ここで自由アート教室ならではの一工夫をプラスさせました。
ちぎっていく紙は、和紙でもなく、折り紙でもない、世界でたった一つの色合いを表現しています。
一枚一枚子供たちの独自性を出すオリジナルペーパーを作り上げました。
赤色の紙を1枚制作しても 赤色の中に黄色を少し加えたりと自分色で表現して しっかり個性が出ています!
この作業は、筆で絵を描くのとは違い、制作範囲がなかなか進まず子供達の気力が勝負になっていました。
しかし、自分が塗り上げたオリジナルペーパーを小さくちぎり、のりで一つずつ貼っていけば必ずゴールが待っていたんです!
既製品が出回る世の中で、あえて最初から最後までオリジナルにこだわる『 パッチワークアート 』というカリキュラムが誕生しました。
小さな子供達の粘り強い根気に拍手を送りたい作品群です!


DSCF1534.jpg


DSCF1538.jpg


DSCF1539.jpg


DSCF1540.jpg


DSCF1541.jpg


DSCF1542.jpg


DSCF1543.jpg


DSCF1544.jpg


DSCF1545.jpg


DSCF1546.jpg


IMG_1979.jpg


IMG_1980.jpg


幼児科・児童科の小さな子供達の頑張りをご覧頂きたくて 全作品の紹介を致しました
皆様!! 今回は【 ちぎり絵 】の作品だったのですよ 
あまりにも みんなが頑張ってくれたので・・・描いた絵に見えてしまっていては・・・・と少し心配ですぅ・・・
すごいぞ   幼児科・児童科のみんな 

☆HITOMI☆
第10回作品展 【 読書感想画 】
2007年12月25日 (火) | 編集 |
   Merry Christmas!!  
皆様は  素敵な時間をお過ごしの事と思います・・・ 
サンタクロース  は プレゼント  を皆様のところに届けてくれましたか 

忙しい年末ですが  ・・・・
素敵なイベント続きでなんだかワクワクしてきますね・・・

皆様が過ごされた素敵なクリスマスを教えてくださいね 

それでは・・・作品展の出品カリキュラムを紹介していきましょうね 

【全科】平成19年 1月~2月制作
●読書感想画 <第56回こども二科展コンクール出品作品>

子供達は幼い頃から絵本を見たり、本を読んだりして 本に書かれている世界を自分の頭の中に、残してきたと思います。
小学生になれば 読書感想文を書く体験もしますね。
今回は 本を読んで心に残ったところを絵で表現する『読書感想画』にチャレンジしてみました!
カリキュラムの呼びかけ時に 自分が描く本を用意してくれました。
中には 私達が内容を知らない本もあり、一人ずつ描きたい部分や内容を話してもらいました。
絵を楽しく描ける子供達は、読書感想画の取り組みを楽しんで制作できました。
子供達一人一人が捉える感想が違うので同じ本を選んだとしても 表現が違ってくるのが面白いところです。
出来上がった作品を観ていると・・・その本の世界に入り込んでしまいそうになったり、まだ読んだことのない本は、読みたくなる好奇心に駆られました。
また それぞれの作品を本の表紙絵に使って頂きたいほどの力作揃いとなりました。
この作品は、第56回こども二科展のコンクールに出品し、7名の子供達が入選いたしました!
受賞された皆さん!おめでとうございました!!


IMG_1946.jpg


IMG_1948.jpg


IMG_1951.jpg


IMG_1953.jpg


IMG_1954.jpg


IMG_1955.jpg


IMG_1959.jpg


たくさんの作品があり 残念ながら全作品を紹介出来ませでした・・・
会場では どの作品も主張する輝きがありましたよ 
読んだことがない本もたくさんあり 読んでみよう!!と思わせる迫力でこちらに語りかけてきた力作揃いでしたね  

☆HITOMI☆
市場リサーチ兼ねて東京へ!!!
2007年12月21日 (金) | 編集 |
作品展準備時から 計画していたこの企画 
作品展の準備期間は 休み中も作業・作業・作業・・・・・・・・・・・・の日々  だったんです・・・
作品展に焦点を当てて 走っていたので・・・・
作品展が終わった時に脱力感が続かないよう・・・新たな刺激を受けるため 新しい空気を吸いに行こう~ と 市場リサーチ兼ねて東京へ~ と計画を立てておりました 

