FC2ブログ
子どもの絵画造形教室の様子
【 小さな夢 】・【 中くらいの夢 】・【 大きな夢 】
2007年09月01日 (土) | 編集 |
昨日 教室を終えた後 1本の電話がありました 
掛けてきてくれたのは・・・中学3年生のAちゃんでした! 
内容は・・・夏休みの宿題のポスターのアドバイスをしてほしい!とのことでした 
今日は 予定もありましたが 朝早くならと・・・朝8時に約束をしました 
自由アート教室卒業生なので アドバイスの意味をAちゃんはよく理解していました
●アイディアは自分で考えること!
●最低限の色塗りは やってくること!(一回塗り)
自力で描くいいチャンスを頑張ってほしいから ここからなら アドバイスも可能にしています 
質問もしながら いくつかのアドバイスをしました 
Aちゃんは 持ってきた紙にメモって  いました!

受験生なので 今年の夏は 大変だったはずですが・・・久しぶりに会ったAちゃんは 自分の進路も私に話してくれました 
その中で・・・Aちゃんから 『 先生は 何歳から 夢を持っていましたか? 』 と質問がありました 
こんな質問をしてくるのも Aちゃんが 今 進路を決める中学3年生だからかもしれませんが・・・
久しぶりに会ったAちゃんから 出た言葉に 成長を感じました 
Aちゃん曰く・・・『 私・・・なんか これっていう夢がなくって・・・結構コロコロ変わっちゃうんです・・・色々あって・・・』 と・・・
Aちゃんの言う夢は・・・将来の職業の夢ですね 

私は 小学4年生から絵画教室に通っていましたので それが人生のベースになっていたかもしれません!
6年生に引越ししてから その教室に片道2時間 電車を使い 一人で日曜日に通っていました 
中学3年生まで続けて 絵画教室に通いました! 

その後もずっと夢を持ち続けていたから 夢が叶ったのだと思います・・・
小学生から デザイン関係にと・・・夢を持っていたかもしれませんが
これは 今だから そうだったかな?と思うだけで 自分では 『 私!夢あるんだ! 』  なんてはっきり言えなかったと思います 

Aちゃんは とっても色んな視点でものが言え 私は中学3年生の時 こんなにしっかりしていたかな?と 後で思い出してしまいました・・・
ずーっと思い続けてきた夢のように思いますが・・・
最後まで諦めないで頑張れて 自分に合っていたのが 【 美術 】 に関する仕事だったのかな?と改めて思いました 

中学3年生はこの時期 将来の自分の姿を想像する機会が増えてくると思います  
今の段階ではっきり言葉に出して 【 夢 】 を語ることはできなくてもいいと思います!
そして 【 夢 】 がどんどん変わっていっても おかしくはないこと!
自分が成長して たくさんの事に可能性が見えてきた証拠です!

でも私は いつも 【 夢 】 を 持っていようと思います 
私の中で 【 小さい夢 】・【 中くらいの夢 】・【 大きな夢 】 と分けて 毎日を過ごしています・・・
【 夢 】 は 《 ~したい 》 という願望であり 目標です 
【 小さい夢 】 は毎日変わるぐらいの小さい目標で 成し得たら またすぐに 新たな 【 小さい夢 】 を考えて チェンジしています!
【 中くらいの夢 】 は1年単位ぐらいのほんの少し大きくなった夢で 最近達成したのが・・・・
パソコン操作もこの大きさの夢に入りますね。
なんたって 去年11月までキーボードをまともに触れなかったのですから・・・・ 
ちょっと成長しましたね!
【 大きな夢 】 は人生の夢に相当します 
自由アート教室を開室したのは この大きさの目標が形になったからですね!
ずーっと 【 夢 】 を持っていると・・・生きることが楽しくなります 
挫けそうになっても 自分で修正してまたゆっくり歩こう  と気持ちを落ち着かせる目安になるんです!
  
今日 Aちゃんが訪ねて来てくれたことで・・・
自分の 【 夢 】 を再確認することが出来ました 
Aちゃん! あなたの 【 夢 】 もきっと叶います 
持ち続けると・・・きっと 近づいてきますよ!
頑張って下さい 

みなさんも 大切な 【 夢 】 持っていますか?

☆HITOMI☆
子供の心の疲れ
2007年08月29日 (水) | 編集 |
 子供は 大人に比べて頭の中が柔軟で 発想力が素晴らしい!!!
この事は 毎日 子供達と接していて感じています 

しかし 子供の発想も心が安定していれば 新鮮でとびっきりのアイディアが生まれてくるかもしれませんが・・・
子供の心が疲れていると・・・とたんに アイディアの扉も開かなくなってしまいます・・・
言いかえれば アイディアを出す訓練をたくさんこなすことで 心を安定させていくことも出来ます!

体の疲れは 心の疲れを引き起こすことになってしまいます・・・
いくら子供の方が 大人よりも頭の中が柔軟と言われていても 実際 疲れている子供からは 素敵な発想が 出ることはありません・・・
自分でどうしていい分からないないほど 発想に行き詰ってしまうのも現実なんです。

頭を抱えて 下書きする鉛筆が全く動いていない!!!
こんな子供は 描きたいけれど・・・
今 そんな余裕さえない状態にあります!
そんな時 私は・・・『 この子は 空を見上げることなんてないんだろうなぁ~ 』 と思います。
つまり 子供にして 余裕のない時間が流れているんだろうと・・・
子供社会に【 忙しくて・・・ 】 が迫ってきている怖さを感じます。
教室に来て 机の前に座ったからといって 素晴らしい発想が出るわけではありません。

