FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
お元気になられて・・・
2007年01月30日 (火) | 編集 |
昨日の午後5時!!『ピンポーン』とインターホンが鳴りました 

《あらっ! 今から 授業なのに・・・誰だろう??》
テレビホンで確認すると・・・
自由アート教室一期生の生徒のお母様です!!!
『は~~い!!』
すぐ教室の入り口に来て頂きました!

『こんにちは~』
『お久しぶりです』
本当に久しぶりの再会です  

少しご体調が優れなくて 療養されていらっしゃると聞いておりましたので 《元気になられたんだ!!》 と一目でわかりました 

一通り 最近のご様子を聞かせて下さいました。
『少し元気になってきましたので 先生にご挨拶に来ました~』
とっても嬉しかったです  
表情が豊かになられ 元気になられて 訪ねて来て下さったこと。
心より 嬉しく思いました 
第一期生のお子様は 今 勉学に頑張っている!!と近況も聞かせて頂き 嬉しいひとときでした・・・
『先生!!また ランチしましょうね 』 って誘って頂き 5分ほどの訪問でしたが・・・
お元気になられて 私に会いに来て下さったこと。 感謝致します・・・
いつもいつも 応援していますよ 

毎日 忙しい日々ですが 心から 《よかった~》 と喜べる出来事があると また前に向いて進めます・・・
自由アート教室が作る人と人の繋がり・・・大切にしていきたいと思います                          ☆HITOMI☆
とびきりの笑顔^^
2007年01月28日 (日) | 編集 |
早いもので1月も終わろうとしています。
毎日があっという間に過ぎていくと感じているのは私だけでしょうか

先日、中学受験をするときいていたA君がいつもどおり教室に入ってきました。
「こんにちはー
「!!!」なんとなく顔の表情がやわらかい
入試のスケジュールなどは全く知らなかったけれど、私の中で「ピン」ときました^^
  
さりげなく聞いてみると
「終わったよ~
ほころんだ顔が…とびきりの笑顔でした
聞いてみると、みごと第一志望校に合格したようです
やったね!!おめでとう!!
自分の子供のように私もとってもうれしかったです


絵画教室は受験を機に退会されるお子さんが多い中で、その子はがんばって通い続けてくれてました
時にはしんどそうにして心配する日もあったけれど…私はずっと応援してました
よかった!!

お母様からは、「描くことが好きな子だから、教室に行くことによってこの子の息抜きになれば!」「ホッとできる場所があれば!!」と言われてました

どんなことでもそうですが、人は、苦労して、悩んだり、壁にぶちあたったりしながら…
それを乗り越えて成長していくんだと思います。
子供たちの人生はまだまだこれから…
もっともっと色々なことが待っていると思いますが何事にも思いっきりチャレンジして頑張ってほしいと願っています

6年生は最後の制作に入っていますが、入会時に全員に記入してもらっているアンケート用紙の日付をみてみると…
一番長く教室に通ってくれた子は平成11年
幼稚園の年中さんからです
なんと8年間
私にとってもとても感慨深いです

自由アート教室の卒業までも残りわずか・・・最後の仕上げです^^
心に残る作品ができるように頑張ろうね           ☆MIWA☆

教室の送り迎え
2007年01月24日 (水) | 編集 |
子供達が教室に来る際は ほとんどがお母さんの車の運転で 来室しているようです 

考えてみると 主婦にとって とっても忙しくなる夕方の送り迎えです。
本当に お母様方の頑張りに感謝致します 

昨日 幼稚園年長のNちゃんは 初めて おじいちゃんの車の運転で来室していました 
《あらっ!いつも お母さんと来ているのに・・・何かあったのかしら?》 内心 心配してしまいました・・・
後から Nちゃんに 『おじいちゃんに連れてきてもらったんだね!』 と言うと・・・
『うん! きょうは Nが おじいちゃんがいい!!と たのんだの!!』 と とっても嬉しそうに答えてくれました 
帰りにおじいちゃんにNちゃんの頑張りを報告した後 
『送り迎え ありがとうございます!』 と申しますと・・・
『今日は おじいちゃんが いい!っていうからね!』 とおじいちゃんも にっこりして Nちゃんと同じくらい嬉しそうに 答えてくれました 
Nちゃんが今 描いている読書感想画は 【はなさか じいさん】なんです!!
なんだか そのじいさんが Nちゃんのおじいちゃんに見えてきてしまいました・・・ 

