FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
出窓アート 夏用アレンジメントフラワー!
2007年07月30日 (月) | 編集 |
この土日は・・・自分がやりたいことを思いつくままやってみました 

家の仕事も 教室の仕事も 自分の勉強も ・・・
やることいっぱいあるのに・・・
仕事が山積みしてくると・・・
昔から・・・自分の気持ちをリフレッシュしたくなるんです 
どんなことも やらされている感覚になると・・・
やっている時も やった結果も しっくりこなくて・・・

私って・・・学生時代 試験前になると・・・自分の部屋のベットや机などの配置換えを始めちゃうんですよ 
それも パッとひらめいて すごいスピードで作業して 完成を迎えます 
この体制に入ったら・・・作業は人の手  を絶対借りません! 
もくもくと頑張ります 
気持ちが落ち着く空間になったら 驚くほど  やる気が出て   
物事が 計画通り進んじゃいます 
ある意味 私のリフレッシュ法だと思います 

それが・・・この週末 やってきました 

なんか どこかを新しい空間にしたい  
この想いの抜擢を受けた場所がありました 
それは・・・リビングの出窓の空間でした・・・ 

この空間は・・・教室の駐車場から見える場所なので 季節のディスプレイをするのに最適なんですが・・・
この時期 すごい暑さで生花や色あせするものは 避けなくてはなりません!
そこで・・・造花を使って夏用アレンジメントフラワーをアートしちゃいました 

DSCF0291.jpg

100円雑貨の造花をたくさん使い 暑い夏に負けないビタミンカラーの夏用アレンジメントフラワーが出来上がりました 
私の思いつきアートは 新しいものにチェンジするサイクルが短い時がありますので 安い材料をいかに それらしく見せる!かがテーマになっています 
元気が出る ビタミンカラーのところをもっとアップで観て頂きましょう 

DSCF0293.jpg

みなさん! 元気が出ましたかーーー? 
この時期 私は 黄色を見ると・・・やる気が出てきます 
写真は リビングの方から 鑑賞できるようになっていますが・・・
今は・・・駐車場から 観て頂けるよう 向きを変えています 
製作時間20分の簡単リフレッシュアートでした・・・

さぁ~ 今日からまた やらなくてはならない仕事や勉強を頑張りたいと思います 

☆HITOMI☆
長男が職場体験しました!
2007年07月29日 (日) | 編集 |
夏休みのような時間の余裕がある時には・・・
出来るだけ 普段体験できないことをして 何かを感じてほしい  
これが・・・我が家の考え方 

先週の火曜日の幼児科・児童科のクラスに 高校1年生の長男が職場体験を致しました 
普段は・・・授業終了後 サッカーの部活  がありますので 教室時間帯に帰宅することは まずありません 
夏休みは・・・トレーニング時間が色々なので 夕方の帰宅もありますので 自由アート教室の職場体験も可能になってくる訳です 

先週の火曜日の朝 トレーニング  に出かける前に 『 今日の教室 手伝ってくれるかな? 』 と長男に言いますと・・・・
『 うん!いいよ! でも何時から? 』
『 比較的小さい子のクラスだから・・・3時45分なんだけど 間に合う? 』
『 もしかしたら・・・ぎりぎりに帰れるかも! 』
『 入るんだったら ちゃんと時間厳守ね!!! 』
『 わかった! 間に合うようにする! 』
こんな会話をして 送り出しましたが・・・果たして 間に合うように帰って来るだろうか???と少し不安でしたが・・・
何とか始まる7分前に帰宅  
本当なら・・・気持ちを集中して望む気持ちの15分前には・・・帰宅してほしかったですが・・・
かなり 自転車を飛ばしてきたようです  
ここまでの時間厳守は 何とか合格ラインかな? 

教室に入って みんなが席に着いたら 挨拶です 
『 はい! 今日 先生の子供だけど 高校生のお兄ちゃんがみんなとアートしにきました! 何でも聞いてね! はい!挨拶お願いします! 』 と振りました 
つかさず立って 『 大西 ○○です! よろしくお願いします! 』 と子供達に頭を下げて 挨拶していました 
子供達も ちゃんと静かに聞いてくれていました 
挨拶を終えるとすぐ 年長のS君が 『 先生! エプロン着れないなぁ~  』 と投げ掛けてきました!
『 はい! お兄ちゃんにやってもらおう!』 と私・・・
エプロンなんて最近着た事がない長男ですが・・・
ちょっと難しいかぶるタイプで後ろばってんのエプロンを頑張って 着せておりました  
何でも 経験 
『 ありがとう!  』 とS君から言われ ちょっと恥ずかしい様子です・・・

ここからが本番! 製作に取り掛かります・・・
現在 幼児科・児童科は オリジナルの紙を彩色して ちぎり絵を製作しております・・・

DSCF0161.jpg


DSCF0163.jpg

このオリジナル紙を小さくちぎって 自分のデザインの絵に糊で貼っていく根気がいる作業をしています 
小さい子にとっては 先が見えてこないので 疲れてくるアートですが・・・頑張って乗り越えたら素晴らしいものを得てくれるはずです 

長男にも 小さい子が力いっぱい出して頑張る姿を見せたい 
だから・・・長男と出来るだけ歳の差があるクラスを選んで 問いかけてみたんです 

DSCF0254.jpg


DSCF0248.jpg

この二人の歳の差・・・10歳です 
男の子にも 指導?していましたが・・・
なんだか女の子のほうが しっくりいっています 
年長のRちゃんも 恥ずかしながらも 一緒に頑張ってくれました 
最後に 『 あ・り・が・と・う  』 と優しく言ってくれて 長男も 『 うん! 』 とペコリと頭下げていました・・・
まだまだ 気の利いた言葉を返す余裕がありませんが・・・

1時間30分の職場体験でしたが かなり自分では満足した様子でした 
『 結構 大変だった~ 』 と終わった時 一言漏らしましが・・・きっと それが 本心だったのだと思います 

働くこと・・・これは 大変な苦労がある!
でも 自分が 人と関わって 喜びを感じることができる!
その中で 人と違う自分らしい仕事のやり方も考えていく!