12月19日(水) 朝8時30分に薦田先生を迎えに行き 藤代駅前の1日駐車500円のパーキングに停めていざ上野へ 
朝にも関わらず テンションの高い二人・・・・
作品展の話で盛り上がります 
ラッシュの電車の中は マナーを考え静かにしていましたよ 

東京都美術館では ≪ フェラデルフィア美術館展 (印象派と20世紀の美術) ≫を開催中 
当日 シルバーデー(65歳以上は無料)と重なり かなりの混雑でした 
いくら混んでいても ピカソ・ルノワール・モネ・シャガール・ゴッホなどの名画を鑑賞できる機会は 貴重です 
時代が流れていても 自分流を確立しているアーティストの絵画は とっても新鮮な気持ちで鑑賞出来ます 
作品を仕上がるに至った作者の想いが 響いてきた素晴らしい企画展でした 
残念ながら・・・この企画は24日までです 
ご家族で如何ですか?
隣には 上野動物園がありますよ  

【 東京都美術館 】 HP
http://www.tobikan.jp/

さぁ~ 私達はここから六本木へ・・・
【 東京ミッドタウン 】 ヘ

高くそびえ立つビルの中は・・・多くの企業も入るアートを追求した高級ショップ揃い 

DSCF1576.jpg


スタイリッシュな建物の中には 大きなスペースを使っての壁面ステンドグラス 
外からの光を使ってのアートスペース・・・見とれてしまいました 

DSCF1584.jpg


アート展を各所でやっており 私達の五感は刺激を受けました 
ショッピングと言えば・・・・・・・・六本木価格と思うような高級品揃いでしたので 目で楽しみ  形・デザインを堪能して・・・私達流の楽しみ方で満喫して来ました  

そこから銀座に 
スイーツを  求めて歩き回り・・・・・・ 
休憩しては また歩き回り・・・・・・
面白い雑貨を見つけては感動して・・・また歩き回り・・・・・
よく歩きました・・・・・ 
都内に出かける機会があまりないから 必死に歩いたなぁ~と思いました・・・・

これからは 自分達の五感の為にも そして子供達に旬なものを伝える為にも 程よいサイクルで 市場リサーチに出かけよう  と学びました 

【 東京ミッドタウン 】 HP
http://www.tokyo-midtown.com/jp/index.html

☆HITOMI☆
RYUCOMの皆さんが作品展を観に来て下さいました!!
2007年12月20日 (木) | 編集 |
作品展には たくさんの来場者がありましたが 最終日16日に地域情報をホームページで発信して下さっているRYUCOMの皆さんがご来場頂きました 

DSCF1571.jpg


過去の作品展も事前告知をして下さったり 作品展の様子を記事掲載して下さったりと 大変お世話になっています 
今回の作品展もRYUCOMさんのオリジナル記事に掲載して下さいました 
ありがとうございました  

是非 皆様もご覧下さいね 
こちらのHPは 地域の情報がとっても詳しく発信されており 私も毎日何度かアクセスしています 
管理者の方々の行動力にはいつも感心しています 
地域情報を温かい気持ちで発信している身近な情報源として 自由アート教室のブログにもリンクさせて頂いていますよ 
私のパソコンには・・・≪お気に入り≫に入っています 

【 RYUCOM 】HP
りゅうこむは 龍ケ崎を便利で住みやすくする非営利団体運営の地域情報&コミュニティページ
http://ryucom.org/index.html

龍ヶ崎近郊にお住まいの方には・・・役に立つHPですね 

☆HITOMI☆
第10回作品展 【アニバーサリーケーキ(デコレーションアート)】
2007年12月18日 (火) | 編集 |
 第10回自由アート教室作品展は 皆様の多大なご協力を賜りまして 無事終了致しました 
皆様のご協力無くしては成し得ない作品展でしたので 大変感謝致しております 
ありがとうございました 
これからも アートを通して それぞれが自分の力を伸ばし続け 今以上の自分と出逢えるよう 子供達と共に頑張っていきたいと思いますので 宜しくお願い致します 

開催期間3日間で延べ2500名の方々にご来場頂きました 
今まで以上のご来場者数で ほぼ3日間絶えることなく会場が賑わっていました 

通って頂いている子供達のご家族はもちろんのこと  子供達のおじいちゃん・おばあちゃん・ご親戚の方々   子供達のご近所の皆様方  幼稚園・保育園・学校の担任の先生方  学校の校長先生・教頭先生  子供達の習い事の先生方  子供達のお友達とそのご家族  子供達のご家族の知人の方々  作品展の掲載記事をご覧になって来られた方々  通りがかりでご覧頂いた方々  ・・・・・・・・・・・・・・
ほんと~うに たくさんの方々のご来場を頂きました 
会場のショッピングセンターの事務所内でも 驚かれたご来場者数だったようです 
たくさんの方々にご覧頂いて子供達の作品たちも キラキラ輝いておりました 

