FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
こどもたちの作品展!観てきました
2007年11月02日 (金) | 編集 |
昨日、『こどもアート教室COCO 第1回作品展』に行ってきました

私の学生時代所属していたマンドリンクラブ仲間の一人が昨年夏に千葉県松戸市の自宅で絵画教室を始めて1年が経ち、初めての作品展を開催中なのです
とても行動的なパワーあふれる性格は我が大西先生にも負けず劣らずで(笑)とにかく凄いんです!!
何回か相談を受けた時の話では、作品を展示する為に使用するパーテーションを自分で製作しなければならないと聞いていて大丈夫なのかな?と心配していたのですが、なんと立派なパーテーションが20枚も出来ていました!!
「まあ・・・なかみどり(ニックネーム)なら作っちゃうね~~」と
一緒に観に行ったマンクラ仲間たちとおののき、しかし妙に納得してしまいました(笑)
聞いてみると、ホームセンターの工作室を借り、たった一人で毎週日曜日に一ヶ月ほど通い、完成させたとか・・・

では、その手作りのパーテーションにディスプレイされた個性あふれる子供たちの作品を簡単な解説つきでお届けします
自由アート教室以外のお友達の作品を観る機会もあまりないと思いますのでどうぞご覧下さい。

オウル五香店(元ダイエー)2階エレベーター前に所狭しと展示されてました!

写真左にある「僕らの地球」は直径60センチもあり、中身はスタイロフォーム材(厚さ5センチの断熱材)を12枚重ねて球体を作り、表面はキッチンペーパーとボンドで固めたらしいです。
子供が思い思いの陸地を紙粘土で一人一つ制作。
なんと地球はどこからでも陸地が見えるようにくるくる回るんです
左下にあるジオラマは「どこかの国の不思議な生き物」で、変な生き物を作らせたようです(笑)
写真ではわかりにくいけど、確かに不思議で思わず微笑んでしまう生き物が紙粘土で制作されてました
1COCO.jpg


お店から段ボールを調達し、あらかじめ3センチ位の帯状に切っておき、巻きやすくするために子供たちにダンボールを一枚はがさせ、くるくる巻いたようです。
土台は同じでも貼り付ける物によって表情豊かな鬼のお面ができましたね
3IMG_1773.jpg



卵を使ったお雛様です。
制作途中卵がいくつも割れてしまい大変だった・・・と
世界に一つしかないかわいいお雛様ができました
4IMG_1775.jpg



シリコンでかたどったり、石膏を流し込んだりと制作期間は一ヶ月ほどかかったようです。
リアルな自分の手が出来て、子供たちもお母さんたちも「アートだ~」と大満足
ペインティングもまさにアート!カラフルな色で、まるで手袋をしている感じにもみえますね
ネイルアートしてるのもありました
5IMG_1776.jpg



本物の小麦粉を粘土として利用し、かびないようにトースターで焼いて
着色したようですが、今年の夏の暑さには勝てず、何点かは展示できなかったのよ(笑)という話でした
でも、子供たちは本物の小麦粉で制作することがとても新鮮だったみたいです
「のりまき弁当」よくできてるね~
7IMG_1779.jpg



お話を読んできかせる創造画です。
自由アートのお友達もやったことがあるテーマだと思います。
同じお話からたくさんのイメージがわきますね
8IMG_1781.jpg


他にも「人物画」や「自由画」など展示されてましたね!

今回、私も来月作品展を控えていたので、とても良い刺激になりました。
ここにも“子供たちのために頑張ってる仲間がいる”と思ったら励みになります。
子供たちの無限の可能性をいっぱいいっぱい引き出せるようにお互いがんばろうね~と約束して帰宅しました

お近くの方はどうぞお立ち寄り下さいとのことです。
オウル五香店 2階エレベーター前 会期:11/1~11/8
【問い合わせ】こどもアート教室COCO(安藤)
E-Mail:a-midori@xc4.so-net.ne.jp

                             ☆miwa☆