FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
子供の作品紹介します! 【34】 
2007年08月30日 (木) | 編集 |
昨日 子供の心の疲れについて書きましたが・・・
長く 子供達の作品に触れていると 作品に込められている 作者の気持ちを大切にしようと思います・・・

特に私達は 子供達の作品をサポートする立場なので 子供達の気持ちの変化に『 あれっ? いつもと違うなぁ~ 』 と思うことがあります 
決して 敏感になりすぎないで経過を観察する対象になりますが・・・
子供は やっぱり素直なんだと思います。
とってもデリケートなんだと思います。

自分の取り巻く環境の中で 【 認めてもらいたい!認めてほしい! 】 をどの子も持っていて こちらが掛ける言葉で モチベーションが上がって制作意欲をアップさせてくるのが子供なんです!!
だからこそ 私達の掛ける言葉が重要だと思います・・・
まだまだ勉強不足なので 日々 子供達と喜んだり 怒ったり 悩んだりしながら 一緒に頑張る気持ちを伝えていきたいと思います。

それでは・・・作品の紹介をしていきます 

《 紹介する作品は コンクール出品予定の作品で 四つ切画用紙に描いています 》

小学3年生のYくんの作品 
Yくんの今回の作品は 実にダイナミックです 
【 まだ 発見されていない魚 】 を描いています 
これこそ 発想力が前に出るテーマなので Yくんのアイディアが光っていますね  
下書きなしで いきなりクレヨンで描いていったのが 結果的にYくんに迷いを与えませんでした 
クレヨンでどんどん描き込んでいくうちに Yくんの想いも作品に込められていきます 
魚の細部にわたって Yくんらしいデザインが加わり みるみるうちに 【 まだ 発見されていない魚 】 が出来上がりました 
クレヨンで描き始めている途中 水彩絵の具の効果も入れてみようか!?と提案しましたが・・・
Yくんから 『 全部 クレヨンで描いてみる! 』 と希望が聞けたので・・・
《 かなり この作品に 想いが入っているな! 》 と嬉しくなりました 
子供が自分から 前向きな希望を伝えてくる時は 必ずといって諦めることはしません 
範囲の広い海の表現も Yくんらしい塗り方で 見事仕上げてくれました 
大きな地球には・・・Yくんの考えたこの魚が泳いでいるかもしれませんね・・・
未来に希望を持つ発想は 本当にいるかも?と観る人をワクワクさせてくれ みんなの気持ちも明るくなります 
描きあげたYくんは とっても素敵な笑顔で作品を持ち帰りました 

DSCF0634.jpg


☆HITOMI☆