松ヶ丘教室には 中学校の帰りに直接 教室に来てくれている Kちゃんもいます!
彼女が来室した時は 『こんにちは~』 ではなく 『おかえり~』 と 声を掛けています 
部活をやりながら よく頑張ってくれています 
中学2年生で運動部の主力となるので もうすぐ 卒業です・・・
でも 私は 部活を頑張る子供達をすごく応援しています!!
大人になった時に 部活で学んだ事が 必ず 貴女を強くしてくれますからね 
自由アート教室で学んだ5年間も 必ず 貴女を強くしますよ 

働くお母さんが多くなった今 行きだけ バスで通ってくれている 小学5年生のY君がいます。
この頑張りも必ず 彼を強くします 
自分で時間をしっかり守り 来室しています!!
自分で自分の命を守る!!これは 大人になるにつれ 一番大切です!
今 必要に迫られ バスで来ているかもしれないけど 彼は貴重な体験をしていると思い 応援し続けます
 

私も小学4年生から 絵画教室に通いましたが 自転車で20分ぐらいかかるところでしたが 独りで通っていましたね。
小学6年生に引越ししてからは 中学3年まで 2時間かけて 電車で通っていました。
意外に楽しんで通っていたかもしれません 
今考えれば 私の親は 思い切った体験をさせていたな!! と思いますけどね。

教室の送り迎えは 子供達にとって 当たり前かもしれませんが・・・
みんなが教室に来れる事も 習える事も 自分の周りの人の力があっての事!
これに 感謝が出来るようになるのには きっと 大人になってからだと思います・・・
きっと 『ありがとう!』 と思える時が必ずきますから なが~く 待っていてあげてくださいね・・・
                           ☆HITOMI☆


 先生! 今日は どこにすわるの?
2007年01月23日 (火) | 編集 |
『こんにちは~』 と教室の戸を開けて 子供達が入ってきます。

『こんにちは~』 と私も大きな声で迎えます。

その日の子供達の顔を見てから 席を決めて 座ってもらっています。
これは、開室以来ずっと続けている事なんです!

子供達にしてみれば 仲の良い子と隣り合わせになりたい! と思うでしょうが 隣に座った子の影響力は かなりあります!!
仲良くなりすぎて おしゃべりに夢中になっていては どちらにとっても 周りにとっても 悪影響ですね!
むしろ あまりお話した事がない子が隣に来たりすると 1時間30分の製作時間の間に 友達の新たな発見をすることさえできるかもしれません。
製作中は しっかり自分を出す!! 
この環境作りは 指導者にとって最初の仕事だと考えます。 
長年やっていて 時より 直感が外れる事がありますが・・・ 
この決め方で 製作すると ほぼよい環境が持続して 集中してくれます。

子供達から 時より 『先生~ この席がいい~』 とリクエストもあります。 
その子に 《今日は やるぞ~》 と意気込みが感じられれば 気持ちを尊重して 答えています。
そこは 子供達もちゃんとわかっていて 裏切る態度は 取らないんです 
《自分を信用してくれた!》 ということで すごい集中力を見せてくれます 
ここで 信頼関係成立です!

小学2年生Y君は 先週 あまりアイディアが浮かばなかった・・・
昨日 私の傍の席に座らせてみました。
他の子供達が下書きにかかる中 自分が決めた 本の読書感想画がうまく 表現できないよう・・・
こんなことは よくあること!!
他の子供達の指導する中 彼には 《思い切って 描く本を変えてみてもいいよ!》 と提案しておきました。
しばらくして 覗き込むと 本を変え どんどん描き始めている!!!
『先生! こんな感じでいいんだよね!!』 とにっこり言った・・・
先週 集中がなかった子供は 自分が しっかり声掛けする!!
これも大切な事だと思います。

