FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
長男が職場体験しました!
2007年07月29日 (日) | 編集 |
夏休みのような時間の余裕がある時には・・・
出来るだけ 普段体験できないことをして 何かを感じてほしい  
これが・・・我が家の考え方 

先週の火曜日の幼児科・児童科のクラスに 高校1年生の長男が職場体験を致しました 
普段は・・・授業終了後 サッカーの部活  がありますので 教室時間帯に帰宅することは まずありません 
夏休みは・・・トレーニング時間が色々なので 夕方の帰宅もありますので 自由アート教室の職場体験も可能になってくる訳です 

先週の火曜日の朝 トレーニング  に出かける前に 『 今日の教室 手伝ってくれるかな? 』 と長男に言いますと・・・・
『 うん!いいよ! でも何時から? 』
『 比較的小さい子のクラスだから・・・3時45分なんだけど 間に合う? 』
『 もしかしたら・・・ぎりぎりに帰れるかも! 』
『 入るんだったら ちゃんと時間厳守ね!!! 』
『 わかった! 間に合うようにする! 』
こんな会話をして 送り出しましたが・・・果たして 間に合うように帰って来るだろうか???と少し不安でしたが・・・
何とか始まる7分前に帰宅  
本当なら・・・気持ちを集中して望む気持ちの15分前には・・・帰宅してほしかったですが・・・
かなり 自転車を飛ばしてきたようです  
ここまでの時間厳守は 何とか合格ラインかな? 

教室に入って みんなが席に着いたら 挨拶です 
『 はい! 今日 先生の子供だけど 高校生のお兄ちゃんがみんなとアートしにきました! 何でも聞いてね! はい!挨拶お願いします! 』 と振りました 
つかさず立って 『 大西 ○○です! よろしくお願いします! 』 と子供達に頭を下げて 挨拶していました 
子供達も ちゃんと静かに聞いてくれていました 
挨拶を終えるとすぐ 年長のS君が 『 先生! エプロン着れないなぁ~  』 と投げ掛けてきました!
『 はい! お兄ちゃんにやってもらおう!』 と私・・・
エプロンなんて最近着た事がない長男ですが・・・
ちょっと難しいかぶるタイプで後ろばってんのエプロンを頑張って 着せておりました  
何でも 経験 
『 ありがとう!  』 とS君から言われ ちょっと恥ずかしい様子です・・・

ここからが本番! 製作に取り掛かります・・・
現在 幼児科・児童科は オリジナルの紙を彩色して ちぎり絵を製作しております・・・

DSCF0161.jpg


DSCF0163.jpg

このオリジナル紙を小さくちぎって 自分のデザインの絵に糊で貼っていく根気がいる作業をしています 
小さい子にとっては 先が見えてこないので 疲れてくるアートですが・・・頑張って乗り越えたら素晴らしいものを得てくれるはずです 

長男にも 小さい子が力いっぱい出して頑張る姿を見せたい 
だから・・・長男と出来るだけ歳の差があるクラスを選んで 問いかけてみたんです 

DSCF0254.jpg


DSCF0248.jpg

この二人の歳の差・・・10歳です 
男の子にも 指導?していましたが・・・
なんだか女の子のほうが しっくりいっています 
年長のRちゃんも 恥ずかしながらも 一緒に頑張ってくれました 
最後に 『 あ・り・が・と・う  』 と優しく言ってくれて 長男も 『 うん! 』 とペコリと頭下げていました・・・
まだまだ 気の利いた言葉を返す余裕がありませんが・・・

1時間30分の職場体験でしたが かなり自分では満足した様子でした 
『 結構 大変だった~ 』 と終わった時 一言漏らしましが・・・きっと それが 本心だったのだと思います 

働くこと・・・これは 大変な苦労がある!
でも 自分が 人と関わって 喜びを感じることができる!
その中で 人と違う自分らしい仕事のやり方も考えていく!


体は 大きくなっても 心で感じる部分をたくさん体験しなくてはならない我が子・・・
今回 クラス全員には 触れ合う余裕がなく 限られた子供達にだけ接していた長男ですが またいつか機会があれば 体験させてやってくださいね 
みんな ありがとう 

☆HITOMI☆