体は 大きくなっても 心で感じる部分をたくさん体験しなくてはならない我が子・・・
今回 クラス全員には 触れ合う余裕がなく 限られた子供達にだけ接していた長男ですが またいつか機会があれば 体験させてやってくださいね 
みんな ありがとう 

☆HITOMI☆
子供の作品紹介します! 【25】 
2007年07月28日 (土) | 編集 |
本当に暑い日が続き ご近所の人にご挨拶する時・・・
なんだか 『 こんにちは  暑いですね~ 』 なんて 決まりきったことを 口にしてしまいます 

このところなかなか自分の時間が取れずにいましたが・・・
土日ぐらいは 自分の時間をしっかり確保して 
ぼーっとしたり・・・
勉強したり・・・
思いのままに時間を使おうと決めました 
夏休みは やはり とっても忙しく・・・
いつも時間に追われていて こんなことでは いけない  と・・・・
そんなこといっても なんだか・・・私の頭の中には・・・・あれもこれも・・・ やらなければいけないことが・・・山積みなんです・・・
そんなことは・・・言ってられませんね 
一つずつ 頑張っていこうと思います 
きっと・・・世のお母さん方は・・・この夏休み・・・
三度三度の食事を考えるだけでも 大変なことですよね・・・   
まだまだ 始まったばかりの夏休み 
家族に協力してもらって 頑張りましょう 

では・・・作品紹介です!
《 紹介する作品は コンクール出品予定の作品で 四つ切画用紙に描いています 》

小学3年生のAちゃんの作品 
Aちゃんは 三人姉妹の長女で 妹たちの面倒を見れるしっかりものです 
Aちゃんと次女のKちゃんは 同じクラスでアートしてくれています 
年長のKちゃんがこれまた頑張り屋さんなので Aちゃんは 同じクラスのKちゃんに気を使わずに 思いっきり自分の作品に 向き合って取り組んでいますね 
この作品は・・・
以前 妹のKちゃんが 体調を崩して辛い思いをしたことがありました
きっと・・・その時Aちゃんは Kちゃんの辛い気持ちが痛いほど 感じていたんだと思います・・・
Kちゃんの病気が治って ほっとして 二人で大喜びしているその瞬間を 絵に表わしてくれたAちゃんの妹思いに 
私は・・・嬉しくなったのと同時に こんな瞬間を絵に出来る! 絵にしようと思ったAちゃんの優しい気持ちがとっても素敵だと思いました 
Aちゃんは 自分をKちゃんよりもかなり大きく描いています 
この大きさの違いこそ 妹を守る  姉ごころですね 
飛び上がって喜ぶ 顔の表現・手の上がり方・足が地面近くで曲がるその瞬間・・・すべてAちゃんらしさです 
兄弟姉妹は 仲がいいからこそ けんかも思いっきり出来ますね 
そのベースには 心から一緒に喜べることも出来るからこそだったんですね 
大切な事を 改めて教えてもらいました・・・
 
DSCF0227.jpg


小学6年生のNちゃんの作品 
Nちゃんは 薦田先生も私も思い出いっぱいの生徒です 

まだ ビルの一室を借りて月曜日だけ薦田先生と二人で教室をやっていた開室当初・・・・
Nちゃんのお姉ちゃんのMちゃん( 現在中学3年生 ) が通ってくれていました 
それを いつも見ていた2歳のNちゃんは・・・『 私もならいたい  』 と小さいながらもアピールしてくれていました 
小さい子だけに 『 自分でおしっこ出来るようになったらね 』 と 幼いNちゃんと約束したんです 
そしたら・・・自分でおしっこ出来るようにNちゃん頑張ったんです !!!
Nちゃんは 3歳になると同時ぐらいの入室で 自分から 『 ならいたい 』 と言う言葉には 3歳の子を自立させたエピソードがありました 
Nちゃんは 8年3ヶ月ほど通ってくれている思い出いっぱいの生徒という訳です 
最初は マルや線で絵を描いていたNちゃんが・・・・こんなに精密にフクロウを描くようになりました 
Nちゃん! 先生は 嬉しいよ~ あんなに小さかったNちゃんがこんなに成長してくれて・・・
あなたの反抗期もしかっり見てきました 
今は すごく落ち着いてNちゃんの心がゆったりしているように思います 
フクロウの絵は じっくり描き込んだね 
Nちゃんの心意気がしかっり出ています 
たくさんの作品を 世に出してきたNちゃん!
あなたの小さい時のあの想いが こんなに続くとは・・・Nちゃん自身も驚いているかもしれません 
6年生なので もう節目が来ています・・・
悔いが残らないよう 作品に思いっきり Nちゃんの気持ちを入れていこう 
初心に戻って・・・

DSCF0266.jpg


☆HITOMI☆
子供の作品紹介します! 【24】 
2007年07月27日 (金) | 編集 |
夏休みが始まって 1週間が経ちました 
皆さんのご家庭でも 夏休みの色んな思い出作りが始まり もうすでにいつもだと出来ない体験をなさっていることだと思います・・・

我が家でも・・・25日~27日の龍ヶ崎市内のお祭りをきっかけに子供達の予定に付き合っております・・・

長女は中学生になりましたので・・・子供達だけでお祭りに・・・
去年までなら 私服で行っていたのも 浴衣でお祭りに・・・となり 私は 教室の始まるまでに浴衣を着せ送り出しておりました 