暗黙の了解になっている この席決め!
これからも その日の子供達の顔を 見てから決めていきます。

信頼関係を高めるためにも・・・
                           ☆HITOMI☆



アクセルを踏む時 思い出そう
2007年01月21日 (日) | 編集 |
17日午前8時10分ごろ、東京都世田谷区の都道交差点で、近くに住むタレントの風見しんごさん(44)の長女で小学5年のえみるちゃん(10)がトラックにはねられ、頭を打ち間もなく死亡した。

このニュースは、あまりにも辛くて悲しい知らせになって 報道されました。
未来ある大切な命が あっという間に なくなってしまいました・・・

『いってきま~す!』 と出かけて行ったら 必ず
『ただいま~!』 と帰って来るのが当たり前・・・

でも そうならないことが 現実にあるということを・・・改めて知らされました。
今までに このような交通事故で大切な人を亡くされた方は 数知れずおられるのも現実・・・

風見しんごさんが 告別式後のコメントの中で 悲痛な想いで訴えていたこの言葉・・・
『アクセルを踏む時に えみるの事を 思い出してほしい・・・』
私は この言葉を 素直に受け止めようと 思った。

今後 同じような事が 起きては ならない 
被害者にも 加害者にも なっては ならない 
残された私達が 学ばなければ ならない 

どんなに急いでいても スピードを出すのは やめよう 
その分 早く出発すれば いいこと 
車が 凶器になることも 忘れない 

『アクセルを踏む時 思い出そう』

我が家でも話合いました。
もちろん 教室の子供達にも伝えていきます・・・
子供ができること・・・ 
大人ができること・・・
立場が違っても 《命を大切に! 命を守る!》 
これだけは一緒です・・・

えみるさんのご冥福を お祈り致します・・・
                           ☆HITOMI☆
桜が丘教室もスタート!!
2007年01月19日 (金) | 編集 |
桜が丘教室も昨日からスタートしました!!

「こんにちは~\(^o^)/」
皆元気な声で、大事そうに本を持って教室にとびこんできてくれました

実は私も、作品展をはさみ、年末年始と長い間お休みだったので子供たちの顔をみるまで不安でした。
ちゃんと来てくれるかな?本を用意してくれてるかな?
赤い画用紙を机に敷き詰めておこうかな?と真剣に思ったり…

でも、私の心配をよそに、ちょっと長く休みすぎたせいなのか(汗)、皆早く描きたくてうずうずし始めました!!
よかった~!!皆やっぱり絵を描くことが好きなんだね
中には本を持ってくるのを忘れてしまった子もいましたが、「どうしよう??」なんてことは全くなく、どんどん下書きを始めました

このクラスには今春卒業する6年生が4人います
「この作品が最後になるからね~^^」と声をかけると
普段おしゃべり好きな子たちも“はっ”としてもくもくと描き始めました。


昨日改めて感じたことは、私が子供たちから“溢れ出るパワー”をもらってるんだってこと^^

我が家には受験生がいてピリピリムード…><
空気がどよ~~んとしていたけど…
昨日久しぶりにみた皆の笑顔!一生懸命私に話し掛けてくれたり、おもしろい発想豊かな作品を描いてくれたり…そんな子供たちに接していたら不思議と元気がでてきました


皆さんも作品展会場に足を踏み入れたらきっと同じようなパワーを感じていただけているはずです。なんかこう下から力が湧いてくるような^^v
作品には魂があります。700点もの作品群を眺めるとすごいんですよ!!

作品展にご来場されていない方はこちらをご覧下さい^^
http://www.myalbum.jp/Pc/Albm_List.aspx?memberID=2acb2c0a0d9c

今年もまた皆と一緒にがんばろう!!シンプルだけど素直に思ったことでした ☆MIWA☆

子供達に語りかけるメッセージ集
2007年01月19日 (金) | 編集 |
『いじめられている君へ 

             いじめている君へ』


今日の朝日新聞朝刊1面に 「冊子お分けします」 と掲載がありました!