これからは 作品展のご紹介を少しずつアップしていきたいと思います 

まずは・・・案内状でも告知致しておりました共同作品 【 アニバサリーケーキ(デコレーションアート) 】 を紹介致します 

今回の作品展は、記念すべき第10回目の作品展です!
毎回 共同作品を作り上げ作品展のメインディスプレイとしてご覧頂いています。
今回は「10回目おめでとう!!」「10回目ありがとう!!」の気持ちを込め、アニバーサリーケーキを作ろう!!と計画しました。
共同作品ですが、実は 個人作品の集結で大きなアートを創り上げました。
小さなショートケーキをたくさん集めて、直径3m60cmの巨大円形二段ケーキを作りました。
この小さなショートケーキは、透明のティッシュボックスケースをデコレーションした作品になります!
デコレーションアートの発案の元は、今流行している『デコ電』と言われる携帯電話のデコレーションをヒントにしています。
作品展会場は照明のライトアップの効果もありますので素材にラインストーンなどをデコレーションしている子供達もたくさんいます。
デコレーションする材料にも個性があります。
ビーズ・ビー玉・貝がら・造花・ボタン・ビール缶のタグなど用意されたデコレーションパーツは様々です!
プラスチック製のティッシュボックスケースに木工用ボンドでパーツを貼り付けていく作業も大変でした!
つける木工用ボンドの微妙な量の調節も工夫しています。
パーツがすぐに取れてしまう困難も体験しながら、素敵なデコレーションアートのショートケーキが出来上がりました!
子供達がデコレーションアートに取り組めば透明のティッボックスケースが大変身です!こんなティッシュボックスケースが売っていれば 是非 購入したいなと思うアート作品の集まりになりました。
出来上がった作品の中にティッシュボックスを入れて、少しティッシュを引き上げ、生クリームを表現し よりショートケーキにイメージを近づけています!
子供達全員で作り上げたアニバーサリーケーキは きっと会場で一番輝いていることでしょう。


 直径3メートル60センチの2段アニバーサリーケーキ誕生 

sIMG_1976.jpg


【 祝 第10回自由アート教室作品展 】 のオリジナルプレートも輝いています 

s_第10回作品展案内状裏


会場の奥から観たアニバーサリーケーキ 

sIMG_2037.jpg


やっぱり会場でひときわ目立っていましたね 

sIMG_2039.jpg


大きなケーキの中身は 子供達一人ひとりが製作した デコレーションアートの作品が・・・
美味しそうなショーケーキの集まりです 
子供達の無限のデコレーションは やはりアートそのものです 

sIMG_2027.jpg


そう 
この作品は・・・ティッシュボックスケースのデコレーションアートなんです 
作品の真ん中から少し見えているティッシュは 生クリームを見立てていますよ 

DSCF1493.jpg


【 子供達の夢のかたち <あなたは夢を持って生きていますか?> 】 
テーマタイトルが語っています・・・

DSCF1494.jpg


ここには 114個のショートケーキが並び 大きなアニバサリーケーキを作っています 
きっと・・・今は お家のティッシュケースとして素敵なインテリアになっているはずです

DSCF1495.jpg


過去の作品展にない大掛かりな共同作品の制作も イメージ通りの出来栄えとなりました 
第10回自由アート教室作品展をお祝いして作り上げたこのアニバーサリーケーキは ただのケーキじゃないんですよね・・・
ずっとずっと積み上げてきた喜び・苦しみ・楽しさ・・・・・
たくさんの想いが 詰まっているとっても美味しい  世界一立派で自由アート教室だから作れた輝けるスイーツです 
これからも いろんな味をブレンドして 我が教室しか作れない 【 もの作り 】 を続けていきます・・・・・・・・・・


☆MIWA☆ ☆HITOMI☆

第10回自由アート教室作品展 開催!!!
2007年12月14日 (金) | 編集 |
第10回自由アート教室作品展
--- 子供達の夢のかたち ---
〈 あなたは夢を持って生きていますか? 〉