長男は 高校1年生なので サッカー部の新しいメンバーがお祭り後 お泊りにやって来ました~
昼間の練習後に我が家に8人の高校生が集まり 少し涼んでから 夕方お祭りに・・・
お泊りしたのは 土浦に住んでいる1人と 美穂に住んでいる2人でした!
お祭り後 子供達は 日本×サウジアラビア戦のテレビ観戦を主人を交えてしておりましたが・・・
私は 軽食の用意をして 先に休ませて頂きました( 長女が部活で朝6時30分に出て行きますので・・・)

子供の友達と ゆっくり会話出来る機会は こんなことでもないと なかなか出来ないもの 

子供が友達を呼ぶ 呼び名で 私も呼ぶようにしています 

夏休みの始まりから・・・忙しいスケジュールでブログの更新も滞ってしまいましたが・・・
さぁ~子供達の作品の紹介をしていきますよ 

《 紹介する作品は コンクール出品予定の作品で 四つ切画用紙に描いています 》

小学3年生のY君の作品 
Y君は 今期入室の男の子です 
絵を描くときに1番大切なことは・・・発想力 
このことを コンクール画の製作前に 子供達を集めて 15分ぐらい話をさせてもらいました 
人の考えでなく 自分らしさが絵の中から溢れてこなければ・・・
人に見てもらう絵に 説得力が足りなくなってくるよ   と・・・
Y君は 習い始めたばかりの取り組みに 戸惑いもあったかもしれませんが Y君の頭の中に浮かんでくる 【 こうだったらいいのになぁ~ 】 を表現してくれました 
Y君のアイディアは・・・陸の交通が 混んでる今・・・・
空の交通をもっと有効に使って なおかつ 楽しい交通を作り出してくれました 
自由に空を遊泳出来るパラシュートをもっと 日常に使うこと!
空にたくさんの移動できる線を張り 目的地まで楽しく人をはこんでくれること!
これは・・・空の高速道路のようなものですね 
Y君の考えこそ 次世代の開発につながっていくんですよ 
【 ありえない 】 なんて思うと そこですべてが終わる 
でも 【 もしかして・・・ できるかも! 】 と思えるだけで 何かが始まるんですよ 
Y君のような こだわりは 次世代を作る大切な発想です 
これからも 発想の大切さを 伸ばしていこうね  

DSCF0098.jpg


小学6年生にN君の作品 
N君は 動物・昆虫・鳥など生き物を大変愛し N君の作品には これらを題材として 自分のアートの世界を確立しようと頑張っています 
N君が 小学1年生に入室してきた時 幼いのにすでに かなり技術を持っていました 
その頃のN君は・・・ 誰かに教えられて 技術を持っているのではなく 好きな物に対しての観察力が優れていて そこから 【 もっと知りたい! 】 が描くことによって 素晴らしく表現できていました    
N君の素晴らしい面を伸ばしつつ 苦手な分野にも 恐れないで踏み込んでほしい!と 私は 作品の中に人物を入れるよう指導した時期もありました  
最初 拒んでいたN君でしたが・・・やはり 素晴らしい観察力を持つN君は 未知の分野も 自分らしく表現していきました 

未知の世界へのチャレンジに怖気づかなくなったN君は 自分にも自信が持てる分野が広がったと思います 
それからは N君が選ぶ題材を優先しています 
なぜなら N君は どの分野を言われても こなす力が宿ったからです 
この絵は N君の家に巣を作っているツバメの親子を描いてくれています 
毎日 観察しているので 作品に愛着があり 餌をもらう喜びの鳴き声まで聴こえてきますね 
親が子を育てる原点がここにありますね 
6年生のN君に望むことは・・・N君の好きなをもっともっと伸ばすには N君の知らない分野に時々 興味を示して見ることです 
すべてのことは どこかで必ずつながっています・・・
得意分野の幅を広げるヒントは 自分のまだ知らないところに隠されているかもしれませんね・・・
N君の力がどんどん大きく 成長することをとっても楽しみにしています 

DSCF0270.jpg


これから 教室では・・・
第10回 自由アート教室の共同作品に取り掛かっていきます・・・
自分らしい材料集めも大切です 
子供達の力の可能性に驚いて頂けるような 共同作品を目指します 
ご家庭でも お子様の感性を感じてくださいね 

☆HITOMI☆
中3受験生Rちゃん 自由アート教室卒業!!
2007年07月22日 (日) | 編集 |
 7月20日(金) 中学3年生のRちゃんが 自由アート教室を卒業致しました 
長い間 本当によく頑張りました 
卒業 おめでとうございます 

Rちゃんは 小学2年生に入室して 6年3ヶ月間 自由アート教室に通ってくれました 

自由アート教室は 通常 小学6年生で卒業していきますが・・・
中学生になっても 頑張ってその上のクラスで 制作を試みる子供達もいます 
中学生になれば・・・部活・勉強などでなかなか教室に通うことが大変になりますが 松ヶ丘教室では 現在Rちゃんを含め 7名の中学生が特訓専攻科のクラスでアートしています 
それでも 中3の受験生まで頑張ろうとしてくれたRちゃんには・・・こちらの方から 『 受験生だから 中2で卒業しようか? 』 と尋ねたぐらいでした 
しかし Rちゃんは 『 夏休みに入るまで 頑張りたい  』 とほぼ欠席なしで 卒業を迎えました 
これには・・・正直言って 感心しています 
制作態度がとても良かったので 作品を仕上げるたびに レベルが向上し Rちゃんらしいアートもたくさん生まれてきました 

