FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
愛犬シナモン
2007年04月25日 (水) | 編集 |
我が家には愛犬シナモンがいます
2歳6ヶ月のカニンヘンダックスフンド♀です
人間でいうと25歳ぐらいでしょうか…
1歳ぐらいまでは元気は元気でしたが、生徒が来てもほとんど吠えなくおりこうちゃんでした
が、1年ぐらい前から…最近特にムダ吠えが多くなり、私の悩みのタネとなっていました

子供たちが「こんにちは~」と元気よく入ってくるとそれに負けないくらい「わんわんわん」と出迎えてしまいます。
もちろんサークルに入れているので飛びついたりする危険はないし、子供たちが席につけば、シナモンもおとなしくなって寝てしまうように一時的に吠えるだけの状態ですが…
教室が終わり、お母さん方がお迎えにくるとまたまた「私の出番よ~」といわんばかりに「わんわんわん
わんわんうるさいのでおやつを与えて静かにさせていたら、太ってきてしまいどうにかならないかな~と困っていました。

先日、ペットショップで『振動による無駄吠え防止用首輪』というのを試しに使ってみたらどうですか?と紹介され、半信半疑で装着してみました。
シナモンに装着する前に私の手の甲にどんな風に感じるか試してみました。確かに振動するけど、こんなもんで効くのかな~??ってぐらいの振動です。昔は電気が流れて、わんちゃんによっては刺激が強すぎる場合があったようですが、紹介されたのはただブルブルするだけです。

「さあ!シナモン…ちょっとつけてみようね~
と、優しく^^優しく^^
特にいやがりもせずシナモンは「あれ?お散歩かな?」と勘違いしている様子(笑)

さあ!いつも通り子供たちが元気よく入ってきました!!
わんわん!!」
「・・・・・・」
「・・・・・・」
すごい!!一度吠えてブルブル振動がきたらシナモンはそれから吠えません!!いやなんだ><
これには子供たちもびっくり

でも、「犬は吠える動物だから仕方ないよ^^だから首輪をはずしてあげて!!」という子も…
確かにそうですよね。私も辛いんです><
でも、犬が好きな子たちばかりではないし、あまり子供たちに向かって吠えると中には恐がってる子もいるようでしたから…

さすがに四六時中つけるとかわいそうなので、教室の時だけ装着して他の時間ははずします。90分だけ我慢です。そのうち首輪を見えるところにおいて置くだけで吠えなくなるわんちゃんもいるとか…
無駄吠えでお困りの方は、一度お試しあれ!!

お弁当作りとともにわんちゃんのしつけにも奮闘中の私でした(笑)  
s_IMG_0926.jpg
                          ☆MIWA☆
お弁当に焼きおにぎり
2007年04月22日 (日) | 編集 |
久しぶりの更新です

新年度が始まり、2週間が経ちました
新しい生活のリズムがつかめたような、つかめないような(笑)
私は毎日のお弁当作りに奮闘中・・・
給食のありがたみが今になってわかります。
数日前、炊飯器のタイマーを入れ忘れ、びっくり
「ご飯は冷凍の焼きおにぎりでいいから」と娘に言われ、
「え゛っ」と思いましたが詰めちゃいました。
帰ってきて話を聞いてみると、皆意外な反応でうらやましがられたとか・・・
お友達が「明日うちも焼きおにぎり入れてもらお~」だって(笑)ほんとかな

しかし…私は翌日『さとうのごはん』を買い、常備しておくことを心に決めました


ここのところ気温の変化が激しく、夏日を思わせるくらい暑い日があったり、真冬の寒さが戻ってきたりで、体調を崩している子をみかけます
いつも元気な大西先生も喉をやられてしまい、ダウンしています
教室はがんばってやっていますが、早く元気になってほしいです

風邪をひいても熱が出ないと、母親はつい無理をして動いてしまうので…というか動かざるおえないのでこじらせてしまいがちです。
お互いもう若くないので(笑)体はしっかり休ませましょうね  
                                  ☆MIWA☆
作品を飾る お手製棚 紹介します!
2007年04月17日 (火) | 編集 |
『  子供達が心を込めて仕上げた作品を お部屋に飾ってあげて下さいね  』 と・・・お願いしていますが・・・

