FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
子供の作品紹介します! 【8】 
2007年06月07日 (木) | 編集 |
子供達の作品が 毎日仕上がってきていますので どんどん紹介していきます 


《 紹介する作品は コンクール出品予定の作品で 四つ切画用紙に描いています 》


小学2年生のMちゃんの作品 
Mちゃんは 絵の発想が実にユニーク 
今回の題材は 家の周りにいる 【 とかげ 】 をモチーフにしています 
最近 庭や コンクリート道路にも 素早く走っている 【 とかげ 】 を見かけたことはありませんか?
我が家の庭には 植物が多いせいか 何年も前から 【 とかげ 】 が住み着いています・・・
それが 繁殖して 春先には 【 あかちゃんとかげ 】 がお目見えしますよ!
Mちゃんのお家の近くもたくさんいるようですね・・・
かわいいんですよね 
速い動きですが・・・シャワーをかけてあげたりすると・・・ちょっと平たい長い舌を出してペロペロしています!
慣れている 【 とかげ 】 は手を差し出すと 登ってきたりして・・・かわいいぃ・・・
だからMちゃんが絵にしたくなった気持ちも分かっちゃいました 
今回は気持ちのスピードがとっても速いので 思うがままに描けるクレヨンで表現しています 
Mちゃんは捕まえて ビニール袋に入れて お友達と遊んでいるようですね!
生活の中の絵は子供の気持ちが素直に出ます 

DSCF0108.jpg



小学3年生のHちゃんの作品 
Hちゃんは 今期入室の女の子!
Hちゃんは おとなしいところがありますが 絵描くと とっても大きく表現します 
今回の絵は 海の中に 陸の動物を連れて行き 海の楽しさを味わおう!というものです 
確かに 住んでいる場所によって 生活のスタイルがあり それに慣れてしまうと・・・それが当たり前だったりしますね!
自分の知らない世界を 覗くことで 新しい発見をしたり また 自分に合っているものを再確認したりと・・・違う世界に飛び込む勇気は必要かもしれませんね 
Hちゃんと共に海の中に出かけた陸の動物たちは 海の広さや 魚達に出会って 今までにない体験をしたのでしょうね 
オレンジ色の案内役の大きな魚くんは 海のことなら任せておくれ  といった感じです! 
素敵な色の海水をかき分け 案内してくれています・・・
Hちゃんは 海の世界で何を感じたのかな?

DSCF0086.jpg



小学4年生のAちゃんの作品 
Aちゃんは 専攻科のクラスに入り 今まで以上に自分の作品に取り組む姿勢をしっかり出しています 
Aちゃんの作品は 【 犬の散歩 】 です 
Aちゃんと愛犬のチップちゃんの散歩風景を絵にしました 
Aちゃんが幼稚園児の時から飼っているのですが・・・朝夕のお散歩はAちゃんの日課!
この絵のような自然たっぷりの散歩コースには 時折 畑にキジが遊びに来るときも・・・
動物のお世話をすることは・・・大変なこともありますが・・・
お世話されているチップが一番感謝していると思いますよ 
Aちゃんも チップから 助けてもらったり 勇気をもらったりしているよね・・・
Aちゃんの絵からは それが伝わってきています・・・
Aちゃんの しっかりとしたタッチには その情景をこちらに伝える力がありますよ 
これからも チップと仲良く 楽しんで散歩してね  

DSCF0128.jpg



小学6年生のRくんの作品 
Rくんは幼稚園児から通って頂いています 
Rくんが 幼い時に描いた 【 パパ 】 の絵がとてもダイナミックで味があり 今でも私の心に残る作品になっています 
そんなRくんは たくさんのカリキュラムを経て こんなに情景たっぷりに描くまでに成長しました 
時々『 先生~ それは おれには 無理だよ~ 』 と難しい工程に自分には ここまで!と発することもありますが・・・
私は これは・・・本心でなく 《 Rくんには できる! 》 と言ってほしい~に聞こえてしまいます・・・
『 Rくんには できる!!! 』 と言うと 必ず 彼はやり遂げてきました  

今回の絵の仕上げも ワニの気持ちになって 獲物を狙え!!
ずっと水の中から静かに狙っていて その時!っていうタイミングで出てきたスピード感を出して! と注文をしていました  
『 危ない!! 』 と思わず叫んでしまう緊張感が出ました!!!
まさしく 気持ちで仕上げた作品です 

背中をポン!と押して 勇気を持って 進むことの出来る子は すぐそこまで力を溜めている子です 
Rくんは これからも 力を発揮してくれると 期待しています 

DSCF0120.jpg


いろんなタイプの作品を紹介しました 

子供たちの心の中にあるものが 外にどんどん優しく出てくるように
一緒に制作したいと思います・・・

                           ☆HITOMI☆