【 最後から2番目の作品を紹介致します! B4サイズのキャンバスにアクリル絵の具で 描いています! 色彩構成を元にした作品になっています! 】

DSCF0197.jpg


色彩構成のデザインは・・・普通のイラストレーションと違って 最終的には たくさんの色がどう絡み合って構成されているかにかかっています  
色と色の境目を うまく構成しながら立体感を出していきます 
Rちゃんは デザイン段階から普通では ありえない物同士の組み合わせを構成していました 

しかし この絵には Rちゃんの未来が 明るいことを予感しているように私は 思います 
中心のペンギンがRちゃんとするならば・・・その頭から実のなる木がそびえ立つ・・・これが Rちゃんの成果!
蛇をイメージした長~い道は Rちゃんの未来の道・・・そこは たくさんの花が 咲いている・・・長~い道にも 1歩1歩進んでいれば 自分の花が咲いてくる!
安泰と思われる未来にも 困難なことはやってくる・・・これが 剣玉!
しかし 途中で諦めないRちゃんは 必ず 乗り越えて蝶や蜂が気持ちよく生活できる 緑多い空間を作り出すはず 
今まで 踏ん張ってきたRちゃんは 必ず 頑張って自分の道を切り開けると思います 
この作品には Rちゃんの想いがたくさん詰まっています・・・
本人は そんなつもりで 描いていないかもしれませんが・・・
作品は 心が表われるもの 
作品は 心で描くものなのです 

最後に Rちゃんがクラスのみんなにべっこう飴を作って来てくれました 
とっても美味しく みんなの大好きな味です!
残ったべっこう飴を戴いた主人が・・・『 懐かしい味やなぁ~ 』 と言って喜んでおりました!
みんなにマドレーヌの差し入れも戴きました 
年下の子にさり気無く 心使いが出来るRちゃんを いつも嬉しく思っていましたよ 

DSCF0232.jpg


そして・・・Rちゃんとお母さんが相談して 教室に記念品を贈呈してくれました 
それは・・・アジアンテイストの座布団です 
教室に 何か残るものを・・・と 戴きました 
本当に ありがとうございました 
みんなで大切に使わせて頂きます 

DSCF0233.jpg


いつも 春に卒業生を送り出しますが・・・・
Rちゃんは 異例の時期の卒業です・・・
みんなにあれも これも 教えてあげようと日々 過ごしていますが・・・
Rちゃんも 自由アート教室で学んだことを大切にしながら・・いつか あなたの人生で 立ち止まった時・・・この教室を 思い出してくれたら 嬉しいなぁと思います・・・

私は・・・ずっと ここで みんなを陰ながら応援しています 
Rちゃんの未来がキラキラ輝くよう 祈っています・・・
ありがとう・・・

☆HITOMI☆
明日から夏休み♪
2007年07月20日 (金) | 編集 |
4月にワクワク・ドキドキの新生活をそれぞれがスタートさせてから3ヶ月半…
『新しい環境でどんな生活がまっているのかな~?』
『新クラスでお友達とうまくいくかな~?』
『新入生、勉強は大丈夫かな~?』とか
子供たちは期待と不安で胸がいっぱいだったはず…
またお母さん達はそんな子供たちを見守って毎日があわただしく過ぎていったことと思います
我が家も例外ではありません
バタバタと一日一日を過ごしていたら気づけば明日から夏休みです

子供たちはとっても楽しみにしていることでしょうね
母たちは・・・(汗)(笑)
長い夏休みにしか出来ない自由研究にチャレンジしてみたり
本をた~くさんよんでみたり
海やプール、家族旅行を計画しているご家庭もあるかと思います
いつもはなかなか忙しくて時間のとれないご家庭も夏休みは子供たちとのコミュニケーションを大切にしてみてください
もちろん私自身も心がけようと思っています。
何かきっと得るものがあるのではないでしょうか…?

この夏、長期予報では猛暑と言われています
くれぐれも体調に気をつけて充実した夏休みをお過ごしくださいね

教室の方は松ヶ丘・桜が丘教室共、8月のお盆前後にお休みをいただきますが、もう一度予定表を確認してお間違えのないようにお越し下さい
                            ☆MIWA☆

【 子育て 】 って?
2007年07月18日 (水) | 編集 |
最近 教室のお母様方から 色々なご相談を受けています 

【 子育て 】って 子供の数だけあり また 私達大人も 育ててもらった子供時代があったわけで・・・
これが1番!なんていう模範例は 誰が決めるものでもなく あえて言うならば・・・
子育て経験者の色々なお話を聞いて 自分が素直な気持ちで受け入れられるものを手本にして 生かしていけばいいものかと思います。

自由アート教室のお母様方も【 子育て 】真っ最中の年代で 日々 悪戦苦闘しながら お過ごしかと思います。

私も 高校1年生の男の子と中学1年生の女の子の母親です。
日夜 子供達から 色んな課題を戴き 時には母親として・・・時には友達として・・・時には第三者の人間として・・・子供達と接しております。

我が家の【 子育て 】は 決して難しく考えないで・・・
●父親・母親どちらからでも 子供の話を持ちかけ 良いことも悪いことも 全部含めてその日のうちにオープンにすること!  父親と母親で子育てすること! 必ず 分かち合うこと!
●どんなことでも 【 育つ過程 】の出来事と考え 良いことは より向上するよう励まし 悪いことは どんなに幼くても自分の責任とし 親が前に出ないで 子供に謝らせる! 親は 見守る!
●子供の前を歩いてきた親は 自分の経験・学んできたこと・失敗談を隠さず 話すこと!
●我が子を充分信用・信頼した上で 『 我が子に限って・・・ 』 という考えを捨てる! まるごと受け止める!
●うまくいかない【 子育て 】も決して 解決できないわけがない!!と考え 時間をかけてでも乗り越えた喜びを家族みんなで味わう! プラスのイメージを描く!
●子供に望むことばかり要求しないで 親も日々成長しようと試みる!
●家族全員が 新しいチャレンジに怖がらず 生きてる以上 色んな世界を見て感じて行動すること!
●ピンチになった時の踏ん張りこそ 出来た時は 褒め合う! 出来なかった時は 次回に期待する!
●子供達の意見に耳を傾け 会話しながら 親としての考えも述べる!
●子供達が大きくなって家族の時間がなかなか合わないが 毎日 朝食の食卓を共にする!
●情に流されることは良いとしないが 人の心を感じる人間であってほしい・・・喜怒哀楽も大いに結構!