ご家庭で工夫されている方から 素敵なアイディアが届きました 
ご紹介します 

小学6年生A君は 4年7ケ月通って頂いております 
A君の作品が お父さんのお手製棚に たくさんディスプレイされていました 

お父さんからコメントを頂きました↓  

「写真は 私の大好きなアチャピー画伯の作品が展示してある玄関横のミニギャラリーです。
大西先生の教室に通い始めてから、その作品の置き場所に悩み、屋根裏にしまい込むのは アチャピー画伯のファン(唯一無二?)としては 残念でしたし、適当な置き場所も見つからないため、自分で作ったのが写真の棚です。
棚自体は、一つは1*6(ワン・バイ・シックス)でもう一つは 1*8(ワン・バイ・エイト)の材木を適当な長さに切って金属コーナーとビスで止めただけです。
所要時間は約一時間でした。
費用の方も1*6(ワン・バイ・シックス)で作った物は 2000円も懸かりませんでした。
アチャピー画伯の作品がいつでも眺められてファンとしては、大変気に入ってます。」

●A君のことを アチャピー画伯と 呼んでおられますね●

as_P4152693.jpg

お部屋にマッチしたディスプレイ棚とっても素敵です!!

as_P4152694.jpg

A君! 嬉しいね! こんなに大切にしてもらって!

as_P4152695.jpg

A君には 中学生のスポーツマンの素敵なお兄さんがいます。
A君は お兄さんとは違う アートという表現方法を持っています。
A君が 自分らしさを 落ち着いて表現できる根底には・・・
自分の作品を愛してくれる家族の受け入れ態勢があるからだと 思いました。

何でもないことかもしれないが・・・
この【 飾る 】ということ!!
意外にも 子供達に伝わっているものが 深いかもしれない・・・
子供達の作品から 感じるもの・・・
この【 飾る 】に終結しているかな?って思います・・・

作品の全体の仕上がりを評価するのではなく 
まず 大人の私達が子供がそれに費やした力と想いを見抜き 
その形を 大切に飾って 労わってあげてこそ あれこれ言う権利があるのかもしれない・・・
これが 【 認める 】の始まりかな?・・・


A君のギャラリーを 紹介して頂きありがとうございました!
ずっと 彼のファンで 応援し続けて下さいね。
                           ☆HITOMI☆
作品は 飾ってこそ 生き生きしてきます!!
2007年04月15日 (日) | 編集 |
『 みんなが 描いたり 作ったりした

作品 お部屋に飾ってある? 』


教室の子供達に聞いてみました 

『 飾ってあるよ  』 と元気よく答えてくれる子供達に交じって・・・
『 物置にしまってあるらしいよ~  』
『 まんまり飾っていない   』
と なんだか とっても ガックリくるような 返事が・・・

ごく普通に答える子供達の心情も心配しますが・・・
このマイナスの答えは 決してそのままにしておけない 

子供達に 本当の気持ちを聞くまでもなく 本当は 飾ってほしいに決まっています 

一つの作品を仕上げるために 子供達は 自分らしさを出し いくつかの難しい作業も頑張って乗り越えています!
どの作品にも必ず 子供達の頑張ったプロセスがあります!
作品に掛けた子供達の想いの重さを 感じてあげて下さい 
頑張った子供達を うまく言葉に出して誉められなくても 想いのある作品を大切に飾ってあげるだけで充分です 
それが 最高の誉め言葉になりますから・・・
子供達は 敏感に察知します!
出来れば 皆がいつも見れる場所を選んであげてくださいね。
それだけで 作品が生き生きして 命が宿ります!
大切に飾って頂いているご家庭のエールは 子供達にも伝わり 制作意欲も高くなって 上達につながっています!
是非 大切なお子様の大切な作品を お部屋のインテリアにされる事をお薦め致します! 


そう言っても どのように飾れば・・・という方に・・・
お子様が教室に通われているご家庭にお願いし 実際のディスプレイを写真に撮って頂きました!
ご参考にして頂ければと思います 

小学3年生のAちゃんと小学6年生のR君のご家庭は お二人の作品でかなりの数になっておられますが・・・
素敵に 工夫されています!

 お母さんからのコメント 

「我が家の壁は、石膏ボードってこともあり、廊下の壁にピクチャーレールをとりつけました。
長さの調整できるワイヤーフックは、値段が高いので、くさりとS字フックを使っています。
子ども部屋の壁に、有孔ボード(ベニヤ板)を取り付けて、S字フックで飾れるようにしています。」

as_P4132683.jpg

↑の写真は 小学6年生のR君の作品群ですね。
机の横に 作品が飾られ いつも頑張って勉強するR君を応援してくれていますね。
R君は 幼稚園から習い始め 7年経ち 現在 専攻科の生徒です 

as_P4132690.jpg

↑の写真は小学3年生のAちゃんの作品群ですね。
Aちゃんも幼稚園からでもうすぐ4年になります  

as_P4132685.jpg

すごい 
お家の中がギャラリーのようです 
お父さんとお母さんの愛が伝わってきます・・・
大切にされている 作品達は きっと子供達の成長を素敵に後押し してくれていると思います・・・