昨年 30回にわたって1面と社会面に掲載した連載 『いじめられている君へ・いじめている君へ』 が小冊子になりました!との記事です。

子供のいじめ問題から悲惨な結末になってしまう今の世の中・・・
子供を育てる母としても 教室を通して子供達に関わる大人としても そして 一人の人間としても 「いじめ」は 大きな問題であると日々思っています。

どんなに政治で世の中が明るくなろうとしても 子供達の中で起こっている辛い想いに着目せず進んでは 明るい未来はないですね・・・
子育て真っ最中の今だからこそ 子供達に友達の大切さをしっかり伝えていかなくてはと思っています。


朝日新聞に掲載されていた作家・スポーツ選手・タレントなどの多彩な方々からのメッセージは 子供達に贈る勇気のエールでした!!
それが冊子になったので是非 皆様にも読んで頂いて ご家族で語りあって頂くのも如何かな?と思いました。
<B5判・32ページ。掲載された30人のうち 冊子化の承諾を頂いた28人の方々の言葉が収録されているようです>

●応募方法●
ご希望の方に無料で。1人1部限りで3万部準備。
はがきに郵便番号・住所・氏名・年齢を書いて 
〒119-0115 京橋郵便局留め 朝日新聞「冊子係」へ申し込み。
1月31日必着。応募多数の場合は抽選し 発送をもって発表になる。

28人の皆さんは以下の通り (敬称略・掲載順)
あさのあつこ ・ 斎藤環 ・ 鴻上尚史 ・ 林家正蔵 ・ 小柴昌俊 ・ 宮本亜門 ・ 高史明 ・ ソニン ・ 千住明 ・ 横峯さくら ・ むのたけじ ・ 華恵 ・ 高見のっぽ ・ 野田知佑 ・村田兆治 ・ さかなクン ・ 野口健 ・ 松谷みよ子 ・ 松井秀喜 ・ 石田衣良 ・ 長州小力 ・ 平野啓一郎 ・ 中村俊輔 ・ 川嶋あい ・ 増田明美 ・ 鳥越俊太郎 ・ 乙葉 ・ 松本零士

http://www.asahi.com/edu/ijime/

先を歩いている大人達ができることは・・・
子供達に自分の過去の良い思い出 悲しい思い出を飾らず話してあげることだと思います!
伝えようとする気持ちが真剣ならば 子供達の心にすんなり入っていくものだと思います。
伝えていきましょう・・・子供達に・・・
           ☆HITOMI☆
個性ある本選び
2007年01月17日 (水) | 編集 |
as_P1010005.jpg
1月・2月のカリキュラムは読書感想画です!
取り組みを開始しているクラスは お正月モードから抜け出し 個性ある作品作りにかかっています!

作品展後のプリントで告知していましたので お気に入りの本を選び 
描きたい場面を選んで来室してくれています。

自分の描きたい本を選ぶ時から 製作が開始している事を気がついているでしょうか??
でも 実に個性ある本選びをしてくれています 

有名な童話が圧倒的に多いかな?と予想していましたが・・・子供達は様々な本を読んでいる!と感じました 
学校の取り組みで 朝の読書時間を体験している子供達は 物語的な児童書や小説にも触れ 年齢より少し上の内容にも挑戦している子もいました 

私が知らない内容の本もありますので 子供達一人ひとりから 自分の描きたい場面の内容を話してもらっています!
自分の描きたい場面を口に出して説明するのも 大切な製作過程 
どの子も 一生懸命説明してくれています!!

小学2年生のHちゃんが持ってきた本を見ると 漢字に鉛筆でふりがなが書いてあり 尋ねるとお母さんが書いてくれたとの事。 
お母さんに尋ねると 「どうしても読みたいって 言うので・・・三冊ふりがな書きました~」  
すごい 

そして こんなお話もありました!
小学1年生のMちゃんは個性的な発想の持ち主です。
このMちゃんのお気に入りの本は 学校で推薦図書になっている人気の本! 
しかし ふりがながなく 一人で読めない・・・
借りてきてお母さんが読んであげていると・・・
これもすばらしい 

児童図書には すべてふりがな書いてあれば もっと 子供達の読書意欲は深まるかも!
でも そうやって お母さんが関わっておられるのを聞かせて頂くと 素敵だな~  と感じてしまいます。
                           ☆HITOMI☆
  