第10回作品展案内状裏


●会期:平成19年12月14(金)~16(日) am10:00~pm7:00 【最終日pm4:00まで】
●会場:ショッピングセンターサプラ 2階多目的ホール

あったかいお気持ちになって お帰り頂けると思います・・・

お待ちしております 

☆MIWA☆ ☆HITOMI☆


作品展会場のディスプレイ完了!!!
2007年12月13日 (木) | 編集 |
12月11日(火) 会場に展示作品が搬入されました 
展示点数は 約450点です 
この搬入は 保護者の皆様のご協力なくしては 成し得ないものなのです 
平日の午前中に搬入を設定していますが 働いているお母さんは お休みを取って来て下さったり また用事でどうしても設定時間に来れない方は 夕方までに会場に搬入して下さいました 
また お父さんやおばあちゃんがお越しくださった方もおられました 
搬入する少しの時間ですが 皆様がその時間を作って下さっていることだけとっても 皆様のご協力あっての 【 自由アート教室 】 だと大変感謝致しております 

作品展会場のディスプレイは 3日間確保しています 
初日は・・・私達講師2名・男性3名そして自由アート教室卒業生の美大生Aちゃんの6名で展示していきました 
ディスプレイは 設計図を製作していますので 現場修正をしながら 会場作りをしていきます 

では・・・準備の状況を少しお伝えします 

どんどん会場に搬入されてくる作品達・・・・すべて集まれば 450点 

DSCF1466.jpg


これは・・・メインのアニバーサリーケーキの土台を作り始めました 
ここの担当は 卒業生のAちゃん 
この土台を製作するにあたり かなり計算もして準備万端で望みました 
ある程度 下準備の大道具も制作して 後は組み立てていくだけですが・・・
Aちゃんは 私達のイメージ通り作業し また仕事が速い  すごい 

DSCF1465.jpg


さすが美大生 
物作りに掛けるフットワークの良さ 
仕事ができる女だよ 
着々と作業が進んでいきます 

DSCF1467.jpg


作業する時に 自然とこの笑顔が出るようになると・・・
物作りの喜びを知っている証拠だね 
最初から作り上げることの素晴らしさが この笑顔を作るんだね 
私達と喜びを共有できる卒業生が育っていることを とっても嬉しく感じる初日でした・・・
Aちゃんは 貴重な戦力でした  
ありがとうね 
私達も初心に戻るきっかけになりました
そんな中・・・初日は 夜8時まで頑張りました 
お手伝いして下さった方々 どうもありがとうございました 

DSCF1468.jpg


2日目も夜8時まで 私達講師二人で頑張りました 
何もなかった会場が・・・もはや 【 自由アート空間 】なっていく喜びを感じながら 作業は 続きます・・・・・・・・・
体の疲労もありますが・・・・ 
やっぱり私達も 卒業生のAちゃんと同じ アートに夢を託していた若い頃があったので・・・
出来上がっていく喜びが 疲れを忘れさせてくれるのかもしれません 
いつものように どんな大変な仕事の中にも 楽しさと喜びを見つけて頑張りました 

3日目は 展示の細かい修正を見ながら・・・夕方6時に展示完了致しました 

出来上がった会場は 自由アート教室カラーでいっぱいです 
子供達の想い・子供達を支えてきた保護者の方々の想い・そしてずっとそばで経過を見てきた私達講師の想い・・・・たくさんの想いでいっぱいの会場が出来上がりました 

是非 会場にお越し頂き 気持ちいっぱいのあったかい作品展をご覧下さい・・・
お待ち致しております・・・

☆MIWA☆ ☆HITOMI☆
  
作品展の飾り物を作成中・・・ミシン掛け編
2007年12月10日 (月) | 編集 |
子供達が飾り物の製作に頑張ってくれているので 
私達講師も ミシン掛けを頑張りました 

アニバーサリーケーキの側面をぐるっと巻く 白いサテンの生地に タックを付けていく作業に奮闘致しました 
純白のサテンの生地を35メートル購入し それを19メートルに縮めるようタックを入れて ミシン掛けしていくのでした・・・

直径3メートル60センチの二段ケーキの側面を巻く計算で出た数字を見て ビックリ 
やってみてまたビックリ  でしたが・・・
私と薦田先生の作業は いつも苦しいと思いながらやったことがないほど 楽しみながら・・・ 笑いながら・・・ でも真剣に・・・ がモットーなので・・・夕方の教室に間に合うよう 午前中から始めて 2日間で完成致しました 