発想が出なくて 困っている子供には まず心の中に余裕の空間を作ってあげることが先決になります。
そう! リラックス! 素敵な考えを生み出せる余裕の気持ち・・・

日常の生活の中で 物に触れ 人と接し 何かを感じ その想いを自分の生きる力にして 自分の周りにある物 自分の周りにいる人を大切に想うこと

何気ない日常生活の一瞬一瞬が 心を安定させる訓練になっているのかもしれない・・・

大人が戦う社会は 感動するということを忘れさせてしまうのかな?  と 寂しく思いますね。
どんなに忙しくても 大人がもっと色んなことに感動していかなければ 子供達に 感動する!ということが浸透しない社会になっていきますね。 きっと・・・

私も例に漏れず 忙しい生活を送りバタバタしていますが・・・
庭にいるとかげに想うこともありますし 庭で咲く花から力をもらうこともあります!
もちろん 頑張る人と接して たくさんの感動をもらい 昨日よりも今日 今日よりも明日と前を向いていきたいと思っています・・・

私は 空の雲を見て 今にも触れそう~ 触ってみたい! と よく思う大人です!!
おかしいかもしれませんが 子供の頃よりも 大人になってから 空を見て 雲の形を楽しむようになりました・・・
ふっとした瞬間ですが・・・空は 疲れた心も癒してくれますよ。
頭の中は 子供達に負けないかもしれません。
右脳だけは・・・ね!

どんなに忙しくても 人には ほっとする時間がないと 人間らしい心を持てなくなってしまいます・・・
私は 家族と教室に来る子供達には 自分が感じたことを素直に伝えて 共に成長したいと思っています!

子供の心の疲れは・・・大人社会の代償かもしれません・・・
子供は たくさんの夢を持ち たくさんの希望を持っているから子供なんです!
大人ぶったりしている子供は 必ず心が疲れています・・・
子供なら いつも生き生きして 大人達に元気な力を与えてくれるのが 本来の姿ですね。

これからは 暑い夏の疲れが出てくる時期です!
心まで疲れきってしまわないよう まずは 大人社会が生き生きしていきましょう!
大人社会に現われていることは・・・必ずすぐ 子供社会に反映していきますから・・・

私達は 子供達の一番近くにいる 親以外の大人です!
教室を通して カリキュラムを通して 子供達の心の中に入ることもあります!
自分たちの接した子供達が 小さな夢も大きな夢も持てる心が安定した子供達に育っていけるよう共に 感動をたくさんしていきたいと思っています・・・

子供の心が疲れてしまわないように・・・

☆HITOMI☆
 
【 子育て 】 って?
2007年07月18日 (水) | 編集 |
最近 教室のお母様方から 色々なご相談を受けています 

【 子育て 】って 子供の数だけあり また 私達大人も 育ててもらった子供時代があったわけで・・・
これが1番!なんていう模範例は 誰が決めるものでもなく あえて言うならば・・・
子育て経験者の色々なお話を聞いて 自分が素直な気持ちで受け入れられるものを手本にして 生かしていけばいいものかと思います。

自由アート教室のお母様方も【 子育て 】真っ最中の年代で 日々 悪戦苦闘しながら お過ごしかと思います。

私も 高校1年生の男の子と中学1年生の女の子の母親です。
日夜 子供達から 色んな課題を戴き 時には母親として・・・時には友達として・・・時には第三者の人間として・・・子供達と接しております。

我が家の【 子育て 】は 決して難しく考えないで・・・
●父親・母親どちらからでも 子供の話を持ちかけ 良いことも悪いことも 全部含めてその日のうちにオープンにすること!  父親と母親で子育てすること! 必ず 分かち合うこと!
●どんなことでも 【 育つ過程 】の出来事と考え 良いことは より向上するよう励まし 悪いことは どんなに幼くても自分の責任とし 親が前に出ないで 子供に謝らせる! 親は 見守る!
●子供の前を歩いてきた親は 自分の経験・学んできたこと・失敗談を隠さず 話すこと!
●我が子を充分信用・信頼した上で 『 我が子に限って・・・ 』 という考えを捨てる! まるごと受け止める!
●うまくいかない【 子育て 】も決して 解決できないわけがない!!と考え 時間をかけてでも乗り越えた喜びを家族みんなで味わう! プラスのイメージを描く!
●子供に望むことばかり要求しないで 親も日々成長しようと試みる!
●家族全員が 新しいチャレンジに怖がらず 生きてる以上 色んな世界を見て感じて行動すること!
●ピンチになった時の踏ん張りこそ 出来た時は 褒め合う! 出来なかった時は 次回に期待する!
●子供達の意見に耳を傾け 会話しながら 親としての考えも述べる!
●子供達が大きくなって家族の時間がなかなか合わないが 毎日 朝食の食卓を共にする!
●情に流されることは良いとしないが 人の心を感じる人間であってほしい・・・喜怒哀楽も大いに結構!


上記の我が家の 【 子育て論 】 は 思いのまま書いてしまったので・・・もっとあるかもしれません!
だだ一つ言える事は 【 子育て 】 は 親と子が 共に成長して育っていくことかもしれません。

我が家も二人の子供達に生かされ 親をやっています!
悩んでも 悩んでも 苦しいと思ったことは ありません!
必ず 子供も親も 一歩でも前進していますからね。

自由アート教室の保護者の方々は・・・
本当に【 子育て 】を大切に思って前に進んでおられます。
子供は 親の思い通りにいかないものです・・・
お父さんとお母さんが元気な心を持って 楽しんで【 子育て 】していきましょう!
きっと その気持ちが お子様の心を強く育てると信じています・・・

☆HITOMI☆