やはり色の効果 あり!
2007年01月14日 (日) | 編集 |
1月12日のブログでお話した 色の効用ですが・・・
本当にどのクラスにでも効き目があるのか 金曜日の専攻科・特訓専攻科のクラスで再チャレンジしてみました

このクラスは 小学4年生~中学2年生までの子供達が来室します。
やはり まだまだ エンジンかかっていたい状態での来室でした・・・
内心 「もしかして このクラスにも 色の効用使えるかも!」 とワクワクしていました 

やはり いくつかの質問に 答えるのは 決まった子供達。
その子供達も すぐ 答えられなくなってしまう・・・
驚くのは 昨日のクラスと全く同じストーリーを 描いていることだ。
そして もっと驚いたのは ほとんどの子供達の 今 求めている色が

やはり「みずいろ」 「あお」 「きいろ」 の寒色・中間色だったこと。

小学4年生のH君だけが みんなと少し違うテンションで 答えていた。
そのH君は 「あかむらさき」 を求めていた。
やや暖色に成りかけのこの色のイメージと H君のテンションも似ていた。

やはり 心が求める色は 行動や気持ちにしっかり出るようだ!!
お も し ろ い 
子供達は 素直で それが はっきり出ている!!

このクラスにも 赤の色画用紙を3分間 じっと見てもらった  

その後は 効果あり 
どんどんデンションが上がり 質問にも 手を上げて どんどん答えてくれる 

この状態を 小学5年生のK君が 「テンションがマックスになった!」 とおもしろい表現までしてくれた!!
この色の効用を 積極的に取り入れ 指導していきたいと思う 

色は 人の心を映す。

色は 人の心を動かす。


たくさんの色に囲まれ 気持ちを豊かにしていこう 

《1月12日のブログも読んで頂ければ 話の流れがよくわかります》

                           ☆HITOMI☆


色の効用 使いました!!
2007年01月12日 (金) | 編集 |
as_P10100040.jpg
昨日から 1月の教室がスタートしました

カリキュラムは 『読書感想画』 です!
みんな ちゃんと覚えていてくれて お気に入りの本を持って 来室してくれました。

《今日は どうやって製作していこうかな?》
まずは 子供達の顔を見てから 考えよう!
なぜなら 休みの間 製作していない! 約1ヶ月間 アートしていない子供達は 素敵な発想が出るか心配でした・・・ 

全員の声を聞こう 
「みんな 覚えてる? 絵を描く時に大切なことは・・・何かな?」
質問を投げ掛けた!
「自由に描く~」  「思いっきり描く~」
何人かが言った。  でも後が続かない・・・ 元気がない!
やっぱりだった。 エンジンかかっていない!
このまま 描かせても 発想出るとか出ないとかの問題じゃない 

「今 みんなが回りにあってほしい色は・・・何色?」
「みずいろ~」 「きいろ~」 「あお~」
やっぱり 製作する気持ちまで達していない  

どうしよう?!
考えた!!  目を覚まさないと!  テンション上げないと↑↑

色の効果を使おう 
色に敏感な 子供達だから 色でテンション上がるはず!!

「先生 魔法かけてみる!」と
グループごとに の色画用紙を一枚ずつ置いた。
「みんな このの色画用紙 3分間じっと見てごらん?!」 
子供達は の色にハッとしながらも じっと見てくれました  

その後 「絵を描く時に大切なことは?」の質問に 元気な声で 次々発表してくれました 
いつもの子供達に戻りました 

なぜって?・・・・・
子供達の心に色の効用 使ってみました 
元気のない声が返ってきた時 子供達のほとんどが 心の中に寒色や中間色を求めていました・・・
それでは 新しいことに取り組む心構えのカラーでは ないですね。
そこに の効用を使って 心をON!にしてみました!!!
幸い 素直な子供達には スイッチが入ったようです 

は 血圧を上げやすく 交感神経に作用して人を目覚めさせ 活動させる働きを持っています
この効用に驚いたのは 魔法をかけられた子供達  
そこからは すごいスピードで製作出来ました!! 