素敵なディスプレイのアイディアを教えて下さり ありがとうございました 

大切なお子様の作品も 大切に 飾って下さると きっとお部屋が もっともっと 明るくなって 子供達に大切な想いが伝わってくると思います・・・
                           ☆HITOMI☆
ピカピカ?の 1年生!! ガンバレ~!
2007年04月11日 (水) | 編集 |
教室の方も 新入室の子供達が加わり フレッシュ感が溢れています 
そして 我が家の子供達も 高校生・中学生と二人入学で この春はなんだか 嬉しい忙しさ・・・・

小学1年生の黄色の安全帽姿は それだけでピカピカ  だけど・・・ 

我が家の子供達も新生活に心機一転  
心は かなりピカピカ  の様子・・・
きっと緊張と不安と希望と交じり合って 子供達なりに考えて スタート切ったんだろうと思います        
気持ち新たに 頑張る目標を立てれる 春は 向上心溢れていて 私は大好きです  
思いっきり 楽しんで これからの挑戦に 心躍るというか・・・

我が家では・・・子供達には 自分の歩んできた道を 普段から話しています!
飾ることもないので ありのまま 辛かったこと・楽しかったこと・悲しかったこと・嬉しかったこと・・・・・
子供達に伝えています!

子供達は お年頃で・・・ すんなり 気持ちが入らなくて そんな話を煙たく思う時があるかもしれませんが・・・
私は 話します・・・
そして 主人も話します・・・
いつか 何かの支えになればと・・・話します!

最近は 子供達の周りで起きているちょっとした悩みも 相談受けるようになってきました 
相談と言うより・・・食卓で話すと言った感じでしょうか。

春だからこそ 環境変わった今だからこそ たくさん話さないとね 

入学や入社した人だけがピカピカ  ではありませんね!
誰もが 今 ピカピカ  の気持ちを持って 楽しく優しく生活できたらと思います 

ちょっと暖かくなり 花が咲いて とっても気持ちいい季節です 
心も あったかくなるよう いろんな物を見て 何かを感じ 感動するピカピカ  な人でありたいと思います・・・

我が家のピカピカ  の1年生達! 
どんな困難もベストを尽くして 乗り越え 最後はいつも笑顔で終われるよう 頑張って下さいね 

私もいつもピカピカ  な気持ちでたくさん感動したいと思います 
                           ☆HITOMI☆ 

自由アート教室 19年度スタート!!
2007年04月07日 (土) | 編集 |
今週から 桜が丘・松ヶ丘両教室とも新年度がスタートしました 
教室にとっては少し長い春休みでしたが・・・
私達講師は 皆のお休み中も 無料体験教室など教室関連の仕事をこなしておりました!

スポーツ選手は 毎日 練習をしないと好調な時のコンディションに戻すのに一苦労するようですが・・・
自由アート教室の子供達は どうでしょうか?!

やはり 気持ちをきゅっと引き締めるリハビリが必要な子供達もいましたね 
新年度ということで 卒業した子供達の席に進級した子供達が入り また 無料体験して新しく入室してくる子供達が加わり 新クラスが出来上がっています  

児童科から専攻科に進級する子供達にとっては レベルアップするカリキュラムに不安と希望を胸に・・・といったところでしょうか 
専攻科というのは・・・小学生の子供達に 分かりやすくデザイン的な技術も教えていきます! 
画材もレベルアップし ポスターカラーやアクリル絵の具なども使っていきます!
進級をする子供達は 春休み中にこのような絵の具を準備し 進級した気持ちを高めて来室してもらいました!
もちろん 高い画材の購入に感謝の気持ちもあったはず 

松ヶ丘教室は・・・新年度の初回の授業では 恒例の自己紹介を全員にしてもらいます 
これには 私の思惑がいくつかあります 
どんなに小さくても どんなに恥ずかしくても 自分を知ってもらうために 自分が勇気を出して自分を伝えること
いろんな学校の子供達が来室しているので 学校外のいろんな仲間を知り 自分の視野を広げて 仲間の良い所を発見する
この自己紹介という体験を 毎年やることで 人の前で話すことの ちょっとした訓練になっている

自分の名前・学校や幼稚園・学年を言うだけでも 緊張してドキドキしてしまうのは 当然のことですね 
でも 自己紹介は やります 
これも 子供達に自信をつけさせ 表現するドキドキ感を味わってもらうためなのです 
どうしても もじもじしてしまって声が出ない子は 私の傍に来てもらって 私が手を握ったまま 自己紹介をします 
たったこれだけなのに 声が出るようになるんです  
でも ドキドキ感が手に伝わってくるんですよ 
かわいいですね 
でも 確実に 自分の口で自己紹介しているんですよ!!
こんなことでも 子供って 一つ一つ乗り越えていくんですよ!
もちろん 周りの子も その子のドキドキ感は 体験して感じているから じっと 待ってくれるんですよ!