上記の我が家の 【 子育て論 】 は 思いのまま書いてしまったので・・・もっとあるかもしれません!
だだ一つ言える事は 【 子育て 】 は 親と子が 共に成長して育っていくことかもしれません。

我が家も二人の子供達に生かされ 親をやっています!
悩んでも 悩んでも 苦しいと思ったことは ありません!
必ず 子供も親も 一歩でも前進していますからね。

自由アート教室の保護者の方々は・・・
本当に【 子育て 】を大切に思って前に進んでおられます。
子供は 親の思い通りにいかないものです・・・
お父さんとお母さんが元気な心を持って 楽しんで【 子育て 】していきましょう!
きっと その気持ちが お子様の心を強く育てると信じています・・・

☆HITOMI☆


子供の作品紹介します! 【23】 
2007年07月15日 (日) | 編集 |
先週は とっても忙しい日々を過ごしていました   

今年度は 長女の中学校の学年委員と子育てふれあいセミナーの副委員長を引き受けましたので・・・
例年よりも なんだか時間に追われている感じがしています 
先週は 色々な行事の企画を立案する段階に入っていましたので・・・
調べ物をするために パソコンに向かって情報を集めたり・・・
企画が形になっていけば・・・実際に お世話になるところへ電話をし 交渉したりと・・・
一日の時間配分を考えて行動できた 充実した週でもありました 
委員仲間の方々に恵まれていますので・・・ 
1からものを立ち上げる感動を この1年間 たっぷり感じて 自分自身の成長を試みたいと思います 

自由アート教室の子供達は 日々の生活の中にアートする時間を確保してくれています 
昨日までの自分ではない 新しい発見を体験して 心も体もたくましく育つ  子供達をサポートしていきたいと思います 

それでは・・・作品紹介です 
《 紹介する作品は コンクール出品予定の作品で 四つ切画用紙に描いています 》

幼稚園年長のKちゃんの作品 
Kちゃんは 三人姉妹の真ん中の女の子 
今でも小さくて可愛いKちゃんですが・・・
今よりとっても小さかった年少になったばかりの時 入室してきました 
3歳年上のAちゃんの手助けをあまり借りることなく 自分でどんどん挑戦していくたくましさがあります 
今 1歳のRちゃんが生まれた時は・・・
まだまだ甘えたい気持ちがあるのに必死でお姉ちゃんになろうとするKちゃんを見て・・・とっても愛おしかったことを思い出しました  
Kちゃんの作品には お姉ちゃんのAちゃんがよく登場します 
今回の作品は 大きな木があって お花がたくさん咲く森に KちゃんとAちゃんは カラフルな雲に乗ってやってきました   
雲の下から落ちていくのは・・・お花たちを優しく包む恵みの雨なんですよ  
こんなところにKちゃんの優しい気持ちが 表われていますね 
大きな木が 薄い茶色と濃い茶色のストライプになっています 
物を描く時に 自分らしい工夫をプラス出来るようになったKちゃんは・・・
自分のペースで焦ることなく 一歩一歩成長していて それがとっても嬉しいなぁ~と思っています  

DSCF0229.jpg


小学3年生のYちゃんの作品 
Yちゃんは 同じクラスに妹のSちゃんと仲良く通ってくれています  
一度 お父さんの転勤で教室を退室することになりましたが・・・
また こちらに帰って来られたので 今期から再び入室してくれました 
以前 習った人物画のポイントをしっかり理解していてくれて・・・
作品に生かしてくれていること とっても嬉しく思います 
今回の作品は・・・お花畑で花摘みをするYちゃん自身を描いてくれました 
まつげも1本1本・・・髪の毛も1本1本・・・歯も1本1本・・・
ちゃんと描けています 
生きている人間の肌の下には たくさんの血が流れているから・・・
絵の具の肌色を使わずに 自分のオリジナルの肌色を作り出して描く 
たくさんのお花に囲まれて・・・Yちゃんの幸せそうな表情が・・・
お顔の色の工夫で輝いていますよ 
めがねの奥でキラキラ輝く大きな目が・・・ 
人の話を真剣に聞いているのを感じさせてくれるYちゃんです   
Yちゃんは 自分の作品に自分らしさを 必ず表現するよう どこかにポイントを置いています 
そして・・・大らかな色の表現は・・・海外の移住経験で得た大切な体験からくるものかもしれませんね 
これからも 素直な気持ちを持ち続けていけば 素敵なことをたくさん吸収できると思いますよ 

DSCF0134.jpg


小学5年生のT君の作品 
T君は 曜日の関係で 専攻科の授業ではなく 児童科の授業を受けて頂いています 
兄妹揃って 今期入室です  
児童科のカリキュラムを 高学年らしく表現し T君のオリジナリティがキラッと!  ひかっています 
T君は スポーツ万能な活発な男の子ですが・・・
作品を取り組む姿勢もしっかりしています 
スポーツもアートもここ っていうときの集中力が 中身を濃くしていきますね 
この作品も T君の柔軟性がある遊び心があふれていますよ 
ジャングルの中には 動物達や植物達が共存していくルールがあるはずです 
そんな自然界に人間が入り込もうとすれば・・・
大変な仕打ちを受けるかもしれませんね 
海賊がワニに脅かされている姿は 画面の中をいっそう楽しくして T君のアイディアの奥深さに感心してしまいました 
T君の頭の中には まだまだ おもしろい発想がたくさん浮かんでいるかもしれません 
これからも ひと味違う発想を 期待しています 