これを利用して 朝起きれない子供達にアドバイスしました 
朝 起きてもエンジンかからない時 赤い物をみてごらんと・・・・
やってくれたかな~                  ☆HITOMI☆
用意出来ていますか?
2007年01月10日 (水) | 編集 |
生徒宛のメッセージです

さあ~いよいよアート教室の製作開始ですよ
先生達もしっかり充電が出来て また みんなに会えるのを楽しみにしています!
新年明けて あなた達の心の中の頭の中 ぐっと前に出していきましょう
その為には 作品展搬出時のプリントに書いてあったものを しっかり用意することが大切です!
全員が 意気込みを出して 来室してくれること 待っています


カリキュラム紹介
●読書感想画(お気に入りの場面)

最近 読んだ本 以前読んだ本の中で お気に入りの場面を自分なりにイメージして表現してみましょう!
読書感想画と聞くと 難しく考えがちですが 小さい頃に読んだ日本の民話・昔話や 世界の童話(イソップ物語・アンデルセン童話他)などでもオッケーです^^

例)・かちかち山・一休さん・ピノキオ・そんごくう・つるのおんがえし・母をたずねて・ヘレンケラー・しらゆきひめ・きんたろう・したきりすず・かさじぞう・うらしまたろう etc…

その他小説など自分で表現してみたいお気に入りの場面を選びましょう!

◎持ち物・・・水彩画道具一式・ 鉛筆・消しゴム・本(お気に入りの場面のコピー)
専攻科・特訓専攻科は ポスターカラーも持って来てください!
特訓専攻科もこのカリキュラムに挑戦します!


どの人も絵の具のがかなり無くなっています!補充しておきましょう!
筆・雑巾・鉛筆・消しゴムの確認もお願いします
                        ☆MIWA・HITOMI☆                        
恩師を目標に・・・
2007年01月07日 (日) | 編集 |

『貴女のように打ち込める事がある人は 幸せです。私も負けずにがんばります。』

この一文を添えて年賀状を送ってくれたのは 私の小学校5年生の担任齋藤先生です。
《えっ?!小学5年生って何十年前?》
聞こえてきます!  そんな疑問!  考えるのも恐いんですが・・・  本当にそうなんです!
実は・・・ずっと 何十年も年賀状のやり取りをさせて頂いていた訳ではなく 約2年前に あるきっかけがありました 

それは・・・恩師である齋藤先生は 当時からとても熱い気持ちと行動力で私達に接してくれていました。
勉強も遊びも クラス全員が力を発揮できる環境があり その環境は子供達が協力して作るよういつも導いてくれました!
クラス全員に毎日 日記を書かせ それを読んで 先生がコメントをくれる。ちょっとしたコメントでも嬉しくて 気取らず 書いたことを思い出します。
そして 何でも 怖がらずチャレンジして 必ず 乗り越えた喜びを実感させる!それは 自分だけの力ではなく 周りの友達が支えてくれたことも 気付かせる!クラス全体が友達と関わる!
これは 齋藤先生の技だと思います。
だから今でも 大切に覚えているんだと思います。

その頃に 学んだ 友達の大切さ・楽しく取り組む事の素晴らしさ・協力して成し得た物のあったかさ すべて 今生きるベースになっています
そのベースがあったから 今 こうして自由アート教室をやっていける!!
この事を恩師である齋藤先生に伝えたい 

ここから 齋藤先生探しを始めました。
きっとまだ 教師をやって頑張ってくれていると思い 当時の管轄の教育委員会に電話をし 先生の名前・学校名・どうして 探しているかを丁寧に話しました。
そうすると 対応して下さった方が  「見つかるよう頑張りますね!待っていて下さいね。」とおしゃって下さいました 
それから約3時間後・・・電話のベルが鳴りました!!

『お~ たっちゃんか~!』(当時みんなから呼ばれていた呼び名)
『あ~ 齋藤先生!!』
すごく嬉しかった   すぐ 小学5年生に戻っていました・・・
知らせを聞いた齋藤先生が お昼休みに携帯電話でかけて来てくれました。
本当に 嬉しかったです  
今の自分を知らせることが出来た・・・ 
先生は 今も教育に携わっていた・・・
そして 突然のお願いに 一生懸命に探して下さった教育委員会の皆様・・・大変感謝致します 

後日 先生から素敵なプレゼントが届きました!
今現在は 先生達の教育をされている齋藤先生。
30年小学校の担任をした齋藤先生が出版された 『元担任のよもやま話』という本を戴きました。  <文芸社発行>
そこには 先生の足跡があり どんな困難も乗り越えてきたパワーがここにもありました  
読ませて頂いて 改めて 齋藤先生に教わった誇りを感じました 

こんないきさつがあり 今 小学校5年生の担任の先生から年賀状を戴いております。

子供達に接する仕事をしてる 今 
何を教え 何を伝えていかなくてはいけないのか 
新年にあたり もう一度 考えてみたいと思います!