まずは・・・薦田先生オリジナルの型紙を作り 均等にタックを入れていきます 
薦田先生が まち針で印を付けていってくれました 

DSCF1430.jpg


そして ミシン掛けは 私が担当 
こんなに長い布を ミシン掛けしたのは 初めて 
サテン地で ツルツル滑って掛けるのは難しい 
下に垂らす生地が長く タックをしっかり出すため 間隔をあけてダブルでステッチしていきました!
( だから ミシン掛けは 38メートル掛けたことになりました~(笑) ) 

DSCF1432.jpg


掛けても掛けても 終りが見えない・・・
でも 諦めないで頑張れば・・・必ず終わりはやってくる 
いつも 子供達に言っているからには 頑張らなければ・・・・・・・・・・
教室中に純白のサテンの布が渦を巻いていました・・・・

DSCF1431.jpg


さて完成した綺麗なサテンの布も アニバーサリーケーキを盛上げてくれる飾り物になる予定です 

さぁ~ これで準備完了です 
気持ちをたくさん入れて頑張ってきました 

皆様のお越しをお待ちしております 

☆HITOMI☆

作品展の飾り物を作成中・・・旗作り編
2007年12月09日 (日) | 編集 |
アニバーサリーケーキに飾ってほしいのは・・・
やっぱり 10回目を記念すべき 10本のローソクですよね・・・
でも今回は・・・
われら自由アート教室のシンボルマークである 【 自由アート君 】 の旗を10本立てようと 計画しました 
100円雑貨で見つけた作品入れにもなる 直径6センチ長さ48センチの筒にアートしていきました 
材料は・・・赤・紺・緑・黄・白の5色のビニールテープのみです 
5色のビニールテープだけのアートですが・・・
子供達の手にかかれば・・・
さてどんな旗が出来上がるでしょうか 

【 桜が丘教室編 】
おーーぉ!!
早くも こだわり見せてくれています~ 
白と赤の2色のテープでアートしていますね 
これは・・・他の旗の多色使いの中で目立ってきますよ 
とっても良いスタートです・・・ 

IMG_1828.jpg


5色のテープを一色ずつぐるっと 一周巻いていますね 
ビニールテープが何個も積み上げれているかのように見えてきました 
配色も考えていますね 
赤がスパイスカラーになっていますね 

IMG_1892.jpg


さっきの棒に切り刻んだテープを思いのまま貼っています 
棒の中に動きが出てきました 
不思議ですね・・・アートって
おもしろいですね・・・アートって 

IMG_1897.jpg


【 松ヶ丘教室編 】
この二人は テープに模様を描いて それを貼り付けているようです 
優しい気持ちたっぷりのかわいい旗が出来るはず 

DSCF1452.jpg


『 ここから どうやっていくぅ? 』
『 うん~ そうだね~ 』
思案中に 撮ってしまいました・・・ 
この後・・・二人のアートは合体します 

DSCF1456.jpg


一人で担当しているRちゃん!
テープを細かい長方形に切って 斜めのテープの上に貼り付けています 
幾何学模様になってきましたね 

DSCF1458.jpg


おっ! 
こんなところに ビニールテープで作った 【 自由アート君 】 登場 
こんな技も 子供達だから やっちゃうのかな~  
すごいぞ 

DSCF1462.jpg


【 自由アート君 】 の旗を付けて こんな感じで出来上がり 
個性たっぷりの旗のアートが アニバーサリーケーキに10本立ちます 
きっと 世界でたった一つだけの素敵な 【 自由アート教室オリジナルケーキ 】 が誕生しますよ 
お楽しみに・・・

DSCF1461.jpg



☆MIWA☆ ☆HITOMI☆
作品展の飾り物を作成中・・・プレート作り編
2007年12月08日 (土) | 編集 |
作品展の飾り物作りもほぼ完成してきています 
今日 紹介するのは・・・
作品展のメイン作品といってもいい共同作品に飾る 【 プレート作り 】 です 
今回 10回目のアニバーサリーケーキを製作致しますので そこに飾る長さ180センチのプレートを製作致しました 
ケーキの大きさが直径360センチの二段ケーキなので こんな大きなプレートとなってしまう訳です 
皆さんがバースデーケーキを注文した時につけて頂く 【 ○○ちゃん おめでとう! 】 あのプレートをイメージしています 
さて どんなプレートを製作しているでしょうか・・・

【 桜が丘教室編 】
習字を習っている子が担当しています 
さすが とってもきれいな字です 
慣れていますね 
作品展のタイトル 【 子供達の夢のかたち あなたは 夢を持って生きていますか? 】 を書いています 