DSCF0089.jpg


待ちに待った夏休みがすぐそこまでやってきています 
学校のドリルがたくさんたまっていて・・・必死で頑張っている子もいるかもしれません     
楽しいことを体験するためには・・・その前に 踏ん張って頑張ることも大切ですね 
頑張ってくださいね  
応援していま~す 

☆HITOMI☆ 
子供の作品紹介します! 【22】 
2007年07月12日 (木) | 編集 |
ムシムシとした日が続いています
ちょっと掃除機をかけただけでもジットリとしていやですね
昨日は随分雨が降りましたが、気がつけば庭の雑草たちがみるみるうちに伸びてきちゃいました
根っこから抜いたつもりでしたが、雑草の生命力には驚くばかりです

そんな雑草のように肉体的にも精神的にも力強く育ってほしいと願う子供たち
今、松ヶ丘・桜が丘教室とも幼児科・児童科の皆さんは、『ちぎり絵』の追い込みですね。ちぎって貼ってちぎって貼っての単純な作業になりがちですが、めげないで最後まで頑張りましょうね
お家の方からの励ましの言葉があれば、子供たちも更に頑張れるはずですよ


それでは、今日の作品紹介です


小学校1年生Kちゃんの作品
最近入会したのでKちゃんにとって第1号の作品ですね。
八つ切りサイズで、絵の具とマジックで仕上げました
テーマは「もしもタイムマシーンがあったら」です
Kちゃんはタイムマシーンで未来の宇宙に出かけたようです
とてもカラフルな色使いで自由に描けましたね
愉快な宇宙人やロボットも楽しくダンスしているみたいです
そして画面の左側は思い出の卒園式も描き加えました
タイムマシーンに乗るので未来から過去に一っ飛びですね
きっと、卒園式がKちゃんにとってとても想い出深い出来事だったのでしょう
これからKちゃんがどんな作品を制作するか本当に楽しみです
何かビックリするような作品が生み出されるんじゃないかって密かにワクワクしてます
IMG_1102s.jpg




小学校5年生Kくんの作品
Kくんはコンクール作品2作目です
飛行機の細部を写真で観察し、あっという間に仕上げてしまいました
飛行機の金属の部分と山や空の塗り方の違いを工夫しました
写真では分かりにくいと思いますが絵の具を濁らせることなく青と緑を上手に混色してとても綺麗な色を出せました
果てしない空を優雅にジェット機が飛んでいる様子が表現できました
飛行機に乗って夏休みどこかへ出かけたくなっちゃいますね
今後の作品も期待してますよ
IMG_1041s.jpg




そうそう…昨日、知人から頂いた西瓜シャーベットがあまりにも可愛かった(ユニークだった?)ので紹介しちゃいます
箱をあけたらざるに入ったスイカが出現!!
思わず「え~~~」って笑っちゃいました
個別包装はゼリーみたいな感じですが、冷凍庫で冷やしてから食べるシャーベットです。パッケージに遊び心がうかがえて、それだけで癒されました
『このパッケージを担当したデザイナーさんは楽しみながら商品を開発したのかな??』
なんて…私自身がガラスメーカーのデザイン室に勤めていた頃を思い出しました。
『もしかしたら、スイカの皮の色や赤い身の色、タネの数とかまで何回も検討を重ねて完成したのかな?』と想像を膨らませてしまいました(笑)。
冷やしたシャーベットをいただくのが楽しみです
                        
IMG_1107s.jpg


                            ☆MIWA☆
子供の作品紹介します! 【21】 
2007年07月09日 (月) | 編集 |
一昨日、半年ぶりにシンガポールから主人が帰国しました
帰国すると必ず行くところが本屋さんです(笑)
朝9時に自宅に着きましたが休むまもなく娘を誘って10時過ぎには本屋さんへ・・・
向こうでは日本の書籍が1.5倍~2倍ぐらいするそうで、いくら本好きの主人でも購入するのはちょっとためらってしまうことが多いようです。
今回、同僚からも頼まれた本があったようで嬉しそうにまとめ買いしてました
久しぶりに帰ってくると、本に限らず様々な物の豊富さを実感するようです
私達日本人はやっぱり恵まれているんですね・・・
そんな環境をもっと大切にしなければいけませんね



それでは、子供たちの作品の紹介です

《 紹介する作品は コンクール出品予定の作品で 四つ切画用紙に描いています 》


小学校4年生Aちゃんの作品
Aちゃんは入室2年目です。
笑顔の素敵なしっかりした女の子です
時折悩みながらも作品を制作していく過程で徐々に発想が浮かんでくるようになりました。
こちらが一言アドバイスするとそれ以上に頭の中にウワッ~と広がってくるといった感じです

今回の作品は、まずイルカを描いてみたいということで、挑戦しました。
イルカって、子供たちには定番のモチーフですが意外にバランスをとるのが難しいんですよね
低学年はアンバランスの面白さがまたいいんですけど…
Aちゃんは今回図鑑や写真を見てじっくりイルカを観察してました
下書きの段階ではどんな風に色がつくのか私も楽しみでしたが、夜空に飛ぶイルカのファンタスティックな世界が描けましたね
月のまわりの明るい部分などとてもよく表現できたと思います
これからも色々なジャンルに挑戦して自分の世界を広げていきましょう
IMG_1037s.jpg




