FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
子供の作品紹介します! 【25】 
2007年07月28日 (土) | 編集 |
本当に暑い日が続き ご近所の人にご挨拶する時・・・
なんだか 『 こんにちは  暑いですね~ 』 なんて 決まりきったことを 口にしてしまいます 

このところなかなか自分の時間が取れずにいましたが・・・
土日ぐらいは 自分の時間をしっかり確保して 
ぼーっとしたり・・・
勉強したり・・・
思いのままに時間を使おうと決めました 
夏休みは やはり とっても忙しく・・・
いつも時間に追われていて こんなことでは いけない  と・・・・
そんなこといっても なんだか・・・私の頭の中には・・・・あれもこれも・・・ やらなければいけないことが・・・山積みなんです・・・
そんなことは・・・言ってられませんね 
一つずつ 頑張っていこうと思います 
きっと・・・世のお母さん方は・・・この夏休み・・・
三度三度の食事を考えるだけでも 大変なことですよね・・・   
まだまだ 始まったばかりの夏休み 
家族に協力してもらって 頑張りましょう 

では・・・作品紹介です!
《 紹介する作品は コンクール出品予定の作品で 四つ切画用紙に描いています 》

小学3年生のAちゃんの作品 
Aちゃんは 三人姉妹の長女で 妹たちの面倒を見れるしっかりものです 
Aちゃんと次女のKちゃんは 同じクラスでアートしてくれています 
年長のKちゃんがこれまた頑張り屋さんなので Aちゃんは 同じクラスのKちゃんに気を使わずに 思いっきり自分の作品に 向き合って取り組んでいますね 
この作品は・・・
以前 妹のKちゃんが 体調を崩して辛い思いをしたことがありました
きっと・・・その時Aちゃんは Kちゃんの辛い気持ちが痛いほど 感じていたんだと思います・・・
Kちゃんの病気が治って ほっとして 二人で大喜びしているその瞬間を 絵に表わしてくれたAちゃんの妹思いに 
私は・・・嬉しくなったのと同時に こんな瞬間を絵に出来る! 絵にしようと思ったAちゃんの優しい気持ちがとっても素敵だと思いました 
Aちゃんは 自分をKちゃんよりもかなり大きく描いています 
この大きさの違いこそ 妹を守る  姉ごころですね 
飛び上がって喜ぶ 顔の表現・手の上がり方・足が地面近くで曲がるその瞬間・・・すべてAちゃんらしさです 
兄弟姉妹は 仲がいいからこそ けんかも思いっきり出来ますね 
そのベースには 心から一緒に喜べることも出来るからこそだったんですね 
大切な事を 改めて教えてもらいました・・・
 
DSCF0227.jpg


小学6年生のNちゃんの作品 
Nちゃんは 薦田先生も私も思い出いっぱいの生徒です 

まだ ビルの一室を借りて月曜日だけ薦田先生と二人で教室をやっていた開室当初・・・・
Nちゃんのお姉ちゃんのMちゃん( 現在中学3年生 ) が通ってくれていました 
それを いつも見ていた2歳のNちゃんは・・・『 私もならいたい  』 と小さいながらもアピールしてくれていました 
小さい子だけに 『 自分でおしっこ出来るようになったらね 』 と 幼いNちゃんと約束したんです 
そしたら・・・自分でおしっこ出来るようにNちゃん頑張ったんです !!!
Nちゃんは 3歳になると同時ぐらいの入室で 自分から 『 ならいたい 』 と言う言葉には 3歳の子を自立させたエピソードがありました 
Nちゃんは 8年3ヶ月ほど通ってくれている思い出いっぱいの生徒という訳です 
最初は マルや線で絵を描いていたNちゃんが・・・・こんなに精密にフクロウを描くようになりました 
Nちゃん! 先生は 嬉しいよ~ あんなに小さかったNちゃんがこんなに成長してくれて・・・
あなたの反抗期もしかっり見てきました 
今は すごく落ち着いてNちゃんの心がゆったりしているように思います 
フクロウの絵は じっくり描き込んだね 
Nちゃんの心意気がしかっり出ています 
たくさんの作品を 世に出してきたNちゃん!
あなたの小さい時のあの想いが こんなに続くとは・・・Nちゃん自身も驚いているかもしれません 
6年生なので もう節目が来ています・・・
悔いが残らないよう 作品に思いっきり Nちゃんの気持ちを入れていこう 
初心に戻って・・・

DSCF0266.jpg


☆HITOMI☆