FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
自分の壁は 自分との戦い!【 病気と闘った私 】
2007年05月29日 (火) | 編集 |
朝食を摂りながら 朝刊を読む夫が 家族にニュースを簡単にチョイスして 語りかけてきます・・・

今の世の中・・・毎日 辛く悲しくなるような出来事が報道されています・・・

『 毎日 これだけの紙面に掲載することが世の中で起こっているなんてね~それも 嬉しいニュースならいいけど・・・事件的なことが こんなにも毎日あるなんて・・・』  
思わず 私が言いました・・・

人間は もっと表現する楽しみ・喜びを味わっておかないと・・・
音楽・スポーツ・美術など他にも 自分を表現する方法は たくさんあります!
その中には 楽しいことばかりではなく 自分が思うようにいかない壁が必ず 用意されています・・・
過去に楽しい喜びを味わった人間は この壁を必ず 頑張って乗り切ろうと這い上がる努力をします・・・
用意された壁は 自分との戦いなんですね・・・
上手くいかなくなったことで 自分の周りを攻めたりせず 自分と戦って 乗り越えた人だけが味わう スペシャルな喜びがあるから 人間は 向上する動物なんだと思います・・・


私も例に漏れず たくさんの壁を用意されていました・・・
5年前の12月23日・・・ 
疲れによる 左顔面麻痺という病気になり 10日間の入院生活を経験しました・・・
『 99パーセント完治しない!! 』 と医師から言われ 付き添う夫の横で 子供のように声を上げ 処置室で泣きじゃくったことがあります・・・
その時は 『 私!何か悪いことした? どうして私なの? 』    と・・・
何度も自分に問いかけて・・・どん底でしたね・・・
今 思えば・・・不思議なくらい そこから力が湧いてきましたね!!

私には 大切な家族がいて 自由アート教室を楽しみにしてくれている子供達がいたんです・・・
当時 大変な麻痺で辛かった時も 病室に薦田先生だげは 来てもらって 2月の作品展の打ち合わせをしていました・・・
正直言って 辛い顔を見せれるぐらい 薦田先生とは 自由アート教室を作り上げて来た絆があったからだと思います・・・
薦田先生も薦田先生のご家族も 辛かった私を 温かくサポートしてくれました 

冬休み中に 全員の生徒の保護者宛に病気のことを告げるお手紙を郵送し 休むことなく 1月6日から 新年の教室を開始しました・・・
主治医の先生をかなり説得してのことでした・・・
 
そこには・・・私のこんな想いがありました・・・
いつも子供達に 『 がんばって! 先生見てるから・・・ 』 と励ましていた私・・・
自分も乗り越えないと・・・この壁!!
その為には 自由アート教室の子供達のパワーを借りよう!

当時 10日間の辛い点滴で かなり治ってきていましたが・・・言葉がはっきり言えない私を・・・
子供達は 『 はい!先生!あ・い・う・え・おの練習始めるよ! 』  と
『 あ・い・う・え・お 』 を一緒に言ってくれて練習をしてくれた生徒がいました!
涙が出るほど嬉しかったです  
その子供達も 今は 中学生になり 卒業しています・・・

独自で思いついたフーセンを膨らませて 顔の筋肉の再生をするリハビリで 見事  完治  致しました 
最初は 全然 息も入らず 泣きたくなりましたが・・・諦めず 続けていくと・・・出来ないことが出来るように なったのです!!!
このフーセンは 2月の作品展のディスプレイに使う備品から ヒントを得て 毎日 膨らませていました 
生活の中に アイディアは ありました!!

完治には 主治医の先生もビックリ 
私は・・・周りの人達に生かされているんだな~と思っています・・・

病気と闘った経験で たくさんの大切なものを 再確認し感謝の気持ちでいっぱいでした 

今・・・どうして?? 病気のことをブログに??

子供達に 私が伝えていかなければいけない原点が ここにあります・・・
自分が経験して 学んだことだから・・・
『 大丈夫 』 と本心で言えます!

まだまだ私にも 壁が立ちはだかってくるかもしれませんが・・・
自分に与えられた試練と思い 乗り越えていこうと思います・・・
周りの人の感謝は 決して忘れないで・・・いこうと思います・・・

                           ☆HITOMI☆