小学校1年生Mちゃんの作品
Mちゃんはいつも元気よく教室に入ってきてくれます
お返事もきちんとできる礼儀正しい女の子です
そして頑張りやさんでもあります
昨年の作品展搬入直前、作品の仕上がりが遅れていた時、夜8時ごろまで一人で残って完成させました
思い起こせば、その頃はまだ入学前の保育園生でした
『途中ねむくなっちゃうかな?』とか
『帰宅してから家族の方にご迷惑かけちゃうかな?』とか心配しながらでしたが、後日様子を聞いたら
『最後まで頑張れたことに対して本人も満足している・・・』というようなことでしたのでホッとした記憶があります

今回の作品はMちゃんと大好きな弟くんの2人で大きなてんとう虫をみつけたところのようです
この弟くん、そっくりなんですよ
お知り合いの方は、絶対微笑んでしまうに違いないです
私ももちろん・・・(笑)
こんな大きなてんとう虫がいたらびっくりですね
そして注目すべきは足元の黒い点々・・・・・
アリの行列も描いてくれてます

先日から曜日が変わり、同学年のお友達と一緒になり、益々元気に楽しそうに制作してます
このままお互いが刺激しあえたらいいですね
IMG_1040s.jpg




小学校6年生Mちゃんの作品
Mちゃんは幼稚園のころから通っていただいてます
とても素直な6年生です
小さい頃から個性的な作品が多く、私もたまに「ハッ」とさせられることがありました

今回、創造画よりも何か写実的に描くことに挑戦したいということでパイナップルを選びました
パイナップルの模様をよく観察してみるとそれだけでアートですね
葉っぱの先もとがっててチクチク痛いです
6年生なので、一口に緑といっても無限にあることが分かってきていると思います
たくさんの緑色が混色で表現できましたね
さて、バックはどうしようかな??と考えましたが、
「パイナップルってどういう風に生ってるか知ってる??」
ってことになり、図鑑で再確認
とがった葉の上にズド~ンと生っているのがパイナップルですね

最近のMちゃんは以前は「私には無理
と諦めてしまっていたことにもチャレンジしてくれてます
今回も細かい表現を最後まであきらめずにできました
Mちゃんらしい大胆な表現方法も残しながらもよーーく観察したな~って感じる作品に仕上がりました
卒業まであとわずかしか制作できませんが常にチャレンジ精神を忘れずにね
IMG_1077s.jpg

                            ☆MIWA☆
子供の作品紹介します! 【20】 
2007年07月05日 (木) | 編集 |
今日は 梅雨の晴れ間です  
朝から 洗濯機が回りっぱなしですよ~   
ベットシーツも 大判のタオルケットも洗っちゃいますよ 
久しぶりのお日様に・・・感謝です 

お天気が ころころ変わる日々ですが・・・
自由アート教室の子供達は 小さなアーティストの集まりですから・・・
天候なんかに左右されない パワーを出しています 

それでは・・・作品の紹介をしていきましょう 

《 紹介する作品は コンクール出品予定の作品で 四つ切画用紙に描いています 》

小学1年生のNちゃんの作品 
お母さんのお腹の中にいた時から Nちゃんの誕生を楽しみにしていました 
6歳離れたNちゃんのお姉ちゃんのYちゃんが幼稚園児から教室に通って頂いているのでとっても長~いお付き合いになりますね 
そのお姉ちゃんのYちゃんは 中学生になっても特訓専攻科のクラスで頑張っています 
その姿を小さい頃から見ていたからでしょうか  ・・・
自由アート教室のモットーである 【 アイディアの大切さ 】 をとてもよく理解しています 
この作品も 四つ切画用紙に描き入れないほどのアイテムがどんどんでてきました 
【 お魚達のコンサート 】 を描いています       
水の流れを感じながら歌っている お魚の体の描き方に 魅力を感じてしまいますね 
メインボーカルのお魚は 実に気持ち良く歌っています・・・
周りのコーラス隊が 愛嬌あって 海の中の世界の楽しさがあふれてきそうです  
Nちゃんが描いた細かいこだわりが最大限に生かせるように・・・サインペンとクレヨンで仕上げました 
Nちゃんの頭の中にある発想の楽しさを 大切に伸ばせていけるよう共に頑張っていこうね 

DSCF0194.jpg


小学3年生のAちゃんの作品 
今年のゴールデンウィークに家族で登った筑波山を描いています     
Aちゃんのお家は 色んなところに家族で出掛けられているので 休日に見たのも感じたものが 良い体験になって作品になったと思います 
筑波山神社で登山の無事を祈った後 ・・・
急な坂道が多い御幸ケ原コースを家族みんなで登りました  
作品からも急な坂を感じれますが 辛くても・・・
家族で励ましあったのかな?
緑いっぱいの筑波山  
御幸ケ原に到着して お母さんの手作りのお弁当は きっと美味しいかったことでしょう 
家族みんなで登った山登りを側面から 描いてくれましたね
坂道の地面の表現は Aちゃんのこだわりがあり 個性が見られますね 
決して 簡単な山登りではなかったと思わせる 地面の固さをおもしろく頑張って描いたAちゃんを褒めたいと思います 

DSCF0192.jpg


小学6年生Mちゃんの作品 
Mちゃんは 動物を可愛がることのできる優しい女の子です 
飼っているミドリガメや猫をモチーフに作品作りすることがよくあります 
猫の出産に立ち会ったり その後の子猫のケアも愛情かけて育てているようです    
今回は ペットバードの中では 最大種の 【 コンゴウインコ 】 に挑戦しました 
全長80~90cmありますので 一般家庭で飼育するのは難しいですが・・・
美しい体の色の 【 コンゴウインコ 】 は 動物好きのMちゃんにとっては 憧れなのかもしれませんね 
動物好きのMちゃんらしく 愛情かけて描き上げました 