人を思いやる心って・・・
自分が体験して初めて 人の気持ちを読めるんようになるんですね。


新クラスがスタートし 各クラス個性いっぱいの子供達が集まりました
制作中の出来事も 個性たっぷりの予感・・・・・・
私達も 子供達に負けないパワーで頑張ります 
                           ☆HITOMI☆
関西らしい おもろい?もの
2007年04月04日 (水) | 編集 |
関西への帰省中 【 これぞ!関西! 】 というものを 見つけました 

日本のあちこちに出来ている 郊外の大型ショッピングセンターは 大手のスーパーがあり それに併設して入るテナントがある程度決まっていますね・・・
だから 旅行に行っても 『 この風景 うちの近くに似ているね! 』といった言葉が出てしまいます・・・
せっかく旅行するなら 【 その土地らしいものをみたい! 】

主人も私も関西出身ですが・・・久しぶりに帰ると 関西らしさに敏感になってしまいます・・・
住んでいる時は なんとも思わないことが・・・
離れた地で暮らすと 【 関西の街の遊び心 】に思わず 
『 これぞ!関西やな~! 』と写真を撮っていました ・・・(笑)

車を走らせていると・・・
とっても目立つ 理容室のサインポール 
as_P506iC0004063536.jpg
理容室の大きさにしたら かなり大きい 看板 
しかも サインポールが10本も看板の下で回ってる・・・
実は・・・【 これぞ!関西! 】なんです 
このサインポールから この店の商いに対するやる気やお茶目な親しみやすさも 伝わってきたりして・・・
ここのお店に初めて行かれた人が このサインポールのことで お店の人と会話できる きっかけ作りを提案するのも 大阪商人の心意気なんですよ 

これを見つけたのは 比較的郊外ですが・・・
大阪の下町に行くと・・・
もっと【 これぞ! 関西! 】のおもろいもの(大阪弁でおもしろいものということ)がたくさんあります 

テレビなどで 関西の人のイメージが誇張されていますが・・・
ある意味当たっていて・・・
ある意味誤解されているかな?とは思います・・・

関西って・・・●活気のある街!
●すぐ友達みたいに話せる街!
●道を尋ねたら 聞かれた人がたまたま同じ方向に行くなら 連れて行ってくれる街! (これは 時と場合によりますが・・・(笑))
        
まだまだ 信じられないくらい親しみやすい街なんですが・・・
是非 一度 行かれて 体験してみて下さいね 
                           ☆HITOMI☆
十屋の黒糖まんじゅう 茨城県龍ヶ崎に出店!!!
2007年04月02日 (月) | 編集 |
2月にありました自由アート松ヶ丘教室のお楽しみ会で小学4年生のT君のお母さんが差し入れして下さった【 十屋の黒糖まんじゅう 】が茨城県龍ヶ崎市出し山町に出店されました 

2月28日のブログにも書きましたが 子供達にとっても人気で 50個の黒糖まんじょうが あっという間になくなってしまったのでした・・・

今日 薦田先生宅に 届け物があり 午前中出かけ その帰りに龍ヶ崎警察の方から帰ってきますと・・・・・・
 出し山交差点の角地に 【十屋】さんが出店されており 8台ぐらいの駐車場に車が出たり入ったりと 賑わっていました!

『 寄ってみる? 』 
『 うん! 』
長女と意見が一致しましたので 通りがかりで発見した【 十屋 】さんに立ち寄りました 

as_200704021124000.jpg

 3月30日にオープンした店内は 【 十屋の黒糖まんじゅう 】 
ファンのお客さんで賑わっていました 

この【 十屋の黒糖まんじゅう 】は 直径3.5cmの一口タイプで1個10円です 
 
as_200704021139000.jpg

●20個セット 230円   
●30個セット 340円 
●50個セット 555円
《価格は箱代 消費税込です》
《簡易パック(箱なし)は10個入り110円です》

店舗にて蒸したてのおまんじゅうを販売してくれます ・・・・・・・・

包装紙には 大黒様のイラストがあり 薄茶色で 創家【 十屋 】らしさが出ています!

as_200704021136000.jpg

【十屋 龍ヶ崎店】
〒301-0839
茨城県龍ヶ崎市出し山町95-2
営業時間 9:30~18:00
年中無休

・・・予約も出来るそうです・・・
TEL 0297-63-0753

蒸したての黒糖まんじゅうは あったかく ちょうどい良い甘さで 黒糖の香りと風味を感じることが出来ました・・・

こんなに近くに【 十屋 】さんができたので・・・
私から 自由アート教室の子供達に いつか 差し入れするかもしれませんよ 
新学期から また頑張って 自分らしいアートを誕生させようね                        
                           ☆HITOMI☆