私が体験して 自信を持って言える事は・・・・・
人に関わって生きること!  人のあたっかさを知ること!
これは きっと小学校時代に学んだことなんだと思います・・・ 

                           ☆HITOMI☆


☆祝☆ H.P訪問者1000人突破!
2007年01月05日 (金) | 編集 |
皆様どんなお正月をお過ごしでしたか?
冬休みも残り3日となってしまいましたね^^

我が家では次女の書初めの宿題が残ってます
水彩道具はすぐ用意できちゃうんですけど習字の用意はなかなかできません
書き始めるまでが大変なんです(笑)
でも頑張って終わらせようね!!

11月1日より開設した自由アート教室のホームページの訪問者が遂に64日目の一昨日(1/3)、1,000人を突破しました!パチパチ!!

これもウエイドさんのサポートやリュウコムさんのバックアップあってこそと、感謝してます本当にありがとうございます

ただ今、両教室ともお休みをいただいておりますが、教室が始まりましたら教室の最新ニュースや子供達の様々な様子などを盛り込んで更に楽しく皆様に愛されるホームページにしたいと思います

今後ともどうそよろしくお願いします         ☆MIWA☆
新年の楽しみといえば・・・?
2007年01月03日 (水) | 編集 |
as_P1010002.jpg
新年の楽しみは・・・なんですか 

我が家みんなが密かに楽しみにしているのは・・・たぶん・・年賀状だと思うんです!

元旦に初詣に行って 帰って来たら まず ポストの中の年賀状の束を嬉しそうに持って リビングへ直行 

そこからは、家族の宛名別に分けて 
子供達は「あ~○○ちゃん来た!!」とか「○○来てない!!」とか騒いで  今度は 「私 何枚!!」とか「お母さん 多い~!」とか騒いだら
やっと テンションが落ち着いて 年賀状本来の楽しい嬉しい気持ちが湧いてきます・・・ 

今年の干支はいのしし!! 
思考を凝らした年賀状が連日 我が家のポストに来ています!

主人の会社の方々・主人の友人・子供達の友人・私の教室の生徒や関係者・私の友人・親戚関係から 年賀状を戴くので 新年の楽しみになるのも当然ですね 

はがきサイズの中に心のこもったメッセージがあり 写真入りの年賀状には 一年にこの時だけに見る成長を楽しみにしています 
遠く離れた方々とも年賀状で繋がった絆もあるような・・・
年々 増える年賀状の枚数ですが 新年の大切な贈り物のようです 

戴いた年賀状にイラスト大賞やフォト大賞を決めたくなる力作揃いで 
新年早々アートに触れる喜びを感じます 

年末の忙しい時に 忘れず 我が家に 素敵な年賀状を送って下さってありがとうございました!!

先に申し上げたように 我が家の新年の楽しみは・・・年賀状!!
大切に大切に拝見しています・・・
                           ☆HITOMI☆

私達らしく!!
2007年01月01日 (月) | 編集 |
as_P1010008.jpg
あけまして おめでとうございます 
2007年が明けました 

今年はどんな年になるでしょうか?         
やっぱり私達らしく 明るくいきたいですね    

 今年は自由アート教室 開室10周年の記念すべき年です 

健康に気を付けて たくさんの子供達と共に 作品製作を頑張りたいと思います!
このブログでは 教室内の子供達の様子や子供達から発信される面白いエピソードなどもお伝えしていきます!

どうぞ 楽しみにしていて下さいね
今年も宜しくお願い致します 

皆様にも 明るく楽しい出来事がたくさんありますように・・・
                           ☆MIWA☆
                           ☆HITOMI☆