バックは 【 コンゴウインコ 】 に相応しいように ハイビスカスの咲く緑いっぱいの森を描きました  
6年生なので 卒業に向かっての制作に近づきますが・・・
Mちゃんは まだまだ飛躍すると 思っています 
Mちゃんの取り組みが まっすぐであれば きっと 発想も技術もレベルアップしますよ 
教えておきたいことたくさんあります 
伸びているときだからこそ 自分らしく アートしていこうね 

DSCF0130.jpg


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
学校の方でも プール学習が始まりました 
水に入れば・・・夕方の教室に 疲れが出ます 
教室の方でも 見守っていきますので・・・
ご家庭でも 頑張るお子様に温かい声掛けをしていただければと思います 
子供達同士で 『 がんばろう  』と声を出し合っているのを耳にすると・・・
独りじゃないから 頑張れる環境があり しっかり育っているなぁ~と嬉しく思います・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
小学1年生のAちゃんから 手作り工作のケーキを戴きました 
Aちゃん!ありがとうね 
今 リビングの飾り棚に飾ってあります・・・         

DSCF0195.jpg


                              ☆HITOMI☆
子供の作品紹介します! 【19】 
2007年07月03日 (火) | 編集 |
最近の自由アート教室のブログは・・・子供達の作品を紹介しています 

子供の作品紹介します!のカテゴリーには・・・6月30日までに64作品が掲載されました 
今日も3作品加わります 

《 紹介する作品は コンクール出品予定の作品で 四つ切画用紙に描いています 》

小学1年生のMちゃんの作品 
Mちゃんは 幼稚園の時から小学生のお兄ちゃんやお姉ちゃんの時間帯のクラスだったので・・・良い刺激を受けています 
発想の段階から 奥深いテーマが作品の中にあり 今回も 【 地球の中の私とライオン 】 を描いています 
まだ幼いMちゃんが どこまで地球のことに興味を持ち そこに住んでいる生き物の共存が大切なんだ!ということが理解できているかは わかりませんが・・・
今の地球にとって大切な温暖化の問題をMちゃんらしい表現で伝えています・・・ 
Mちゃんが制作中に 『 疲れた~ 』 など聞いたことがない  ほど お母さんのお迎えぎりぎりまで頑張っています・・・
幼稚園の頃は・・・お母さんのお迎えを 『 まだかな~ 』 と待つこともありましたが・・・
今は 自分が納得できるまで頑張る意欲に感心しています 
画面のバックがほとんど青系統なのに・・・大切な地球の存在がはっきり見える 
大気の流れを細い白の線で上手く表現できたことで・・・Mちゃんが地球を大切に想う気持ちが表われていますよ 

DSCF0112.jpg


小学2年生のMちゃんの作品 
Mちゃんが1年前 入室した当初は・・・自分が思うように物の形を画面に表現することが 出来ませんでした・・・
描きたいけれど どんな形で表わせばいいのか 悩んだこともあったと思います 
1歳年下の妹のMちゃんと同じクラスなので 良きライバルとなって 素晴らしい成長をしてくれました 
お母さんのとっても素晴らしいところは・・・
二人の作品にそれぞれ感動して 声に出して褒めてあげたこと 
これが 素敵な成長につながったと 私は思います・・・

今のMちゃんは 戸惑うことなく 自分の表現に自信を持って 制作しているので Mちゃん自身が 輝き始めました  
家族で行った動物園の風景が 楽しい~  と気持ちが溢れるほどに 描かれています  
色の使い方にも 生き生きとした発色があり 大変気持ちが安定した状態で描かれていることも分かります  
Mちゃんと妹のMちゃんの程よい距離を意識して 席を決めていた私の配慮も お姉ちゃんの方に 自分らしい表現に自信を持ち始めたので・・・もう心配はありませんね 
これが・・・個性の大切さなんですね 

DSCF0173.jpg


小学6年生Y君の作品 
Y君は お母さんの仕事の関係で 送ってきてもらうことが困難です 
色んな交通手段を考えて・・・ バス   に乗り 自転車   に乗り換え 来室してくれている根性ある  Y君です! 
決して表に出る気の強さはなく 地道に頑張る気持ちが根底にある子なので その頑張りを全面的に応援しています  
大変な思いをして通っているので Y君の集中は・・・どんなにみんながざわついても 自分の作品にしっかり向き合って取り組んでいます 
この作品は 宇宙にテーマを置いてます   
大きな宇宙の移動に 不可欠な宇宙トレインが 宇宙ステーションに入ってきたところを描いています  
Y君が 野球をやっていることもあり 宇宙人が大きな宇宙で野球をプレイしている発想を出してくれました   
宇宙のマウンドは どんな感じなのかしら・・・
大気の流れを 細かく表現しているので 画面に動きがあり たくさんの色使いで細かいところまで見入ってしまいますね  
6年生なので後残り少ない制作に向かっていきますが・・・Y君が来室にあたっての体験は 必ず大人になっていきてくるものだと思います 
男にとって1番大切な心の強さを 学んでいる途中だと思いますよ  

DSCF0127.jpg


子供の成長には・・・必ずその子の背景が大きく関係してきます・・・
たくさんの体験を 惜しまずさせていってほしいと思います・・・
自分が見て感じたものは・・・大人になった時の生きる力になっていきます・・・
子供も今を生きる人間のひとりです・・・
少しぐらいの荒波も 強い心を育てるためには 必要かも知れません・・・
傍で見ながら・・・乗り越えていける心の強さを育てていきましょう・・・
我が子が ピンチになった時 心を強く持って踏ん張れるよう 育っていってほしいと願う親のひとりです・・・


☆HITOMI☆