IMG_1849.jpg


カラーエアパッキンを使って 飾りつけが始まりました    
木工用ボンドはこんなところにも大活躍しています 
結構 木工用ボンドの量がいるんですよね 
力を入れて 気持ちを入れて 製作中・・・

IMG_1863.jpg


プレートに可愛く綺麗に飾りつけしています 
とっても 華やかになってきました 
なんだか ウキウキしてきました 
早く 飾りたいな~ 
【 お花作り 】 も頑張ってくれています 

IMG_1869.jpg


【 松ヶ丘教室編 】
こちらは 【 祝 第10回目自由アート教室作品展 】 と書き始めました 
字の綺麗な三人娘が担当中・・・
真剣に頑張っています 

DSCF1352.jpg


中学生をリーダーにみんなで構想を練って 製作が始まりました 
みんなの意見が 飛び交っています 
 
DSCF1438.jpg


製作しているうちに・・・
どんどん 字の周りもぎっしりカラーエアパッキンで埋め尽くされていきます・・・
これも子供達なりの考えがあるようです 
見守っています・・・

DSCF1440.jpg


もう やりたい放題ですが・・・
いろんな発想出てきました 
カラーエアパッキンをペタンコにつぶして貼ったり 切り刻んで貼ったりと 結構楽しんでやっています 

DSCF1441.jpg


この二枚のプレートは抱き合わせで ケーキの一番上に飾る予定です 
これを立てて飾った時を 是非 ご覧くださいね 
お待ちしております 

☆MIWA☆ ☆HITOMI☆
作品展の飾り物を作成中・・・お花作り編
2007年12月06日 (木) | 編集 |
只今 作品展に向かって 最後の追い込み作成にみんな頑張ってくれています 
作品展まで・・・あと8日となりました 

子供達が手作りした飾り物を 作品展会場にディスプレイすることになりました 
自分達の作品展に来て下さった方々を素敵な空間にお招きしようと  一人ひとりがとっても頑張ってくれています 
いろんな製作がありますが・・・
今回は お花紙で作る【 純白のお花作り 】 を紹介致します 
運動会でお馴染みのお花ですが・・・
最近の学校では ≪ 花子ちゃん ≫ という便利なお花折り機を使っているようです 
でも 自由アート教室は そんな機械に頼ることは致しません 
最初から作り上げる苦労の過程  も 出来上がった時の喜び も丸ごと感じてほしいですからね  
桜が丘教室・松ヶ丘教室合わせて1,000個作ることを目指して頑張っています 
お花紙をジャバラに折る段階は 低学年の子供達の負担にならないよう小学中学年・小学高学年・中学生が担当しています 
さすが お姉ちゃん・お兄ちゃんはすごいね 

DSCF1400.jpg


ジャバラに折ってくれたものを 優しく開いて お花を作る子供達 
初めての作業も 個数を重ねるごとにとっても上手になってきましたね 

DSCF1417.jpg


慣れない小さい子には 大きい子がそっと優しく指導してくれるんです 
こういう所を見かけると とっても嬉しく思います 

DSCF1412.jpg


さすが女の子は お花に愛情込めています・・・
お花を作る表情がやさしい・・・

DSCF1407.jpg


『 ねぇ~ ここは こうやるんだよね  』 と・・・
とっても上手く開けているよ  

DSCF1416.jpg


専攻科の子供達は さすが 手が速い 
お花をとってもふんわり仕上げています・・・

DSCF1437.jpg


みんなで頑張れば・・・・ほら この通り 
素敵な純白のお花が出来上がっています 
味のある?お花もたくさんだけど・・・
みんなの力が集まれば こんな素敵な飾り物が出来上がるね 

DSCF1429.jpg


リーダーになってまとめてくれた子・・・
初めてでも 出来ないことが出来るようになった子・・・
出来ない子に優しく教えたくれた子・・・
教えてもらって 『 ありがとう! 』 と言えた子・・・
人一倍折るスピードが速くて 【 プロ 】 と称えられた子・・・
出来なかった子に 『 上手にできたね! 』 と優しい言葉を掛けられた子・・・

この【 お花作り 】 で素敵なドラマが生まれています・・・ 

桜が丘教室のみんなもすごく頑張ってくれていると 薦田先生から聞いています 

みんなの心がこもった【 純白のお花 】 を使って素敵なディスプレイを 薦田先生と頑張りますね 
お楽しみにしていて下さいね 

☆HITOMI☆